« 1日遅れて日食が♪ | トップページ | 日食ぐるぐる→そしてずるずる »

オトナの条件

土星が怖くなくなっている人はオトナです。ではオトナの条件とは何か? たとえば我慢ができることです。我慢って何でしょう?

たとえば。ものすごく疲れて大変で苦しいとき、自分に対して「休む時期だから休もうよ」というのはいいんです。でも他の人に「たまには休みなさいよ~」と声をかけるなら――相手が休んで滞る分の仕事や家事、煩雑な日常を一部でもいいから肩代わりしてあげるくらいの覚悟を持って、それから言葉にする。

口先だけで「休みなさいよ~」と言うだけなら言わないのと同じ。言った自分に満足するだけで、相手には何の助けにもならない。「休みなさいよ~」と言われてありがたいと思えるのはまだ余裕があるときで、ぎりぎりの状態であればあるほど、言われて「休むことすらできない自分」にさらにめげる人もいっぱいいるのです。

人に言えない苦労を背負った人に向かって、事情をろくに知りもしないで、苦労を肩代わりする勇気も持たないまま、口先だけで「神様は超えられない試練は与えないから」なんていうのは傲慢以外のなにものでもない。誰も神様じゃないから神様の真意はわかりません。

言葉を雑に使って、「あの人のことこんなに心配してる私っていいヒト~」と自己満足するのはいさぎよくやめる。あえて何も言わない。じっと我慢してそっと見守る。それらができることが、土星が使いこなせるということではないかと思うのです。

数年前、土星が使えない「オトナのふりしたコドモのヒトたち」に思いきりふりまわされました。実際の苦しみよりもそっちがつらかったかも。「ありがとう」というのが苦痛だった。
(反対に、ちょっとでも私がやらなければならない日常のことを物理的に肩代わりしてくれた人たちが、ほんとにありがたかった。なんだかわかりにくいですね、この文章)

だけど!
結局、私自身もまた、「うれしくなくても、ありがとう、って言わなくちゃ」と思い込んでいた。オトナのふりしたコドモだったわけですね。「悪いけどほっといてください」と言えるのがオトナ。本音と建て前が一致していくのがオトナになるということか。ますますわかりにくくなりました(笑)

|

« 1日遅れて日食が♪ | トップページ | 日食ぐるぐる→そしてずるずる »

雑記」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オトナの条件:

« 1日遅れて日食が♪ | トップページ | 日食ぐるぐる→そしてずるずる »