« ときには、ぎりぎりまで無理してみるのもいい。 | トップページ | 昨日の満月の影響で弱っているひとへ。 »

その夢が本物なら、誰かが応援してくれます。蠍座の満月。

はい、それでは、恒例の満月読みです。
本日午前5時15分、月は蠍24度で満月を迎えました。サビアンシンボルは「一人の男の話を聞くために山から降りてきた群衆」です。

この「男」は、たとえばキリストを思い浮かべてみてください。仏陀でもいいと思います。情熱を傾けてみずからの夢を実現し、こころの成長を説く彼の話を聞きに、多くの人たちが集まってきます。

前回牡牛座の金環食のとき、あなたはどんな目標を設定しましたか? わたしからのヒントは「金運を上げると、魂も上がる」→*でしたが(牡牛火星の女はこういうフレーズが得意。すまん!)
つまり、金持ち喧嘩せず(だから牡牛火星の以下略!) 牡牛座の得意な現実感、物質的な目標を設定してまっすぐに純粋に努力していくと、自然に精神性も高まっていきます。高名な経営者の方たちを思い浮かべると納得できますよね。

お金のことしか考えていなくて殺伐としてきた…みたいな人は、努力の方向が間違っているか、そもそも「何のためのお金」なのか考えてみましょう。
お金は、わたしたちが共通の価値を持たせているからお金なのであって、ひとたび何事か起これば、火を点けても焚き付けにもならないぐらいの紙でしかありません。

あなたの気持ちが本物で、努力の方向が間違っていなければ、きっと愛する人や身近な人たちが御あなたの話を聞いて応援してくれるはずです。この蠍座の満月でちょっと見直してみてくださいね。

|

« ときには、ぎりぎりまで無理してみるのもいい。 | トップページ | 昨日の満月の影響で弱っているひとへ。 »

月(ムーン・バイオリズム)」カテゴリの記事