« 一生消えない不安とひきかえに得たもの。 | トップページ | 水星講座はエキサイティング! »

もっと泣いても(5月21日追記)

すっかり初夏になりました。暑いくらいの陽気でしたが、
緑多い住宅地の一戸建ては涼しくて、
定期鑑定日@明大前DCスクールさんはちょうどいい感じ。
校長先生みずからお庭や外回りの手入れをしてらしたりして(^^)

今日は幼い頃からの傷をかかえたお客様がいらしたので
小さな術(ヒーリング)もさせていただきました。
色白の美人ちゃんなのに、寂しげで不安そうだった表情が、
お帰りになるときは明るい笑顔に(^^)
私が何かをするのではなく、ご自身が過去と内面に潜って
ご自身で探り当てて、未来へのヒントをつかめる小さな「術」
です。

向真希という占い師は決して「ほんわか癒し系」ではなく、
現実をさくさく分析して具体的なアクションプランをご提案するのが売り
(占いではないとおっしゃる方も多いです、でも占い師)なのですが、
なんとなく涙ぐんだり、号泣したりする方がとても多いんですねー。

みんな、本当によくがんばっていると思う。
思うようにならない日々を、一生懸命、自分なりに。
がんばりすぎて泣くのを忘れたり泣きそびれたりしているのよね。

泣いていいんですよー、って今日も何回言ったかなあ。
私自身がずーっと言ってほしかった言葉なのかもしれません。

あのね、
人生は思っているよりも長くて、思っているよりもなんとかなります。
だから今すぐに結論を出さなくていいし、
ちょっとでも泣きたくなったら泣いていいんですよ。

私は「癒し系占い師」ではありませんが、そのかわり
私のところへ来て泣くと、その後は現実対応力が上がるはずです(^^)

(追記。5月21日。甘っちょろいと言って来られた方がいらしたので。
 もちろん長い時間ずっとぎりぎりまで頑張っている人に向けて書いています。
 頑張りきっていない人の自己憐憫の涙奨励ではなく。

 そして「泣く」のは文字通り「泣くだけ」と覚えてください。それ以上でも以下でもない。
 まして悲しんだり恨んだりする感情を増幅させるためではありません。
 だから。鑑定のとき「今までと違う泣き方」を覚えていただいているのです。

 もうひとつ。これは拙著や原稿であちこちに書いていますが、ある方のお言葉より。
 「人生は若い君たちが想像するほど厳しいものじゃない」らしいですよ。
 私もまだまだ「若い君たち」の1人なので、「もっと若い君たち」に向けて(^^)


先週いらしたお客様、見るからに臨月近い感じ。
「予定日はいつですか?」
「今日なんです~(笑) ちょっとは動いた方がいいかなと思って」
「うんうん、初めてだと遅れるものね」(^^)

これから親になる自分と、ご両親との関係を見つめ直して行かれて
これもまた親になる準備のひとつなんだなと、
お手伝いできたことをうれしく思いました。

牛乳や卵を使わない、国内産小麦と洗双糖のお菓子をいただきました。
妊娠中や息子が5歳ぐらいまでこういうお菓子で育てたなあと懐かしく、
美味しくいただきました。(Sさん、ありがとうございます!)

110513_141201

それから、今日は
「暑いですねー、先生にもお茶どうぞ」と
冷たいお茶のさしいれをいただきました(Kさん、ありがとうございます!)

今日お目にかかったお一人お一人が、
どうぞ素敵な人生を創っていかれますように。お祈りしています。

|

« 一生消えない不安とひきかえに得たもの。 | トップページ | 水星講座はエキサイティング! »

雑記」カテゴリの記事