« 満月あたりから眠い人は、 | トップページ | 引越の時期を動かす裏ワザ。 »

当てようとすると当たらない。

1月のタロット「大アルカナ}1日集中講座* では、
初めてカードにさわった方が半分くらいいらっしゃいました。
そのうちのお一人が1週間後のタロット読み練習会にもいらして

「先生!タロットで日韓戦(サッカー)を占ったら、
 接戦で最後に勝つって出て、その通りになりました!」(^
^)

この方はタロットは本当に初めてとのことで、
講座の最初はおっかなびっくり物珍しそうにカードを見つめ、
そーっとさわったりしていらっしゃいました。

講座の最後に
「『今日はどんな日?』みたいなシンプルな質問で一枚引きをするとか
毎日カードにさわってカードと仲良く→*なってくださいね」と申し上げたら、
素直に毎日その通りにされていたようです。
そしてその後「優勝まで当たってしまいました!」と興奮のメールが(^^)

タロットは、0,3秒以内で読みます。
でないとAOL(雑念)が入る(by松村潔先生) 

0,3秒以内にすっ、と読むと、感情や気持ちはもちろん、判断も分析も入らない。
ただ、そのまま。そこにあるものをそのままに読みます。

言語化するとき余計な解釈が入りやすいので、
読んだらすぐに。なるべく早口で(^^) 

つまり、考える前に言葉にするトレーニングをするといいかも。
呼吸するように言葉になるといいですね。→占いのリズム*

(とはいえプロになりたい場合は
お客様のお気持ちを気遣うトレーニングも必要なので
そのまんまがいいとは限りません。これ、微妙なところですねー)

昨年私は、あるご縁から浄霊術をご伝授いただきました。そのとき、
相手の幸せを願う必要はない。余計な念を入れてはいけない。
 なぜなら個人が行うわけではないから
」と教わりました。

このとき、あ、と思いました。
浄霊を行うのは自分だけれども、それは自分ではない。

タロットも同じですね。
自分が「当てている」のではなく、
カードをメディアにして大きな意識のなかから何かを拾ってくる
だけ。
カードが知っている*
(占星術だとホロスコープをメディアに~となります)

「真心こめて~~する」などといいますが、
この場合の「真心」もAOLの一種ですね。
「この人をなんとか救ってあげたい」などと思うのも。→天道先生の教え*

さりとて「何も考えない」って難しいですよね。
座禅とか瞑想とかたくさんの時間と経験を費やしてもなかなかうまくいかない無の境地。
そして初めてだから得られる無の境地。
「ビギナーズラック」ってそういうことなのかもしれません。

ちなみに、私の場合。
どろどろに疲れきってほとんど眠っていないぼろぼろの状態のときほど当たります。
解釈だの分析だの出来ないくらい疲れているとき。

こっそり言っちゃうと、
仕事柄どうしても2時間睡眠とかでヨレヨレのこともよくあります。
(オトナの人生は仕事以外にもいろいろあるしね(^_^;)
でも、そういうときほど的中することに気づいてから、
鑑定前、わざと疲れて睡眠不足でふらふらになってみることもままありました。 

今ですか。
今はねー、どんなときでも
「ヨレヨレ・ぼろぼろ・どろどろ」状態になれるようになってきたので
私自身の体調に左右されないで鑑定させていただけるようになりました。
どうぞご安心くださいませ(^^)

**********

☆★☆「タロットやってみたい」「読めるようになりたい読みの練習会へどうぞ!

基本は独学でもいいと思います。
テキストを読んだりしながらカードと仲良くなっていくのが基本。
「カードの意味を覚えたのに読めない」「テキストが頭に入らない」というときは、
講座がおすすめです。

今週土曜日のタロット「小アルカナ」1日集中講座は満席となっておりますが、
明日24日(木)11時半~13時半「タロット読み練習会」は、
あと1席か2席ぐらいご用意できます。 


参加者のみなさんからご相談のテーマを出していただいて、
みんなで、占っていきましょう。
他の人の読みを聞くことで自分の読みが深くなっていきます(^^)

大アルカナ講座を受けたばかりで「小アルカナ?何のことやら?」な方もみえますから、
1枚引きや3枚引きを基本に、基本の展開法もお教えします。
パスワークもやりながら、ゆっくりカードと仲良くなっていきましょう。
「当たるコツ」もその都度お伝えしていきます。超・初心者の方も歓迎です(^^)

お申し込みはメールでcontact★kelala-kirara.com(★を@に変えてください)
お名前(ご本名)・携帯番号を書いて今夜中にご連絡ください!

|

« 満月あたりから眠い人は、 | トップページ | 引越の時期を動かす裏ワザ。 »

タロット」カテゴリの記事