« 金運を上げるコツ。 | トップページ | 30代のうちに。旅立ちのすすめ。 »

木星期に帳尻合わせ、できますから!

「大人」って大体何歳ぐらいからだと思いますか? 

日本の法律では二十歳ですね。トルコでは義務教育が5年間なので、13歳ぐらいの子たちがあちこちで働いていました。
また、アーユルヴェーダでは、8歳までお母さんと一緒に。その後16歳までかけて少しずつ一人で生きるトレーニングをして、16歳からは大人として扱います。インド人といえばチャイですが(南はコーヒーね)チャイやコーヒーは16歳からなんですよ、ほんとはね…現実はいろいろですが。10歳になる前に働く子もいれば、大学まで行く子たちもいるので、やはり20代前半ぐらいからでしょうか。

けれども、人生を受けとめて多くの経験をして心も体も成熟したといえるのは、私は、木星期ぐらい(46~55歳)からかなと思っています。
木星期の、少なくとも後半には、女性は更年期を迎え、体は成熟を超えてゆっくりと老化に向かうわけですが、それでも20代や30代とくらべると、ある意味「安定」していくので一種の成熟といってもいいと思うのです。

今日、マハリシクリニックの蓮村先生がtwitterでこんなことをつぶやいておられました。

@fundocq: ②アーユルヴェーダでは、神経系を含む身体は25歳で完成しますが、心はまだまだ未成熟です。(略)アーユルヴェーダで成熟した大人と言われる年齢は、およそ50〜60歳頃です。

50~60歳といえば、木星期から土星期(56~70歳)ですね。
火星期(36~45歳)までに思いきり頑張っておくと、木星期はわりとゆったり過ごせます。でも太陽や火星を使わず、すでに木星期に入っていても、木星期に太陽・火星・木星を同時に開花させた人たちは、以前にも書きましたが、たくさんいます。
木星期における金星その他の磨き方*

あなたは今何歳であっても、決して「遅い」ということはありません。むしろ諦めてしまって、つまらない金星や、生煮えの火星、張りぼての太陽のままで一生を過ごすのはつらいと思います。
人生は必ず間に合います。簡単ではないですが、間に合います。そして間に合わせ方は人それぞれ違います。どうぞ鑑定のときおたずねください。
→鑑定のお申し込みはメールで。contact★kelala-kirara.com  (★を@にかえてお申し込みください) 8月の中野トナカイでの鑑定は、1日、22日、29日の3日間のみになります。



Img_0699_2

「おやつにどうぞ~」といただきました。よく見えませんが、紅茶とお菓子。Kさん、ありがとうございます!

Img_0689_2

先週かな、鑑定中に咳がとまらなくなって水を飲んだり慌てていたら、お客様がバッグをごそごそ…「先生、アメどうぞ」って。手前のアメを手渡してくださいました(ちょっと見えにくいですけど) おかげで咳がとまりました。優しいなぁ…。ありがとうございました!

|

« 金運を上げるコツ。 | トップページ | 30代のうちに。旅立ちのすすめ。 »

占星術」カテゴリの記事