« サビアン「花かんざしが重すぎる女」 | トップページ | ビューティー講座にキャンセルが出ました~ »

ゲイバーでスカウトされた

疲れております。昨日は珍しく更新をサボリました。どんなに疲れていても働く180度(オポジション)の「表現衝動アスペクト」を2つも持っている私が「疲れました休みます」というのはめったにないことなのですが、ときにはあるのね。ってこの文章自体、相当疲れていますねー。

では、疲れたときこそ笑える話…考えていたら、まついなつきねえさん@中野トナカイのブログ → 今度の日曜日、薔薇の香りに包まれたオトコ占い師イベント

途中に書いてあった一言でちょっと思い出しました。

>真希ちゃんもちょっと中性的ではありますね。

はるか昔のお話です。25年とかもっと前ぐらいでしょうか、クライアントや上司のオジサンたちによく六本木の高級(?)ゲイバーへ連れて行かれました。
あるときあるお店で「あら~、かわいい~…なんだ、オンナか」(笑)
次行ったときは「(性別を)内緒にしたげるからうちで働く? コピーライターの10倍儲かるわよお」とこっそり耳打ち(^^) オネエさんたちはみんなキレイだし、意地悪で面白くて優しくて、一瞬だけ本気でお願いしようかと安月給だった私は考えました。

でも、私がものすごく男の子っぽい感じだったとかそういうわけでもなくて、今とほぼ同じ感じでした。当時はたしかカルバンクラインのスーツ、好きだった。あと原宿を隅から隅まで見て買いそろえたHLまがいのカジュアル系コーディネートとか。外見はどこにでもいる「働くお嬢さん」だったはず。

でも意識は明らかにちがいました。なんとなく自分が「一般的な女のふりをしている」ような気がしていた。金星天王星(水瓶獅子)は「人と違う」が命。そして「いわゆる女の色気」には反抗。感性豊かなオネエさんたちは私の外見や性別より水瓶的「意識」を見破ったのだと思います。

というわけで、今週末も中野トナカイはイベント盛りだくさん。日曜日は第3回ビューティー占星術講座です。参加してくださるみなさん、お待ちしています。みんなでトゲいっぱいの赤い薔薇になりましょう(^^)

|

« サビアン「花かんざしが重すぎる女」 | トップページ | ビューティー講座にキャンセルが出ました~ »

雑記」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲイバーでスカウトされた:

« サビアン「花かんざしが重すぎる女」 | トップページ | ビューティー講座にキャンセルが出ました~ »