« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

くわぁぁぁぁぁ!

擬音シリーズその2(^_^;ということで。

恥をしのんでかきます(うう…)実は、今日午前中リーディングの「やり直し」をさせていただきました。

リーディングの数日後に、ご自身で調べたアセンと違っていたのでもしかして…と遠慮がちに連絡くださって……くわぁぁぁぁぁ!午前と午後がちがっているではありませんか!午前午後がひっくりかえっているとサインは同じですが、ハウス(現場)が全然ちがうことになります。それで「再度読ませてください」とやり直しをお願いしたのでした。こころよく了解して再び読ませてくださったAさん、ありがとうございましたm(__)m

あー、私、お客様に恵まれてる(涙) 以前書いた「神様の時間調整」と言ってくださったお客様もそうでしたが、時間のムダも心のムダも思いもよらないような、懐ろ深く気持ちのまっすぐな方ばかり。
占い師のところにはその力量に見合ったお客様が来られるそうなので、「難しいお客様」が来られるにはまだ私のスキルが十分ではないのかもしれませんが、それにしてもありがたいです。いつか「難しいお客様」がいらしたときにもすっきり確実なお答えをさしあげられるように、日々是精進。

それにしても最近の私。アポ勘違い&すっぽかし(まず、なかった)・時間取り違え(めったになかった)・原稿の枚数間違い(ときどきあった)・お金持たずに家を出る(よくあった)…つまり、今までにまったくなかったかというと、1回や2回はあったことだったりもするのですが、しかし!これらが短期間に何度も何度も何度もある!!!

一体なぜか?…コレはどうやらアレの影響でソレらがあーなってこーなって…(続く)

*****
今日は吉祥寺でやり直しリーディング→松村潔先生の講座→大急ぎで帰る途中、ロンロンで色とりどりのストールを1枚525円で売っているのを見つけました。買いました、12枚!ビバ吉祥寺!
12枚ということは…そうです、前回のビュティー占星術で「アセンの色」をお顔のそばに置いてもらったのですが、いかんせん布が小さかった…次回は、ふわ~っと巻いて、布でさし色もお試し(^^)
3月は土曜日の予定が組めませんでしたが、「木曜日の昼間または夜でもOK」の方がいらしたら考えたいと思います。ご希望の方はひとまずメールくださいね(^^)

|

ぜいぜい…

お、遅くなりました(^_^; とりいそぎ3月のスケジュールをお伝えいたします。

3月 5日(木)
3月12日(木)
3月26日(木)

3月の向真希のリーディング@中野トナカイは上記の3回のみになります。
原則として12時~18時の間でご予約ください。くわしくはリーディングのご案内から。

☆適職・転職・起業・経営などのご相談などの場合は、会社設立時の年月日、登記の時間。社員の生年月日などもご用意ください。
☆「運命を変えるお肌ケア&メイク」「幸運を呼ぶ香り」「似合う色・幸運を呼ぶ色」などは、ビューティー占星術入門講座を受講された方、リーディング2回目以降の方を対象にご相談をお受けしております。

とりいそぎです、とりいそぎ。詳細は後日またアップします。よろしくお願いいたします!

|

トナカイの幸せ

中野トナカイで週に一度仕事をさせていただくようになって、4カ月が過ぎようとしています。素敵な生き方プロデューサーの仕事の一環として「人様の人生を見せていただく仕事を始めました」みたいな言い方をしたりもします。

対面鑑定(リーディング)は継続的にやると(慣れないからというのもあるのでしょうけれど)とても疲れます。じつは、吉祥寺で人相鑑定天童春樹先生にみていただいたとき、お訊きしたのです。

「もしかしたら対面は向いていないのかも…本を書くことに専念した方がいいでしょうか?」

「本はどんどん書きなさい、今までの本も占いの本も。そして対面も続けた方がいい。あなたは良い波動を持っているから相談に来た人は安心しますよ」

その後の、先生の一言を私は心に刻みました。

「本はどんどん書くとしても、占いはやはり現場が大切です。人というものは当面の問題で生きたり死んだりしますので」

先月私は、ある友人から大切な「卒業式」に招かれていました。「顔パスで大丈夫だからね!」と連絡をもらってできるだけ行きたいと考えていたのですが、「どうしてもリーディングしてください」と切迫したメールが届いて、私は卒業式に参加することができませんでした。でも、かつての私がいくつかの小さな出来事で偶然のように救われて今ここにいるように、今は私が「当面の問題」解決のお手伝いができるようになれて、幸せです。

うつむきかげんで入って来られたお客様が、ふわっと花開いたような笑顔になって帰って行かれると本当にうれしくなります。どうかお一人お一人が自分自身の素敵な生き方を見つけて行かれますように。

|

時間のムダ、心のムダ

2005年、不思議な出会いが重なって、会ったこともない米国在住のある方がシャスター山へ行くからと「私の願い」を持って行ってくれることになりました。

私が彼女に託したお願いはこれでした。
「知っている限りすべての人たちがいつも心穏やかに過ごせますように。すべての人とすべての魂が豊かにすこやかに成長していくことができますように」

いまこれだけを見るとスピリチュアルにかぶれた人のきれい事のように見えたりもしますが、声に出して読むと、あのとき心が血を流すような状態だったなかで、まっすぐ前を向いて歩こうとしていた自分の切実な願いでした。

その頃は24時間介護の生活で、必死に仕事をして、ほとんど眠った記憶がありません。「あとは家を売って生活保護ですね」といわれ、そういうなかで「願いは?」と訊かれて考えました。
1時間ぐっすり眠りたい、1日でいいから誰かに替わってほしい、心配しなくていいお金がほしい、人生を間違えたところからやり直したい…とメモしながら、この苦しみはなぜ与えられているのだろうと考えました。

最終的にたどりついた「私の願い」をメールで送って、何かほっとしたのを覚えています。誰かを恨んだり呪ったり、誰かのせいにしたり、それらが原因で生じた現実から逃げるようなことを「願い」にしなかったからだと思います。

道はそれほど平坦ではなかったものの、やっと今ここにいます。今日は魚座の新月ですね。新月にあたって、もう一度「私の願い」を確認しています。待っているだけなら夢は叶いませんが、最善を尽くして行動すれば夢は必ず叶います。昨日書いたような時間のムダ、心のムダの罠にはまらないで、正々堂々と王道を行きましょうと思っています。

