« ラクシュミー先生のタロット講座 | トップページ | 水星逆行を生かして人生の達人をめざす。 »

金星でお出かけスタイルを見てみる。

今日の中野トナカイお店日記→でまつい店長が、進行の月4ハウスなのでお出かけしないでお家にいる~と書いてらして、ところが、「先々週はあそこへ行った先週はこっちへ行った、ただそれだけ」……週に1回も仕事以外で出かけているなんてスゴイ!…というのが、わたしの偽らざる感想(笑)

えーと、去年後半ぐらいからかな。私もプライベートなお出かけの機会がふえてきて、ときどき友人に会ったり食事やイベントに出かけたりしています。このブログにも書いていますね。自分ではかなり出かけている感覚なのですが、それでも月に2回出かけると相当多い方です。



ホロスコープでシンプルに見るなら、お出かけとか旅行は金星ですね。

中野トナカイでいえばまつい店長も、しょっちゅう気軽に旅行に出ているミズマチさんや芳華さんも、金星が活動宮。芳華さんなんて息子くんが3歳ぐらいから気軽にひょいと連れてお出かけしていました。

わたしは水瓶座の金星です。不動宮なので同じことのくりかえし。とことん味わい尽くす。もう20年近くずーっと同じ地域に暮らしていますし、観光旅行とか短期間の旅行が苦手で、長期でしかも同じ街で日々を暮らすように旅するスタイル。

ごはんもくりかえし食べます。飽きるまで食べる。誰かと一緒の旅だとたいてい毎回違うお店で違うものを食べましょうといわれるので一人が楽。お店の人と顔なじみになって、話をするようになったあたりで次の街へ出発(親しくなるのが苦手なのも水瓶座) そして帰国すると、図書館へ通いながら旅先で食べたごはんをまたひとつひとつ調べてみたりもします。

人生の根幹は月と太陽と土星なので、金星が直接人生を左右することはない。けれども、何をよろこびとして生きるのか、どんなことをよろこびと感じるのか。たとえ一時的にであっても、金星が満たされればいろいろ行きづまっていて苦しくても、また、ちょっと頑張れる面はたしかにあります。

ご自分の金星サイン(星座)をチェックしてみてください。
そのサインの分野ではなにがよろこびになるか。楽しいと感じるか。シンプルに「うれしい!」と感じることでいい。生きていることがどうしても苦しくなったとき、そこをちょっと満たしてあげると、また、本筋にもどって頑張っていけると思うのです。

金星のよろこびを知っていることは、どうしても苦しいときのお守りにもなると思います。「私の金星はどんな感じ?」という方は、どうぞ鑑定のときおたずねください。


*****

☆★☆ 「ラクシュミー先生のタロット講座」は、残席2となっております!


大阪ジュピターの毎日行列ができる人気占い師ラクシュミー先生をお招きして、再び開講します。タロットを学ぶすべての方たちに受けていただきたいおすすめ講座です。現在、残席2 になっています。ご検討中の方はそろそろ、ちょっとだけお急ぎください。
詳細はこちら→現場のスキルをばっちり伝授。*  
そして こちらも→初めて参加OKです。*

お申し込みはメールで。→mukaimaki★gmail.com(★を@にかえて送信してください)

|

« ラクシュミー先生のタロット講座 | トップページ | 水星逆行を生かして人生の達人をめざす。 »

占星術」カテゴリの記事