« 言いたくなる言葉 | トップページ | 9歳のとき死のうと思った。 »

拾った言葉

インターネットは本当に海だなあと思います。何が浮かんでいるか何が沈んでいるかわからない。どこの誰のものかもわからなかったり。まわりまわって自分のものだったり。決して腐らない石油製品がいつまでもいつまでも波間を漂うように、持ち主がいなくなったり放置されたサイトやブログは永遠に漂っています。

著作権のあるなしにかかわらず(本当に一般個人にも著作権はあります)いろんな言葉を拾います。本にもなった「世界が100人の村だったら」も最初は英語で、個人が主宰する掲示板か何かで引用を読んだような気がします。前後して、最近ご活躍の勝間和世さんのワーキングマザーサイト「麦畑」のメルマガで翻訳版が配信されました。ひどく興奮して、何人かの友人に転送したのを覚えています。

千の言葉はすべてががらくたで、1万の言葉も石ころだらけで、10万100万と見ていくと、やっとひとつかふたつ、きらっと光る言葉がある。ネットはそういうところですね。

もうどこで拾ったかも忘れましたが、今日はこれをご紹介します。日本初のヨガ行者である中村天風先生の言葉らしいのですが、出典がわかる方、教えてください(またさしさわりがありましたら削除いたしますので、関係者の方はご連絡お願いしますm(__)m)

  何気ない日常の言葉が口癖になり、
  日々の口癖が習慣になり、
  日々の習慣がその人の性格を形成し、
  その人の性格が人生を左右する。

|

« 言いたくなる言葉 | トップページ | 9歳のとき死のうと思った。 »

運命を変えるスキル」カテゴリの記事