*******

明日26日(木)は中野トナカイにおります。突然のご予約、いきなりの来店OKです。「何に悩んでいるのか、そもそも悩んでいるのかどうかもわからない」というもやもやした状態の方は、まず話すことを目的にいらしてくださいね。あなたの状態に応じて、ホロスコープとタロットで自分でも気づいていなかった内面模様、環境を把握して、これからの道を探って夢を見つけていきましょう(^_^)

|

やってはいけない

昨日、東京は冷たい雨でした。都立高校の入試は電車遅延のために2時間遅れで開始という異例の事態。水瓶座に5天体集まってるから何かありそうと思ってはいましたが、そう来たかという感じ。受験生&ご家族のみなさんもひとまずお疲れ様でした。

さて、都立高校で思い出したのですが、数年前にある都立高校へ招かれてお話をさせていただいたことがありました。進路指導の時間に、仕事について何でもいいから語ってください、といわれてコピーライターになった経緯や本を書くようになったきっかけなどを話しました。コピーライターとライターは、名前が似てるだけで全然違う仕事です、とか。

そして「物書きとして生きていくためのヒント」としていくつかのうち、「うらみ、つらみ、ひがみ、ねたみ、そねみ、悪口。時間のムダです、心のムダです。やってはいけません。」という項目をあげました。(物書きというより「人として生きていくためのヒント」ですね)

このときはくわしく言わなかったのですが、「やってはいけない」というのは封印とはちがいます。感情が湧き上がってとめられないときが誰しもあるもの--あんなひどいことされた、こんなこと言われた、あの人ばかり…ずるい。とか。

そういうときは動かないで、その感情にそのままひたりましょう。ただ「ふーん、いま、こんなこと感じてるんだ」と辛い気持ちを味わいながら、もう一人の自分になって、気持ちにひたる自分を他人事のようにじっと見つめます。しばらくすると、湧き上がった感情はいつしか小さくなって枯れていきます。決してふりまわされないで、自分を責めないで、憐れまないで。

|

この人生は思いっきり楽しい

パソコンに向かって声出して笑っちゃうことってありますね(ない?あるよね)いま、それでした。まついなつきねえさん@中野トナカイ  の土星話 を読んで。
占星術を学んでいらっしゃらない方にもちょっとしたヒントになると思うので、よかったら読んでみてください。

――向真希のテーマは楽しい人生。5ハウス山羊の土星が叫ぶ。どうして楽しくしなかったんだろう!もっと楽しくずっと楽しく心ゆくまで楽しく!!! 生きがい趣味恋愛子ども仕事……たぶん波瀾万丈、清濁合わせ飲んで楽しんでいたいんでしょう、私の魂は。

あー、でも「真希ちゃんの基本って、アンチエイジングなんだなー」→ここは微妙に違いますわ、前にも書いたと思うけれどもはやアンチではなくビューティーエイジング(^^)

トシとることは不思議なくらい怖くなかったし、むしろ人生がどんどん楽しくなってきているのは、生きる時間を自分で管理している山羊土星だからかもしれません。
(「そのわりには現実のスケジュール管理できてませんね~~~(―_―メ)」とツッコミの矢が飛んできそう…すいません、すぐやりますm(__)m)

「私の土星ってどのハウスにあるの?」という方は、「ホロスコープ 無料作成」で検索して適当なサイトを見つけて調べてみてくださいね(^^)

|

キレイになれる占星術

昨日「ビューティー占星術入門講座」の第2回目が無事終了しました。
参加してくださったみなさん、ありがとうございました!
オブザーバー参加してくださった有元先生(中野トナカイ月曜担当)もマーカー買いに走ってくださったりお世話になりました。
みなさんと楽しい時間をご一緒できたことに感謝いたします(^^)

前回は12サインのコンセプトを重視しました。今回は色にフォーカスしてアセンの色を実際に身につけていただいたり、ファッションやイメージメイクのファイリングを見ていただいたりして、具体的にイメージをつかんでいただけるようにと心がけてみました。

●途中で長くなると思って言いかけて突然やめた話。

★目的と目標は違います。「キレイになる」は目標であって、目的ではありませんね。何のためにキレイになりたいかによって、どんなキレイをめざすかが違ってきます。
「キレイ」を追求して最終的にどこへつなげたいのか? 自分のなかでの「キレイ」の位置付けを明らかにしておくと、やるべきことがわかってきます。講座の最初に「なぜキレイになりたいのですか?」と質問するのはそのためです。

●これも途中になってしまった話。
カラーコーディネーターに色を選んでもらうことについて。肌や髪の色から選んだ色が、実際にはご自身のイメージと微妙にちがってくることもあります。ぴったり調和している場合はいいのですが、絶対的なものとは思わないで、非常に良いヒントのひとつとしてとらえておくのがいいかもしれません。

同じように、肌も年齢や環境によって変わっていきます。当然目元や口元も変わっていくはず。そういう意味でも常に「キレイの記憶の上書き」は大切です。占星術を知っていれば「一番キレイだった金星期」をひきずらないですみます。もちろん今が金星期の方はとことん金星を開発することもできます(^^)

|

「年齢相応のオシャレ」と占星術

伊藤理佐さんのホロスコープさっくり読みの続きから行きます。

マンガに描かれているように、ときどき「これこそ私の真実かもしれない」と火がついたように突飛な行動をしてネコちゃんたちを呆れさせるのは、冥王星火星90度。吉田戦車さんとのご結婚(おめでとうございます!!!…一ファンより)は太陽にt天王星オポあたりでしょうか。これまたよくマンガに出てくる〆切り遅れがちなのは水星木星合の宿命でしょう(笑)

そして昨日ご紹介したネコの結論――「好きと似合うは違うんだよ」ですが、まついなつきねえさんの初級講座で何度も出てきます。これは金星とアセンダントの違いによるものであるとさっくり説明することができます。占星術を学ぶと「好き」と「似合う」は違うという意味が実感できるようになりますね。

