« 決して諦めない。射手座の新月。 | トップページ | あっという間に1日が過ぎて、それは濃く長く、ずっと残る。 »

星の言葉を話せる仲間。

外国語を習得するには海外へ留学して、朝から晩までその言語をシャワーのように浴びればよいといわれますが、では、星の言葉を学ぶにはどうしたらいいでしょう? 

いろいろ方法はありますが、24時間すべてをホロスコープとともに過ごすのが基本だと思います。

何をするときも何を見るときも、常に12サインで切り取り続ける。どんな場所にいても12ハウスにあてはめて、誰の何ハウスかを反射的に設定する。今ここでそれをしているのはどの天体なのか意識し続ける。…しかし、ご想像通り、これらを続けると誰でもちょっと変になります。よくいう「ちょっと、イっちゃってる」状態。

とはいえ、ホロスコープ読みを体に落とし込んで確実に読み解くようになるには、この状態をある程度は続けないといけないようです。

星と向き合うことは、孤独に耐えること。

そんななかで、同じ孤独をかかえる人たちと出会えることは素晴らしいことです。決して孤独を分かち合えるわけではないのですが、同じようにかかえている人がいるのを知ることはどんなにか励みになるでしょう!

わりと人見知りなわたしですが(本当に) 何度も何度も講座に通ううちになんとなく顔見知りになった仲間と、星の言葉で思う存分語り合いました。
トナカイまわりでは、芳華さんとか三上さんとか、創業メンバーだった河合さんとか下北トナカイの有元さんとか(ミズマチちゃんとも同時期に会ってたらしい…) 他にもタロ・デ・パリを教えてくれた蓮見さん、吉祥寺インスパイアの早矢ちゃん先輩、第三の眼で活躍してらしたMさんや心理占星術でご活躍のnicoさんたち…数えきれないほどたくさん、みんな「星の同窓生」です。

(そして、教える立場になった今も、教わりに来てくださる生徒さんたちのことも、じつは、「星の同窓生」と、こっそり思っています。悠久の時間の流れのなかでは教えるも教わるも大差ないのよ、たぶん…^^)



毎月1回、第4水曜日に中野トナカイで行っているホロスコープ読み練習の基本講座も星の言葉で語り合える場のひとつです。参加された方からいただいたご感想を少しご紹介します(掲載をご了承くださったみなさま、ありがとうございます!)

読み会では、質問の設定の仕方やチャートだけでなく、他のジャンルにも興味を持つ事など学ぶ点が多かったです。
特に冥王星のツッコミは、自分にも思いあたる節があってドキドキしました。
(Hさんより)

毎回、帰りは部活帰りの中学生みたいな気分です。みんなとワイワイするのも楽しいですし、あれはどう読むとかここが難しいとか、星語が話せる貴重な時間です。(Aさんより)

昨日はレベルが高かった~。皆さんの読みと発想が素晴らしく、私なんて口が貝になってしまいましたが、とてもとてもおもしろかったです

オポジションの表現衝動とスクエアの創造力。これ好きです。
占星術の勉強を始めたころは(私もいくつかあるので)「なんでもう、こんなにあるんだ(怒)!」(ソフトもあるのにこちらに目が向いてしまう。)とおもっていましたが、今では「スクエア、オポジションありがと~。上手く使っていくからね~」とおもっています(笑)
(Kさんより)

*****

☆★☆年内の鑑定について。ご予約…受け付けます!

えーと、まず隠れ家サロンはご予約満席になりました。中野トナカイも、ご予約2枠分は年内満席です…が、この年末は来年に向けての大事な時期なので、ご希望の方はご予約をお受けしたいと思います。今週末あたり、火星が天秤座に入りますね。ここからの流れは一気に加速していくので、来年の計画は入念に立てておくことを強くおすすめします。

ご予約いただけるのは、このあたりです。

●11日14時~14時半の30分のみ。
●25日12時半~60分または90分

自分についていえば、前にも書いたように2015年~16年あたりをひとつのステップと考えているのですが、来年2014年はわりと大事な準備時期なので、すでにこの秋頃からいろいろ準備を始めています。準備のための、準備。

未来を見据えて、具体的なアクションに結びつけるために、いつ、何を、どうするか。このあたりは、西洋占星術のばっちり得意分野です!

→鑑定のお申込はメールで。mukaimaki★gmail.com(★を@にかえて送信してください)

|

« 決して諦めない。射手座の新月。 | トップページ | あっという間に1日が過ぎて、それは濃く長く、ずっと残る。 »

鑑定や講座のご感想」カテゴリの記事

占いの学び方」カテゴリの記事