« ホロスコープとイメージブランディングとアーユルヴェーダ。 | トップページ | アセンダントへのアスペクト »

あなたは「黒」に負けていませんか?

(この記事は、美女セミブログの続き*です→)

お洋服を選ぶとき、ついつい黒を選んでしまう人、
わりあい多いかも。あなたはいかがですか?


似合う色、あまり似合わない色があるはずなのに、
黒だけは万能で無難な色~みたいな気がするんですよね。

この「黒は無難」ってたぶんユニクロの台頭あたりからでしょうか。

かつて、というのは、たぶん30年ぐらい前かな。
私が20代だった頃。
まだまだ「黒は冠婚葬祭」
「お洒落な人が着こなす難しい色」でした。

そしてモード系が流行して
ヨージヤマモトとかコムデギャルソンとか、
最先端の黒をまとった人たちが増えました。

でも、ごく一般的なOLちゃんたちは
黒は着ていなかったと思います。

無印良品ができたのはこの頃でしたが、
まだ衣料品はありませんでした。

ユニクロのフリースが爆発的にヒットしたのは
たしか99年頃でしょうか、
この前後ぐらいからかな。黒が無難な色になったのは。

幼い頃、クレヨンや絵の具で
いろいろな色を重ねて塗ったとき、
どんどん塗り重ねていくと、
濃いグレー、黒に近づいていく色になった経験は
誰にでもあると思います。

ビューティー占星術講座で、
私がいつも申し上げることのひとつがこれです。

「黒にはあらゆる色が隠れています。
いろいろな色を着こなす自信があるからこそ、
黒を着こなせるんです。

どの色も自信がないからといって、
無難なつもりで黒を着てしまうと黒に負けます」

そんなこといわれても
どんなふうに着こなしたらいいの?という方は、
こちらをごらんください。
12星座別の黒のイメージ1*幸運を呼ぶ色2*

*****

☆★☆美女セミの早期お申し込み(プレゼント付き)は12日まで!

美女セミでは、イメージコンサルタントの稲垣先生が
「黒が似合う人」はどんな人か教えてくださいます。
そして、とってもよく似合う、とはいえない人が、
手持ちの黒を着こなす方法も。

コンサルティングではお客様のご自宅へうかがって、
クローゼットをチェック。
似合う服とそうでない服に分けて、
アクセサリーとのコーディネートもご提案しているそうです。

美女セミのお申し込みはこちらから*

|

« ホロスコープとイメージブランディングとアーユルヴェーダ。 | トップページ | アセンダントへのアスペクト »

美女セミ2011」カテゴリの記事