ホロスコープのキレイ部門担当は金星とアセンダント、と大雑把にいえばそういうことになっています。そして「ビューティー占星術」別名「美人道クラブ」部長兼部員(私です)の観察によれば、強い月で押し通してオシャレする人もいたり、さらに年齢域も関わってくるようです。

金星期(15~25歳)を過ぎて、太陽期(25~35歳)も後半から火星期(35~45歳)あたりからですね。木星期(45~55歳)ぐらいになると顕著に木星のサインを取り入れる方もいらして面白いです。

たとえばアセン獅子、金星水瓶、なのになぜこのようにパステルカラーのもこもこニットをお召しになっているのだろう?…と思ったら木星が蟹サインだったり。デザインはシャープな水瓶で、雰囲気は獅子っぽく華やか。でも色はまったり和みの蟹系(^^)

思うに金星期に金星をじゅうぶん使って活性化させると、それ以後年齢域のサインに合わせていかようにも変貌できるようです。もし上記のような方が、金星期を抑制しすぎて過ごしたとすると、いつまでたっても金星期をひきずってしまうのかもしれません。

こういうのを一般的には「若い頃(金星期)のオシャレをひきずっている」とか、逆に「若い頃思いきりオシャレしたから年齢相応のオシャレができるようになった」などというのかもしれません。土星期(55~70歳)天王星期(70歳~)になって「若い頃を思い出すわ~」などと言いながら、かつての金星期や火星期に好んでいた色やデザインを再び着こなすのも楽しいだろうな。

そして「このメイク(ファッション)、ほんとに似合ってるんだろうか?」と迷い始めたら、もう一度アセンダントをチェックしてみましょう。迷ったらアセンに戻る。これがビューティー占星術の原則です。

|

ネコの結論――伊藤理佐さんのホロスコープ

いきなりですが、私、マンガが好きです。最近は伊藤理佐さん →ファンページ の語り系が気に入っています。『おるちゅばんエビちゅ』あたりは可もなく不可もなくカワイイな~程度だったんですが、『やっちまったよ一戸建て』でがっつりハマりました。なにしろ、私、東京間取り図クラブの部員なものですから(東京アンモナイト倶楽部とかいろんなクラブをつくっています)。
その後『女の窓』『女いっぴき猫ふたり』とかくりかえし読ませていただいております。孤独な夜に伊藤理佐。この間FRAUの連載だった『女のはしょり道』も読みました。美容のカリスマライター斎藤薫さんとの意気投合対談は秀逸でした。両極端はつながっている。

それで、伊藤理佐さんは冥王星乙女世代。ですから眉のお手入れが苦手。冥王星乙女世代は眉のお手入れが苦手 は向真希説にすぎませんが、ともかく。伊藤さんは私もおすすめしている眉の美容室アナスタシアへ行かれたらしいのですが……たしかに似合っているとは思うが見慣れない眉に違和感を感じ、「こういう眉は好きじゃないんだよー」と泣く。すると同居のネコちゃんが「好きと似合うはちがうんだよ」と一言。なんと素晴らしいネコの結論!

で、中野トナカイ@ビューティー占星術部担当といたしましては(あ、勝手に部活動を始めてみました。現在部員は部長兼部員約1名)伊藤理佐さんのホロスコープを見せていただきました。1969年9月6日長野県生まれのようです。

さっくりと人生をたどってみると、月蟹→太陽乙女→土星牡牛。月蟹でお家マンガがトクイ。マンガ家さんは細部まで神経使うので乙女は大事ですし、土星牡牛がちゃんと所有物をコントロール。土地買ってお家を建てたエピソードをマンガにするあたり、生まれ持った星を存分に使いこなしていらっしゃるなーと思います。素敵だ。

金星は獅子。お友達やお連れ合いから「その服ヘン!」といわれるようですが、言われてもヨイのです。獅子座は人のことを考えてはいけない。女のオレ様道を邁進してこそ歓喜の人生。だけど、牡牛土星が90度で影響を及ぼしていますから、舞い上がって直進する獅子金星をときどきバーンと大地にたたき落とします。作家は落とされた自分をエッセイマンガに書いて昇華させていけるわけですね。
(長くなったので続く)

|

春は進化の季節なので、

そろそろ、このブログも変えようかなと思っています。もう少し日記っぽくするとか、お知らせに徹するとか、ご質問受付ブログにするとか…いろいろ考え中です。
土星効果で<毎日更新>記録を更新中ですが、アクセス数が固定化してきました。これも、そろそろ違うことをやりなさい、というお告げみたいなものでしょう。

いっそ、ビューティー占星術に特化させて趣味のブログにしちゃおうかなー、写真もいっぱいいれて、5ハウス型ブログ。だけど、ちょっと前にやってたみたいな企業のチャートを読んだり、適職や起業の分野は実はトクイなのではずしたくないし。啓蟄の前にいろいろ考えているムシの気分(^_^)

☆☆☆転職、適職、起業・経営などのご相談もお受けしております。☆☆☆
こちら はメール鑑定のサンプルですが、対面リーディングでもこんなふうに丁寧に、ご一緒に考えてまいります。向 真希のリーディング プラスへのご予約は  こちらから→

|

花粉症のやめ方(2)

実は、昨年も一昨年も向山昌子ブログでこのことを書きました。反響、すごかったです。昨年はある大手企業さんから、社内のメルマガで紹介したいとのご連絡いただきました。

これこそ「女王様モード」の究極かも…と思ったので先日講座でもお話してみたのですが、反応が全然なくて、あら?と思ったらなんとその場に花粉症の方が一人もいらっしゃらないというイマドキ珍しい状況だったのでした(^_^;
花粉症ではない方は、それだけで幸せの80%を手にしていると思ってください。と言いたくなりますよね、ほんと。

でも、「花粉症ってヘンなの!笑える~」なんていわれていた頃とちがって、今は本人的にも社会的にも大問題と意識されています。 ある調査 →コンタック総合研究所 によれば、70%の人が花粉症によって作業効率が低下していると答えています。企業としても大きな損失ですよね。

では、花粉症のやめ方をご紹介しましょう。みなさんも「だまされたと思って」やってみることをおすすめします。「だまされた」と思える素直さがポイントです(^^)

