« 23歳も46歳も同じ。 | トップページ | 小アルカナ講座と初級占星術講座! »

月をとりもどすお菓子。

私たちが最初に認識する味覚は、甘みだそうです。
大人になっても、へとへとに疲れたときとか、
疲れていることすら自覚できないくらい疲れているときとか、
ちょっと甘いものを口にしてなんとなくほっとすること、ありますよね。

数年前介護ウツでぼーっとしていたとき、
お見舞いと一緒に「あなたが食べてね」と
美味しいクッキーをいただいたことがありました。

一口食べたら、
オーガニックの小麦粉とバターの風味がふわっと広がって、美味しくて。
このとき、ああ、私はまだ壊れていない、と思えました。

壊れるまで頑張るしか道はないと思っていたんですね。

   (追記。アップしてから読んだら、心のムダ、みたいな文章なので
    一部修正させていただきました。火星が山羊に入って走りすぎ)


逃げればいいんですよ、逃げれば。
でもどんな出来事であっても(ありえないようなことでも)
無意識のうちに自分のこととして背負ってしまう。

こういう極端な話には、
もしかしてたいていの方はぞっとするかも…(^_^;
アセン冥王星合とか月冥王星90度の人には
当然のように「なるほど」でしょうけれど。

限界、極限、ぎりぎりの状態。
こういうことをいろいろな面で何度も経験していることが、
いま、占い師になって本当に役に立っています。

たとえどんなご相談であっても、まっすぐに受けとめることができる。
具体的に、現実的に、どうしたらいいかご一緒に考えることができる。
だから、経験をくれた人たちに、今はむしろ感謝しています。

さて。そんなわけで。
つまり、甘みでほっとするとか正気にかえるとか、
そういうこともあると思うんです。というお話でした。

そういえば甘いものは月ですね。
冥王星で穴が開いている月の意識を
お菓子の甘さが取り戻してくれるのかー。



Kc380047001

韓流ファンのNさんより
「ロッテホテルに宿泊したとき買いました~」と
美味しいチョコレートをいただきました。
ミルクチョコレートの優しい味が好きです。
(Nさん、いつもありがとうございます!)

|

« 23歳も46歳も同じ。 | トップページ | 小アルカナ講座と初級占星術講座! »

占星術」カテゴリの記事

月(ムーン・バイオリズム)」カテゴリの記事