« 2009年です、ノートを開いてください | トップページ | とっても幸せディレクター!? »

中野トナカイの2009年予想

中野トナカイのホームページに みんなで占った2009年予想 がアップされています。
早々と書いて一番にアップしていた私の予想は「こんな時代にもかかわらず明るいお気楽予想図」のようですが……実際そう読めたんです(^^)

いろいろな先生たちの講座を受けたり鑑定していただいて思うことですが、占いは占い師のフィルターを通ります。

たとえば持って生まれたホロスコープが穏やかで円満な占い師さんは、逆にけっこうシビアに読む傾向があったり、天性のホロスコープが過酷な人は逆にゆるやかに穏やかに読んでしまったり。状況が相当厳しくてもどこかにちょっとでも希望を見出して喜ぶとか。

ふだん幸せな人ほどちょっとした不幸でも怖く感じられるし、ふだん厳しい目に遭っていると多少の困難は「大丈夫」と思える…みたいな感じでしょうか?どちらがいいとはいえませんし、同じ人でもあるときは前者、あるときは後者にもなるでしょう。

私たちはこの世にこの体を持って生まれてきた存在である限り、絶対的な客観はありえません。占い師が何をどう読んでも何を感じても、最終的にお伝えする言葉は占い師自身のフィルターを通したものになります。
占いは占い師の「知性の反映」です。自身の人生とどう取り組んできたかも含めて。だからこそ、占い師との相性は大切だと私は考えます。

2009年予想のお知らせだけのつもりがなぜか熱くなっちゃいました。まあ、こんなのは占い師のチラ裏っていうことで。巷の占いとはたぶんひと味ちがう中野トナカイの2009年予想、お楽しみください(^^)

|

« 2009年です、ノートを開いてください | トップページ | とっても幸せディレクター!? »

占星術」カテゴリの記事