→ 花粉症のやめ方(小南奈美子の幸せ術)、

ちなみに、現在の私は抗アレルギー剤服用、点鼻・点眼薬も処方してもらっています。外出には必ずマスク。朝晩アーユルヴェーダ式に生姜茶を飲んで、室内にはラベンダーとティートゥリーかユーカリを焚きます。お風呂にも。

あと、乳製品やバナナなど、水の性質カパを増やして鼻水や涙など分泌物につながる物は控える。自己解釈ですが日本のスギ花粉症には「熱」も関係していると思うので(欧米やインドではカパの問題ととらえるのが一般的)、火の性質ピッタを増やさないように揚げ物やトマトソース、チーズなども控えます。もちろん風の性質ヴァータをおさえるためにオイルマッサージは欠かしません(いきなりアーユルヴェーダの話になっていますが、こんな感じで私の生活にとけ込んでいるんですね、解説はそのうちに)

「えー、それだけやってたら『キャンセルします』なんてやらなくても効果あるでしょ?」とお思いかもしれませんが、私の花粉症はそんなヤワなもんじゃなかったんですね、やめたからこれだけで済むようになったのです。

ていうか、ケミカル以外はふだんやっていることにちょっとだけ花粉症対策を付け加えてるだけだし。いちいち書いてみていろいろやってるなーと驚く(^_^;

|

花粉症のやめ方(1)

私、ひどい花粉症だったんですよー。中学2年からずーっと! 当時は、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アレルギー性咽頭炎と診断されて、それぞれ別のクリニックへ通っていました。で18歳ぐらいでしょうか、浜松医大で「花粉症」という病名を初めて聞きました。

もともと私はアトピーから喘息、そして花粉症と模範的なアレルギーマーチを奏でてきました。抗アレルギー剤を使うのはもちろん、食生活もいろいろ改善。ヨイといわれるものはどんどん試し、逆に米国のデータから牛乳・乳製品をひかえるとか、プラスマイナスいろいろやってきました。

アロマ関係はじめ、アーユルヴェーダやマクロビオティックを誰も知らない頃からハマっていたのは、この厄介なアレルギー体質のおかげでもあります。転んでも絶対にタダでは起きない心がけ(笑)

かつて「くしゃみウルサイし、鼻かんでるし、目こすってるし、花粉症って笑える~!」なんていわれていた時代とくらべたら(今でも覚えているほど本人にはつらい)医者も慣れてきて、薬局でマスクや洗鼻・洗眼器その他いろんなものがどこでも手に入るヨイ時代になりました。

ほんと、私の花粉症はひどかった。そう、過去形なんです。もう、ほぼ、やめちゃいました。「ん?治す、じゃなくて、やめた?」――そうなんです、治すものじゃなくて、やめちゃうものだったんですね(これって花粉症に限らないのかも。ま、それはおいといて)

(続く)

|

夢をかなえるチャンスです

あなたは今何か企画をあたためていますか?
占星術でみると、今週あたり企画を提案してみるチャンス、ということになります。18日、火星と木星が合(コンジャンクション)です。火星がやる気満々で勢いよく企画ののろしをあげ、木星が拡大発展応援し、社会的にも認められていくという意味ですね。公転周期の関係でこのコンジャンクションは2年に1回です。

「企画なんて縁がない仕事だから~」と思わないで。

たとえば転職を考えていたら、それは「自分を変える企画」ですし、お家の模様替えなら「家族に新しい家具のイメージ企画をプレゼン」するわけです。結婚も人生における大切な「企画」のひとつだし、プロポーズはプレゼンテーションですよね。企画=夢、提案して実現する=かなえる、といいかえるとわかりやすいですね。星のチカラを利用して夢をかなえるチャンス。

自分の内面だけで自己完結して終わるのではなく、社会的に認められる第一歩であることが、この企画のポイントです。夢を計画とか予定といいかえてみると、もっとわかりやすいかも。

というわけでこの火星木星パワー、前後しばらくは有効ですから、あなたもあなたなりの企画を考えてみたらどうでしょう? 私ですか?……えーと私は、すでに提案した1つは実現しそうで2つめもいい感触で、3つ目は進行中で(これはビューティー講座^^)、4つめはまだ迷っていて、5つめは今日メールを書きます。当たらなくても数打ちたい月双子(笑)

|

幸運を呼ぶ色(5)

<風の元素> 知性を感じさせる黒
天秤座=都会的な黒。知性的で洗練された黒です。ココ・シャネルは獅子座でしたが、ブランドとしてのシャネルの黒は天秤座のイメージ。
双子座=透き通った黒。知的で軽やかな黒は、透ける素材とか、エナメルコーティングの素材とか。あくまでライトな感じ。
水瓶座=モード系の黒。誰にでも着こなせるとはいえないくらいエキセトリックな黒も、誰でも気軽に着こなせるユニセックスな何気ない黒も、どちらも水瓶座のイメージ。

<水の元素> 温もりを感じさせる黒
蟹座=深い愛情を秘めた柔らかい黒。しっとりと優しく、体を包み込みようなドレープやルーズなブラウス、ふんわり優しいチュニックとか。
魚座=すべての色を呑み込んだかのような奥行き深い黒。昨日冒頭に書きましたが(「黒に還る色たち」)あらゆる色たちが還っていき、そうしてまた、新しい世界をつくっていくのは魚座の黒です。蟹座を優しい黒とすると、魚座は守ってあげたい愛らしい黒。
蠍座=漆黒の闇を連想させる黒。とらえどころのないミステリアスな魅力を秘めています。デザインにかかわらず、どことなくスペシャルなオンナの魅力を感じさせるのは蠍座の黒。

こうしてみると「黒は蠍座と山羊座に似合います」というような言い方はできないなと思うのです。
黒に限らず同じ色が、サインや人それぞれのイメージによって、さまざまにちがってきます。逆に、どんなサインの人もすべての色を着こなせるし、どんなメイクもできる! ともいえるわけです。

ビューティー占星術入門講座でもお話したように、
この世界に生まれてきた私たちは一人残らず美しい存在です。
みんな、もともとキレイだし、もっとキレイになれるし、一人残らず素敵です!
「このサインにはこの色」と決めて美しさの可能性を狭めてしまうのはもったいない。
私はそう思っています。

