« 必要なのは占いではないのかも。 | トップページ | 「どうしたら占い師になれますか?」その1 »

相性~私の太陽とあなたの月が&土星も。

ホロスコープを見るとき、
月→太陽→土星で、人生の根幹を見るのは基本ですね。
相性を見るときも、まずはこのあたりをチェックするのはベタな基本です。

最近、なぜか同世代の男性たちと親しくお話する機会がふえてきて、
ときどき「ん?」と思う方が3名ほどいらっしゃいました。
なんだか「この人甘えたいんだなー」と感じるんですね。
いえ、何らかの野心があるとかそういうことではなくて。

バースデータをうかがっておいたので、あとから調べてみたら…。

共通していたのは、土星山羊の世代。
太陽はばらばらでしたが、全員月が山羊サインの終盤あたり。

私も土星山羊の世代です。
土星は人生の最中着地点、人生のルール、
この人生をどう生きていくかの価値観をあらわしています。
土星が共通なのは、お互いに「人生の価値観」が
ベースのところで一致しているという安心感があることになります。
新しい知り合いが同級生とわかって
なんとなく親近感とか、ほっとする、っていうアレですね。

こうした安心感をベースにしながら、
相手の方の月が、私の太陽にゆるく合(コンジャンクション)。

月は素顔の自分、素のままの感情、小さな子どものままの自分です。
一方、太陽はオトナです。
この人生をどう発展させていくか、人生の指標、テーマをあらわします。

つまり、月(子どものまんまの素顔の自分)から見ると、
太陽を持っている人はオトナに見えます。
将来なりたい自分だったりもするし、無条件に頼れる感じもします。

太陽の側は、月を甘えさせてあげて、
月のおしゃべりや愚痴を、それほど苦にならないで
聞いてあげることができるんですねー。

私は月双子なのですが、
実は、太陽木星双子の友人を確保してあって、
ちょっと落ち込んだりおしゃべりしたいときは、彼を呼び出します。
何を言っても受け付けてくれるので愚痴まで行く前に楽しく解決(^^)

ということで、
人生の根幹を貫く太陽と月が何らかのカタチで関わっていると、
やはりそれなりに縁のある相手ということになります。

男性と女性、特に恋愛関係だと、つい、金星とか火星が気になりますが、
もっと深いつながり、あるいは一生の縁として考えると
やはり月と太陽と土星は外せないようです。

余談。お客様とか友達の事例はプライバシーなので出せないので、
どうしても自分の事例ばかりになりがちですが、
占い師の自分語りなんてあんまり面白くないですよねー、すみませんm(__)m
これは今後の課題だわ…。

*****

☆★☆18日(木)の鑑定は16時半~または17時~、1名様のみお受けできます!15時半のみ空いております!

ご予約に変更があったため、あと1名様お受けできることになりました。なお、25日は、12時半~、15時半~が空いております。
今ねー、実はいろいろご相談事が多い時期なんですね。
これら以外もカフェ鑑定でお受けしますので、お気軽にご連絡くださいませ! 
→お申し込みはこちらから。

|

« 必要なのは占いではないのかも。 | トップページ | 「どうしたら占い師になれますか?」その1 »

占星術」カテゴリの記事