« オープンカウンセリング(^^) | トップページ | バレンタインを削除する。 »

なぜワタシはここにいるの?―ヘリオセントリック占星術-

なぜ生まれてきたの?と言いかえてもいいのですが。
こんなふうに思うこと、ありますよね。→こんな人生に何の意味が*
ない?ないですか?ない人は、今日はこれ以降読まなくてよろしい(^^)

たとえば私の場合。

ホロスコープを見て、
「この人は物書き」と、まあ、言っていえなくはない。「占い師」も同様です。
「なるほど。そういうふうに生かしているんですねー」というていど。
むしろ、「このホロスコープ→*でよく2回も結婚しましたね」とか言われる。そこか!(笑)

で、仕事について。やはりずーっと迷いや葛藤がいろいろあったわけですね。

ところが、2008年のある日、
「物書きであり占い師になりました」というのが一目瞭然のホロスコープでもあることが
わかりました!

占星術には、「ヘリオセントリック」という技法があります。
大変乱暴なのを承知で説明を省きまして、
個人のエゴを取り去ったホロスコープ」とでもいっておきましょうか。

2008年7月、松村潔先生が1日がかりでびっしり行われたヘリオ講座でのことでした。

通常のホロスコープはいわば天動説です。
地球を中心に空が動いている。
いかに客観的になろうとしても、ここには個人のエゴが入り込んできます。

「こうなりたい」「これをやりたい」もエゴですね。
迷いや葛藤もエゴから生じます。
たとえば新月のアファーメーションも、言ってみればエゴです。

月は個人レベルに波長を合わせているからです。
(でもエゴは生存本能なのでなかったら生きていけないよ)

一方、ヘリオセントリックチャートは、太陽を中心につくられたホロスコープです。

この地球に何を使命としてこの生命を植え付けられたのか。
どんな方向性でそれを表現していく可能性があるのか。

ここには、個人のエゴは関わってきません。

ヘリオセントリックでは月と地球は同じ位置にあります。
好き嫌いとか、日常の嗜好などを超えたところにある自分の使命。
「今、ここにいる意味」が読み解けます。

さて、それでは私の場合はどうかというと…
ヘリオセントリックチャートで見たら、一目瞭然でした!

金星は魚座10度「雲に隠れた飛行機」で典型的なスピリチュアル度数だし、
水星は射手座10度「金髪の女神」でこれもちょっとスピ系。
何より火星土星が射手双子のオポで物書きの典型。

これ以外にも全体的に、仕事についてはヘリオで見てぴったり来ました。

つまり、使命を果たせるように「現在の世界にある職業」に
知らず知らず向かってきたわけですね。

仕事や社会的な立ち位置について。
「今の人生でいいんだろうか」と思ったら、
ヘリオセントリックチャートをチェックしてみることもひとつの方法です。


天職を知りたい方、生きる意味を確認したい方、
経営者の方、ビジネスでの飛躍・起業を考えている方、
今後のどんな人生を構築していくか
真剣に考えていらっしゃる方には、特におすすめです。

*SGをお持ちの方なら「セントリックチャート」で
ヘリオセントリックのホロスコープがつくれます。
ただ読み方はちょっと注意です。
特に水星や金星は通常のホロスコープとは違いますので
くわしく知りたい方は鑑定のときご相談ください(^^)

向真希の鑑定のお申し込みはこちら*

|

« オープンカウンセリング(^^) | トップページ | バレンタインを削除する。 »

占星術」カテゴリの記事