☆向真希のホロスコープリーディング+(プラス)→2月はこのあと、19日(木)2月21日(土)26日(木)の3日間です。ご予約のお申し込みは こちら からどうぞ!

|

幸運を呼ぶ色(4)

黒に還る色たち。--かつてランコムの仕事をしていたとき、こんなコピーを書いたことがありました。オーラソーマなどでは、色は光の波動であるといわれているため、黒は色とはいわないようです。が、私のイメージのなかでは黒はあらゆる色の可能性を秘めた奥深い色でした。

現代ではたいていの人がワードローブのなかに黒を持っていると思います。故・向田邦子さんの在りし日のお写真は黒を来ていらっしゃることが多く、「黒ちゃん」と呼ばれていたエピソードがエッセイに書かれています。数十年前にはお洒落な人しか着こなせないといわれていた黒ですが、80年代コム・デ・ギャルソンやワイズなどのDCブランド全盛期を経て、私たちのなかに定着し、今では最も「無難な色」になってしまいました。とりあえず黒なら安心みたいな雰囲気、ありますよね。

では、12星座のアセンダントで黒を着こなすとしたら……? 私はこんなふうにイメージしてみました。

<火の元素>直感を感じさせる黒
牡羊座=野性的な黒。たとえば革ジャンみたいな。インナーやアイメイクを赤系に。真っ赤なマスカラは意外に黒いマツゲとなじみます
射手座=すこやかな黒。スポーツ選手のユニフォームやカジュアル系の黒。陰影のあるインテリジェンスを感じさせる瓦屋根の黒も素敵。
獅子座=誰よりも華やかな黒、印象的な黒、ドラマチックな黒。ゴールドを合わせてゴージャスに!

<土の元素> 落ち着きを感じさせる黒
山羊座=正統派の黒。重厚な黒だけでなく、実質・実感を感じさせるユニクロとかGAPの黒も、実は山羊座っぽい感じ(^^)
乙女座=清楚で端正なきりりとした黒。セクレタリーのスーツとかアラブの女性たちのチャドルとか。肌を隠して白を効かせたストイックなイメージの黒。
牡牛座=ビロードの黒。上質で贅沢な雰囲気。育ちの良さ、ここちよさを感じさせる黒、惜しげもなくドレープをきかせたシルクウールなども牡牛座の領分。

(続く)

|

幸運を呼ぶ色(3)

12サインのイメージづくりの続きです。
映画を観るときも、たとえば「セックス・アンド・ザ・シティ」なら、キャリー(ライター)は太陽双子で、靴フェチなのは金星牡牛、とか主人公のホロスコープを想像しながら観ていました。

言葉遊びごっこもよくやりました。今もよくやります。たとえば……牡羊=はっきり、牡牛=のんびり、双子=ちゃっきり、蟹=まったり、獅子=どっきり、乙女=きっちり、……こんな感じ(^^)

さて、色について。
たとえば牡羊座といえば、ルーラー(支配星)火星ですし、やっぱり赤を連想する人が多いと思います。赤はエネルギーを前面に押し出す強い色です。牡羊座の冒険心とか情熱的なイメージにぴったりですね。

でも、たとえば牡羊座にたくさんの天体が集中している方なら、補色である緑を使って穏やかな雰囲気を取り入れるとか、落ち着きをもたらすオレンジ系の茶色を組み合わせるとか。こういうことは、たぶん色の原理などを説明されなくても、みなさん、無意識にやっていらっしゃるのではないでしょうか。

「無意識に」と書きました。意識してない、ということですね。これが「カラダとココロがここちよいと感じる」という意味なんですね。頭では理解できるけれど「なんとなく」納得できない。うれしいはずなのに「なんとなく」気がすすまない。そんなときはやめておくのが無難です。

反対に、本には「NG」と書いてあるし周囲からもいい顔されないけれど、この色が好き。こんなふうになりたい。やってみたい。そんなときは(周囲との折り合いをつけながら)ここちよい方向を向いて素直にやってみるのがいいと思います。

(続く)

|

幸運を呼ぶ色(2)

<牡羊座> 赤、オレンジ(気持ちが先走りがちなときはグリーンやブラウンも)
<牡牛座> ピンク、紺(こだわりが強くなりがちなときはグリーンも)
<双子座> イエロー、ターコイズブルー(神経を静めたいときは紺や優しいピンクも)
<蟹座>  ミルキーホワイト、ラヴェンダー、シルバー(元気がないときはオレンジも)
<獅子座> ゴールド、オレンジ(自信喪失ぎみのときは赤や紺も)
<乙女座> ブルー、グレー、ベージュ(リラックスしたいときはオレンジやピンクも)
<天秤座> ブルー、パープル(集中力がほしいときは赤も)
<蠍座>  ワインレッド、黒(気持ちをやわらげたいときはブルーやオレンジも)
<射手座> イエロー系、パープル(理想を実現するエネルギーがほしいときはブラウンも)
<山羊座> 黒、ブラウン(気持ちを素直に表現したいときはピンクやグリーンも)
<水瓶座> イエローグリーン、クリスタルブルー(現実感がほしいときはブラウンも)
<魚座>  ブルー、シルバー(寂しさを癒やしたいときはホワイトやピンクも)

先日のビューティー講座は占星術を勉強なさっている方ばかりだったので大幅に省略したのですが、12星座(サイン)から連想するイメージがあると思います。
それぞれの星座から自分が連想するイメージをメモしておくと、占星術の勉強のためだけではなく、「こんなオシャレがしたい」というセルフイメージをつくるためにもとっても役立ちます。

色はもちろん、香りも、シチュエーションや仕事、人物像、あるいは映画の作品や本のタイトルなど何でもいいと思います。
私は初級を勉強していた頃、電車のなかで勝手にファッションチェックをやっていました(^^) たとえば同じように黒を着た人でも、牡牛系、山羊系、水瓶系とか分類。分類終わったら車両を移動したりして。アセン蟹っぽくてほっこり系だと思うけれど、ブランド物で固めて天秤ぽくしてるのは金星が強いの?とか心の中で大きなお世話をくりかえす毎日…。

(続く)

|

幸運を呼ぶ色(1)

