« 占いでは解決できないこと。 | トップページ | 月が10ハウスなので公けの顔=限りなく素顔。 »

45歳から幸福感を感じやすくなるって本当でしょうか?

人は年齢を重ねるほど幸福感を得やすく、その傾向が現れるのは45歳をすぎた頃から*」--しばらく前になりますが、その辺でちらっと見て、あ、これね…と思ったままスルーした記事とまた出会ったので、ちょっと書いておきますね (*英ウォーリック大学のサヴェリオ・ストレンジス博士の発表だそうです)

Img_0360_3(全然関係なく実家の庭で。田舎は木も花も草もゆたかです)


年齢(時間)を重ねることで、どんな人もそれなりに丸くなっていくといわれていますね。亀の甲より年の功。人生は、丁寧に過ごした時間の分だけ豊かになっていきます。

占星術でいえば、40代半ばから木星期に入ります。
木星の意味は、拡大・発展です。しかし、火星のように猪突猛進型ではなく、いつの間にか大きくなっているような、ゆるやかな広がり。鷹揚な優しさ。その人の善意の在処も木星があらわしています。

いわゆる「星占い」では、木星は幸運の星ともいわれて「12年に1度の幸運が!」なんてよく目にします。でも「期待したほどでもなかった!」みたいな感想もね。
本当に幸せになれる木星の使いこなし方については、ちょっとおいといて。なぜ「期待外れ」が起こるのでしょう?

木星って、ゆるやかで優しくて、つまり、逆の言い方すれば、だらしないというか、いいかげんというか、多少鈍いというか…そういう面も持ち合わせているわけです。

なので、木星期以降は、どんな人でもなんとなく、寛大になるというか、ゆるくなるというか、適当でもよくなるというか…(厳密には木星期は46~55歳ですが、40代半ばぐらいから~と考えてください)

ですから、環境や状況があまり変わらなくても、多少苦しいことになっても、木星期になると「ま、いっか~」と呟きながらやり過ごしていけちゃう。相当苦しいことがあっても、そのなかにひとつでも良いこと・楽しいことがあったら「うふふ」と笑って善意でのりきれる。

そして、さらに。50代に入るとすぐ、一生に一度しか来ない冥王星120度時代がやってきます! 

あなたの冥王星にトランシットの冥王星が120度になる時期です。これは無敵です、わはは(^^)  
生まれて初めての至福の瞬間の連続を実感できます。この時期以降、たいていのことは怖くなくなるはず。
もちろん迷いや悩みが消えるわけではありませんが、人はみな、神に祝福されて生まれ、宇宙に守られているのだと…大げさですけど、まあね、あえて言葉でいうと、そんなようなことを実感できてしまうわけです。今はどんなに悲しくて涙も枯れ果てても、そんな時代もあったねと笑って話せます(盗作) でも本当だから!!

今は冥王星が山羊座を運航中なので、冥王星乙女世代(1957~1971年頃の生まれ)が次々と幸せの境地を経験しています。

ということで、45歳から幸福を感じやすくなるのは、占星術の視点から見たらあたりまえのことなのでした(^^)

|

« 占いでは解決できないこと。 | トップページ | 月が10ハウスなので公けの顔=限りなく素顔。 »

占星術」カテゴリの記事