« 全国版ときめきエッセイ書いています | トップページ | 「離婚します」の星まわり »

仕事で迷ったときの基準

就職や転職、社内での移動、フリーランスで仕事を引き受けるときは、自分基準(じぶんスタンダード)を持っているとわりあいラクです。

たとえばわたしの場合。フリーランスで、たしか10年目ぐらいだったでしょうか、なんとなく基準が3つぐらいあることに気づきました。

・仕事の内容が面白いか(やりたい仕事かどうか)、
・お金になるか(儲かるということです)、
・感じのいい人たちと組めるか(チームワーク)

この3つがすべて満たされることは、めったにありません。どれかひとつでもマルがついたら、引き受ける。そんな感じで20数年間やってきました。特に、その仕事が面白いかどうかは、わたしにとってはかなり大事なようです(5ハウス土星)
あんまり興味ない分野で、ギャラが低くて、スタッフがあんまり感じ良くない…ということもあります。そういう場合はギャラとスタッフはどうにもならないので、面白い仕事になるようにいろいろ工夫します。転んでもタダでは起きない心がけ(ちがうか)

何事も自分なりのモノサシを持っているとラクですが、恋愛とか結婚とか子育てとか…なかなかそうも行かなくてぶれることも多いと思います。そうしたなかで仕事についてはわりあい基準を決めやすいし、仕事で自分基準を確立できると、他のことにも応用しやすくなるようです。

|

« 全国版ときめきエッセイ書いています | トップページ | 「離婚します」の星まわり »

運命を変えるスキル」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事で迷ったときの基準:

« 全国版ときめきエッセイ書いています | トップページ | 「離婚します」の星まわり »