12サインに対応するラッキーカラーをご紹介していこうと思います。

実は今まで、本やネットで検索できるていどのことしか書けないし、わざわざ書かなくてもいいかなーと思っていたのですが、ご要望が多いので一度書いてみることにしました。

その前に、気がついたことをいくつか…。

★ラッキーカラーの服を持っていないとか抵抗がある場合は、さし色で使ってみる。イヤリングなどアクセサリーで使ったり、下着で身につけて試して慣れてみる。その色のパワーストーンを身につけたり、マスカラとかアイラインとかポイントメイクで使ってみるだけでもずいぶん違うと思います。

★占星術をご存じの方なら、太陽星座だけでなく、金星に磨きをかけるために金星星座で見る、日常生活を落ち着かせたいなら月星座でラッキーカラーを使ってみる、「似合う」色のヒントがほしいときはアセンダントで判断する…などなど、自由にアレンジしてみてください。

★「本によってちがう」「占い師やカラーコーディネーターによってちがう」と迷ったら……あなた自身が「なんとなくこれが好き」と感じた色でいいんです。「最近こんな色が目につくなあ」と感じたらその色が、今のあなたに必要な色です。カラダとココロがここちよいと感じる色を大切にしてください。

幸せに正解はありません(^^)

(続く)

|

泣きたい理由

/「自分の人生に必要なものは、すべて自分で引き寄せている」そうです。思い通りのものを引き寄せるばかりでなく、「どうしてこんなものまで引き寄せちゃうの?」とか「こんなもの、いらないのに!」と思うこともしばしばあるでしょう。

私もときどき、あります。もう、 →いいヒトはやめた のですが、それでもときには怯えたり、悲しくなったり、泣きたくなったりする。

でも、昨日はある方とのミーティングがあって、いいヒントをいただいたのでその通りにしてみました。
泣きたい感情から逃げないで、ただ、じっと味わってみる。
感情を抑えないで、波が高くなったり低くなったりするのにまかせて、もう一人の私が他人の目で、波に揺さぶられる私を観察しているような感じで。ただ、そのまま味わう。

そのうち、ある考えが浮かんできました。

――私は泣きたかったのかもしれない。

何が重いのでしょう、私はいつもどこかでうっすら緊張しています、ここ数カ月は特に。ときどき泣いて自分をゆるめたい。でも今は周囲の人たちに恵まれているから、誰かのせいにはしたくない。自分を好きになれたから自分のせいにもしたくない。だから「こんなのいらないのに」をあえて引き寄せて、泣く理由をつくろうとしたのかもしれない。

私の隠れた意識(潜在意識)が引き寄せた「泣く理由」は、私が「泣きたい理由」を明らかにしてくれました。

そうしたら、するするとほどけてきました。誰かのせいにしないで泣きたいわけだから、そうだ、韓国ドラマを観ればヨイ!!! あ、映画がいいかな、今日は『私の頭の中の消しゴム』を借りに行ってきます(^^)

私にヒントをくれたミーティングの相手は、小南奈美子さん。人生の大先輩です。

|

2月のリーディング日程

↓↓↓毎日更新!向真希のホロっとスコープ。最新記事はこのすぐ下から↓↓↓

2月5日(木)
2月14日(土) 16時以降~
2月19日(木) 
2月21日(土) (11~13時ビューティー占星術講座) 
2月26日(木) 

原則として12時~18時の間でご予約ください。

→こちらから お申し込みください(曜日、時間が合わないときは従来通り下北沢、渋谷・新宿・吉祥寺などのカフェでのリーディングもBコース、またはBプラス延長なら可能です)

世界でたったひとつのあなたのホロスコープを読み解いて、あなたが気づいていないあなたの生き方の癖を探って、未来の可能性を見つけましょう。向 真希がお手伝いします。

*************************

<講座のお知らせ>
●2月21日(土)中野トナカイにて「ビューティー占星術入門講座」は終了いたしました。3月はお休みをいただいて、4月にまた開講を考えております。  →これまでについては、こちらをごらんください

|

資生堂が好調な理由・後編

さて。ここまで来たら見てみました。資生堂のホロスコープ(^^)

現在の土星天王星180度を、n木星蟹とn土星山羊が良い角度で調整しています。木星土星ですし、日本の女性たちアジアの、ひいては世界の女性たちに美しさを教え込み、みちびいていくわけですね。

また魚の天王星は、n金星に合なので、温かく穏やかにゆるやかにすべての女性たちを包み込むような企業としての感性にも新しい変化が持ち込まれているようです。

すでに化粧品の機能性は行きつくところまで行った感があります。
以前このブログでも 誰でもキレイになれちゃう時代 →このあたり に書きましたが、資生堂は原点にかえって感性に訴える化粧品づくりをしていこうといちはやくシフトするコメントを出していました。

さすが牡羊太陽、常に業界をリードしていきます。先に書いた木星土星だけなら保守的な安定企業として埋没しかねないのかもしれませんが、太陽が牡羊であるために、常に葛藤をかかえながらも業界一位というポジションに安住しないで最先端の美容の道を模索する姿勢を失わせないのでしょう。

n太陽に加え月海王星も牡羊サインにあって現在t冥王星から影響受けていますから、企業としてのテーマを前向きに変革させていく大きな力が働いているようです。

|

資生堂が好調な理由・前編

理由シリーズ3日目(^_^;

昨日の 不景気のとき占いが流行る理由 に早くもコメントやメールをいただきました。ありがとうございます。で、もうひとつ。資生堂さんが好調なんですねー。あ、つい「さん」をつけてしまった。かつてのクライアントなので。もとい、資生堂が好調なんですね。

もともと不景気のときは、「口紅経済」という言葉があるそうです。

将来がわからないとき大きなお金は使いたくないけれど、ちょっと目先で気分を変えたい、陰鬱な雰囲気をふりはらいたくてお買い物したいというとき、手頃な値段で買える口紅などの化粧品や小物が最適ということらしいです。

たしかにオンナが気軽に気分転換するにはオシャレするに限ります! でもお洋服は高いし、きりがないし、毎日着られるわけじゃないし…というわけで、気軽にイメージを変えられる口紅(^^) 
私は先日セージョーの売り場構成を暗記するぐらい行ったり来たりして、メイベリンの口紅を買ってみました←ツヤっぽくていい感じで、いじらしいお値段。エライ(^^)

