« 日食開運ナビ<女性セブン掲載!> | トップページ | 占星術「初めてさん」におすすめの本 »

「向 真希の西洋占星術メール鑑定」

人には、「雰囲気」がありますよね。
最近は「オーラ」なんていわれたりもしますけれど。
西洋占星術を使う占い師は、私もそうなのですが、
ホロスコープをロジカルに読み解きながらご相談にお答えしていきます。
同時に、ご本人の「雰囲気」も見ていますし、
話し方、物腰、反応などをトータルに見ながら、
お伝えする言葉を選んでいきます。

極端な話、お二人の方がいらして
全く同じホロスコープをお持ちであったとしても
(同じ病院で隣り合わせて1秒のくるいもなく同時に出産とか)
やっぱり「初めに人ありき」で読み解いていくと、
だいぶ違う内容になったりもするわけです。

ところが、メール鑑定の場合。

当然ですが、お目にかかることなくご相談をお受けします。
「雰囲気」をつかむ機会がないので、
「初めにホロスコープありき」になってしまいがちな面があるのは
否めないと思います。

直接ご相談者さまとメールでやりとりをさせていただくなかで、
メールは何度も読みます。
たった数行の「振り込み確認メール」にさえ、
お人柄、人生観、過去や未来を読み解く材料がつまっていると思うのです。

実は、6月のメール鑑定のとき。
確認メールのなかで、私はあることをちょっと間違えてしまいました。
その方は事務的にでもなく、ムッとした感じでもなく、
さりげなく、楽しく優しく、私の間違いを教えてくださいました。
その後、ホロスコープを読み解くなかで、
そんな素敵な面はこういうところから来ているのかと、
さらに理解することができました。

私に大切な人生チャートを見せてくださるみなさん、
ありがとうございます。
メール鑑定もまた、
「初めにホロスコープありき」ではなく、
「初めに人ありき」でやっていきたいと考えています。

中野トナカイのメール鑑定は、
芳華美々子さんに続いて三上牧さんのサンプルもアップされています。
サンプルをお読みの上、各占い師に直接お問い合わせください。

なお「向 真希の西洋占星術メール鑑定」は毎月限定2名様で、
7月分の受付は終了しております。
ありがとうございます。
8月分の募集はもうしばらくおまちください。

|

« 日食開運ナビ<女性セブン掲載!> | トップページ | 占星術「初めてさん」におすすめの本 »

占星術」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「向 真希の西洋占星術メール鑑定」:

« 日食開運ナビ<女性セブン掲載!> | トップページ | 占星術「初めてさん」におすすめの本 »