« 金環食の影響はどう出るのか? | トップページ | 生まれたばかりの自分になる。金環食は双子座の新月。 »

金環食で何を変えたいですか?

このところ鑑定もレッスンもほぼ金環食がテーマになっていましたが、いよいよ明日の朝ですね。そうはいっても、明日の朝突然何かが変わるわけでもなく(まして何かが必ず起こるわけでもなく) 非常に影響の大きい日食なので、2009年の皆既日食→*から今までの流れがベースになって、次の動きが始まると考えてみてください。

影響については、あなたのチャートのどのハウスで起こるのか→* そして金環食の双子1度が、あなたのチャートのなかの感受点(天体などのポイント)にどんなアスペクトをとっているかもチェックしてみましょう。そして必ずオポジション(反対側)のハウスもいっしょにチェックすること。

各ハウスで金環食が起こる場合の意味を簡単に書いておきますね。
このあたりのことに変化の可能性がある、ということは、変えたいことがあるなら、思いきってこの波に乗るチャンスです!

1ハウス=自分自身のあり方が変化する可能性。イメージチェンジのチャンス。
7ハウス=パートナーや対人関係が変化する可能性。結婚を考えるチャンス。

2ハウス=自分の資質を見直すチャンス。収入に変化の可能性。
8ハウス=相続や遺産などのテーマが浮上する可能性。配偶者の収入の変化。

3ハウス=コミュニケーションや身近なことに変化。facebookやtwitterなどを有効に生かすならチャンス。
9ハウス=学問や勉強、宗教的なことに取り組むチャンス。海外旅行の可能性。

4ハウス=家や家族、気持ちのよりどころに変化が起こる可能性。引越のきっかけ。
10ハウス=仕事や社会的な立ち位置が変化する可能性。キャリアを失うか評価されるか。

5ハウス=恋愛、趣味、子どもなど人生の喜びに関して変化の可能性。
11ハウス=未来ヴィジョンや志を同じくするグループの変化の可能性。

6ハウス=仕事のやり方や働き方の変化の可能性。体調をととのえるチャンス。
12ハウス=潜在意識、無意識に閉じこめていたことが浮上する可能性。心の健康、スピリチュアルなこと、占い関係のことを始めるチャンス。

ちなみに、私は10ハウスで金環食…ということは仕事関係。でもって反対側は4ハウスなので家関係ですね。

実家は大丈夫だろうか…と先日、電話しましたら、母が「日食の間は雨戸を開けないで、お父さんと二人で家のなかにいることにしたから」…思わず天の岩戸か!とつっこみたくなりましたが、実は、アーユルヴェーダ的にはこれが正解なんですね(母はアーユルヴェーダを知りませんが)。
宇宙からのエネルギーが大きく変化するので、直接見ない方がいいとされています(でも、インド人は好奇心旺盛なのでみんな見ます(^_^;) 体の弱っている人やお年寄りなどは特に。
*追記。特に変えたいことがなくて現状維持で行きたい人は、あたかも日食がないようなふりをして(それは無理としても、あまり意識しないで)なにげなく、淡々といつものように過ごしてください。

それから、明日は雲が多いそうですが、2009年の皆既日食のときも書いたように、曇っていても見えなくても、占星術からもアーユルヴェーダ的にも日食の影響は同じ だそうです。でも、見えた方が気分的には盛り上がりますよね (^^)

|

« 金環食の影響はどう出るのか? | トップページ | 生まれたばかりの自分になる。金環食は双子座の新月。 »

占星術」カテゴリの記事