一方、高くても確実に売れていくものも多いようです。189000円のクリームとかね。人それぞれ「気軽に使える価格」はちがうわけです。

いずれにしても現代の「美容」は「健康」と同義語みたいなものなので、好況不況にかかわらず、「いつも生き生きと元気でキレイでいよう!」と全世界のオンナたちが普遍的な魅力を求め、そちらを向いているということだと思います。いいことだ!と思います(^^)

(続く)

|

不景気のとき占いが流行る理由

理由シリーズ2日目(笑)

不況のときは、占いなどのスピリチュアル系が「流行」するそうです。それも不況の度合いが深刻であればあるほど流行るとか。みずからの力だけではどうにもならなくなったとき、人は超自然的な力に頼りたくなるのでしょう、いわば神頼みのような。

一方、企業の経営者や責任ある地位にある人たちが、好況不況に限らず、日頃から占いを活用している話もよく耳にします。

責任の重い立場にあればあるほど、どうにもならないことは多い。だから、人事を尽くして天命を待つ謙虚な姿勢を持っている。あらゆる角度から検討し、多くの人の意見を聞く。占い師もそうしたブレーンの一人として活用し、そうして最後は自分自身で決断していくのだと思います。

ここまでの不況になると、現代社会においてはある意味「第二の天災」に近い意味合いも帯びてきます。一体いつまで続くのか、自分はどうなるのか、どうしたらいいのか……。

これまで当然のように続くと思っていた幸せを失いそうになったとき、人は初めて真剣に人生について、幸せの意味について、考え始めるものなのかもしれません。
そして自分自身の責任において出来る限りの手を尽くすはずです。たとえば占い師も含めて自分とは違う視点からのアドバイスを聞く。あるいは肩を押してくれる存在として占い師を活用する。

不況のとき占いが流行る、というのは、占いに依存するということではないと思います。自分のチカラで歩き続けるために、この不況をも人生の好機として使いこなせるように「道具としての占い」が求められるからだと私は思います。

☆☆☆転職、適職、起業・経営などのご相談もお受けしております。☆☆☆
 こちらのページ  は、メール鑑定のサンプルですが、対面リーディングでもこんなふうに丁寧に、ご一緒に考えてまいります。向 真希のリーディング プラスへのご予約は →こちらから

|

マクドナルドが好調な理由

世界不況、といわれております。

占星術やってる人たちは、一般から見たらやっぱり変わり者ということになるんでしょう、不況を嘆くより「土星天王星の180度だからね~」と当然のような表情だったり「やっぱりね~」と予想通りの結果に頷き合ったり…自分の苦境は棚に上げて星の動きと状況を照らし合わせるわけですね。

で、この土星天王星180度=別名「不景気アスペクト」ですが、逆に利用できる人たちもいるわけです。つまり、生まれながらのホロスコープに良い角度で調整できる星を持っているということなんですが。

昨日の新聞では、今期、日本マクドナルドが過去最高の利益をあげているそうです。売り上げは外食産業で初めて5千億円を超えるとか。

この好調の理由は、この時代に100円とか120円でそこそこ満足できる「オトク感」と分析されています。他にもたとえばサントリーは好調。ビールの価格を据え置く一方、パッケージに高級感を演出して、なんとなくオトクな感じがするのがその理由とか。

オトク感、たしかに。こんな時代だからこそ。と思いながら調べてみました。

まずマクドナルドのホロスコープ。1971年7月20日、第1号店である銀座店オープンの10時で見てみたら…やっぱり不景気アスペクトを緩和する星配置です。蟹座に太陽金星。実利的なお金儲けというより、不景気で元気のない人たちの気持ちに優しくそっと寄り添うような(^^) みんな一緒がうれしいねみたいな共感型事業展開。たしかにお財布が軽いとき、120円コーヒーはうれしいですよね。

ちなみにサントリーは、鳥井商店開業が1921年2月1日。やっぱり良い角度で星があります。山羊の水星はまさにこれまでのスキルを発揮、蟹の火星がお酒好きなな人たちの気持ちをしっかり囲い込んでいます。ただ、理想をかかげる射手の金星土星グループと双子の海王星でグランドクロスもできていますが、柔軟宮であることと、もともと太陽月海王星で情報戦略に強くバランス感覚にすぐれたゆるやかなグランドトラインを持っているのも幸いしているようです。

乙女土星と魚天王星の180度に山羊冥王星の時代ですから、どうしたって組織は根底から新たな風を入れて、古い体質を変革しながら内面から着実に組織を構築し直していくことになります。企業だけでなく、国も、世界も。それから個人もそうですね。

|

投資していますか?

お金そのものに投資して、お金をふやして、夢を叶える人、いますね。単純に憧れます。「お金があったらみんないい人になるんだから!」と占い師の木下順介さんがおっしゃっていましたが、衣食足りて礼節を知るといいますし、それも一面の真理だと思います。

私がコピーライターになって最初に担当したのが、かつての三井銀行と三井信託銀行でした。当時の金融はラクでよかった(^_^; この私でもそこそこ詳しくなれたし、ついていけました。今は……普通預金が増えたり減ったりするのをときどき確認しているだけです。

「子供に投資する」という人もいますね。あれは最終的には「子供が幸せになってくれたら自分も満足」というわけで、自分のここちよさに(つまり自分に)投資しているようなものかもしれません。

私の投資も圧倒的に「自分に」です。フリーランスは一見「好きなことを仕事にしている」ように見えます。が、ちょっと見ていれば、安定した仕事なら当然保証されるはずの収入や時間が得られないこともわかるでしょう。逆にそういう収入や時間を自分自身に投資している、という見方もできると思うのです。

*************

☆今日は中野トナカイの出勤日です。中野は東京とは思えないくらい物価が安いところです。ちょっと早めに行って4階の洋食弁当「シャルマン」で380円のお弁当を買って食べたり(売れ残ると200円になっていたりする)、帰りに1階の「らこっと」で980円のヒョウ柄ブルゾンを買おうか迷ったりするのもお楽しみのひとつ(^^) あ、そうそう、今週土曜日は三上牧さんのバレンタインイベントがあります。恋愛運アゲたい方はぜひ!

