« ものすごく簡単で当たる相性読みの方法。 | トップページ | 実感できるあなたの豊かさとは? 牡牛座の満月。 »

ホロスコープで宿命的な部分を見るとすれば。

この頃何回も書いていますが、木星期(46~55歳)って、ほんと、忙しいですよ。火星期(36~45歳)の忙しさとちがって、やたらいろんなことが煩雑に入ってくる。木星は受信側の星なので、火星のようにみずから選ぶこともできず、とにかくやるしかない。と、こんなことをくどくど説明しているときは、あれですよ、たいてい疲れきってへとへとになってうわごとのように何か呟いていると思ってくださいまし(すいません)

そんなわけで、今日はブログ書く元気もないわ…と思いながら、丸の内線で中野トナカイのサイトを見ていて、所属占い師のブログをちょこちょこ見ていたら……まるごと食堂maruちゃんが、Vt(バーテクス)とAv(アンチバーテクス)について書いていました。

それでインスパイアされたので、ちょっと覚え書きがわりに。



ホロスコープはいわゆる「宿命論」に縛られるものではなく、全宇宙のなかでこの小さなカラダをもった私たちが、人生をどう動かしていくのか、それは無意識の集合体である魂(と呼べるなら)にとってどんな意味を持つのか……と、まあ、こんなようなことを読み解いていくツールです。

唯一、宿命的な部分があるとすれば、それはVtとAvであるといわれ、アセンダント(ディセンダント)やMC(IC)と同じくらい重要であるとされています。

鑑定のとき、私は、ノードやVt、Avは常にチェックしています。
わざわざお伝えすることはめったにありませんが(ディグニティをお伝えしないのと同じです) 全体を俯瞰したとき、ナチュラルな落としどころになることが多いように思います。



これはちょっと、微妙なのでブログでお伝えできるかどうか……。
書かずには死ねないと思っていることのひとつなのでメモしておきましょう。

心のいちばん奥深くに持っている素顔の自分、あるいは何を喜びとして生きるのか。ここが満たされないまま、時間が過ぎるのだけを待つ人生は過酷です。
が、個人の感情や楽しいこと好きなことだけを追求する人生もまた悲しく、恐ろしいものだと思うのです。

この世界にこのカラダをもって生まれてきた私たちは、その使命(というものがあるならば)を果たしてあちらへ還っていく。小さな個人(小我=エゴ)を超えて、大きな自分(大我。集合無意識)とつながることが、私たち共通の目的であり、それこそが人としての進化なのだろうと思います。

魂の修行とは?自分を磨き、宇宙とつながる。*



ノード(ドラゴンヘッド、テイル)や、Vt(バーテクス)Av(アンチバーテクス)のほかに、私はリリスをわりあい重視している方です。もちろんその他の小惑星もテーマに応じてチェックしています。

ちなみに、私自身はノーアス水星がVtとぴったり合です。リリスは冥王星土星と正確なグランドトラインです。→晩年、充実の性生活(笑)*
(このように自分のホロスコープで疑問に思ったり不思議な感覚を持ったことについては常に探っていくので、占い師として読みのスタイルにも影響していくわけですね) 

 
勉強が進んで、10天体とアングルをばっちり読み解けて、感受点や小惑星についても知りたいという方は、どうぞ講座やレッスンのとき、ご質問ください。鑑定でもお答えしますが、細部にとらわれないことがホロスコープ読みの基本なので、ご自身がそこだけにとらわれないようにさらっとお伝えすると思います。だから、宿命的な部分であるにもかかわらず(いえ、だからこそ) あんまり面白くないかも(笑)

***

☆★阿佐ヶ谷カレー&占いフェスティバル→*

カレー名人のmaruさんがまたイベントを企画しました。実はとても優秀なグラフィックデザイナーでもあり、私とは南インド仲間でもありまして。そのうち、ケララトナカイとか、カニャクマリトナカイとか、現地インドでもやっていただきたい^^

O0524074113120873660

***

|

« ものすごく簡単で当たる相性読みの方法。 | トップページ | 実感できるあなたの豊かさとは? 牡牛座の満月。 »

占星術」カテゴリの記事