|

幸運を呼ぶ色、似合う色、好きな色

雑誌やネットの占いでもよく見かける12星座別の<ラッキーカラー>は、太陽の入っているサインの資質を伸ばしてくれる色です。一番シンプルですね。

でも人それぞれ、なかには太陽を使っていない人とか、惑星どうしの角度がハードな影響を及ぼすものだと、資質強化の前に癒やすための色が必要な場合もあるでしょう。また、たとえば水星を強化したいとか、土星を自分のものにするために土星を意識した色も使ってみるとか、個人リーディングや自分で調べることによって、目的に応じてカスタマイズできます。

では<似合う色>は? アセンダントのサインとアスペクトで見ていくのが一般的です。ただアセンダントは、本人が自覚できないことが多く、「こんな色が似合いますよ」といわれてもなんとなくピンと来ないかもしれません。

そんなとき、カラーコンサルタントに相談するのもいいでしょう。私も90年代前半に何人かのコンサルタントの個人セッションを受けました。カラーコンサルタントは肌、髪、目の色などから似合う色をみちびいてくれます。日本人の場合カラーコンサルがどこまで有効かはいまだに論議の的なのですが、有能なコンサルタントに出会えればひとつのめやす、アセンの裏付けになると思います。

<好きな色>は説明するまでもなく、あなた自身が惹かれる色や好きな色。ホロスコープではたいていは金星の状態がそれをあらわしています。肌ざわりなども含めて無条件にここちよいと感じるのは月の部分です。

ただ、いずれも土星やトランスサタニアン(天王星、海王星、冥王星)がアスペクトをもつと、<ラッキーカラー>そのままとは行かないことが多くなります。

|

誰もが未来を知っている

対面リーディングで人生チャートを見せていただくようになって、こんなことを感じるようになりました。どんな人も、もしかしたら自分自身ですべてを知っているのではないか、と。

「うわー、この時期にいらしてくださってよかった!」と思わず言いたくなることが本当に多いのです。というか、ほとんどの方がそんな感じです。

数年以内に大きな変化をひかえていたり、数年間続いた低調な時期を抜ける直前だったり……。誰もが無意識のうちに自分の未来を知っているのです。だからこそ方向性を見きわめるためにみずからアクションを起こす。そのひとつが、私のところへいらっしゃることだったりもするのでしょう。

無意識のうちにご自身がわかっていらっしゃることをホロスコープやタロットで読み解いて言葉にしてお伝えすることが私の仕事だと思っています。

*************************

☆2月5日(木)は14時~、15時~、16時~、17時~がご予約可能です。つまり午後2時から後ろはほぼ空いている(^^)ので突然いらしても大丈夫です。例によって「一見必死の形相」で原稿書いてるかもしれませんが、お気軽にお声かけください。もし先着のお客様がいらした場合は、その辺をうろうろしていていただけたら携帯へご連絡します! ブロードウェイの中にはあやしげなお店だけでなく、ちゃんとした本屋さん雑貨屋さん下着屋さん化粧品屋さん安売りショップなどなど商いじゃなく飽きないお店がいっぱい。適当にうろうろしているだけでも楽しいですよ~。リーディングのご予約はこちらから

|

あのね、無理でいいんです

いつも前向きに、24時間365日10年20年、一生前向きに…なんて、出来たらいいけれど無理です。無理でいいんですよ。

実際にそれをやったらカラダに来るし、神経にくる。私は長い間このことがわからなかった。何度もカラダを壊し、当然神経にきて…でも家族を食べさせるるためにはどうしたって働かないといけないので、ケミカルでなんとかよみがってまた倒れる、のくりかえし。一家の生計を担う人が過労死寸前まで行く気持ち、わかります。私の場合は和風ベジタリアン食やアーユルヴェーダの助けもあったし、何より倒れるぐらいカラダが弱いのが逆に幸いだったと思いますが、丈夫な方だったら最後まで行っちゃうでしょう。

ホロスコープを読み解くようになってからわかってきたこと――この世に生まれてきた私たちはこの世界で、生身のカラダを持って生きていきます。カラダは休まないといけないもののようです、多少不便であっても。

たとえばホロスコープのなかでも20数年の周期のなかで2年~5年ぐらいは「やる気がなくなる時期」があります。自動的に休むべきときは休むようにつくられているんですねー。

頑張る時期。我慢する時期。甘やかしてもらえる時期。いろんな時期があって、そうやって私たちはこの一生を全うしていくのでしょう。

|

ビューティー占星術入門講座のときの

エピソードをひとつご紹介します。

アセン蠍、金星蟹のAさんは、お肌がきれいで親しみやすい笑顔。クリームイエローのタートルネックでカジュアル系のファッション。ほとんどノーメイクに見えるナチュラルな雰囲気の方でした。

「その色が蟹座ですねー」という話から、別の方がつけていらした赤紫色のスカーフを貸していただいて、Aさんに巻いてもらいました。なるべくクリームイエローが見えないように。眼鏡も外して。すると「おお、蠍だ!」(^^)

きっとどんな場所でもなじみやすく、穏やか系のAさんですが、ちょっとアセンダント風味を足しただけで、くっきり印象的でそこはかとなく謎めいた雰囲気に一変! 

金星は自分が好きで装っている部分です。自分が好き=うれしい。これは金星にとって大事なこと。うれしくなくなったら金星は輝きません。他人の目より自分の気持ち。自分が心底うれしくなかったら輝けませんよね。
でも、せっかく占星術を知ったわけですから、ときには意識してアセンダントを強調して、Aさんの場合ならときには「蠍座の女」風にイメージを変えるのも楽しいですよね。
最初は自分ではピンと来ないなーという感じでも、まわりの反応が「おお!」という感じだと、だんだんなじんでくるもの。美しさの可能性は出来る限りゆるやかに広げておきましょう(^^)

☆今回part1をやらせていただいていろいろご意見ご感想をいただきました。ありがとうございます。2月21日のPart1は少し違ったやり方も試してみたいと思います(なお現在キャンセル待ちをお受けしております)

|

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »