« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

星とタロットのお茶会。

トップエントリーをごらんいただいたみなさまから、多数お問い合わせいただきましてありがとうございます。4月29日(水)14時半~16時半「星とタロットのお茶会」について詳細をお知らせいたします。

***

「星とタロットのお茶会」
このイベントは満席となりました、ありがとうございます!

●日時=4月29日(水)14時半~16時半 

***

わたしはお茶の時間が大好きで、たとえば初めての会社へMTGに行くときは1時間近く前に着いてその近辺でお茶を飲んだり(マーキングの一種) トナカイ入店日も朝は中野で帰りは新宿と、行きも帰りも道草してコーヒー飲んだりします。
そして、2年隣に座っていながら最近知ったのですが(職場の仲間ってこれぐらいが理想) トナカイ水曜日のスイーツ王子もといタロット王子と異名をとる桜田ケイ先生も、お茶の時間が人生の多くを占めているようです。

ケイ先生とわたしの共通点は、月がそれぞれ牡羊座と双子座で乾いた性質を持っていることと、太陽が乙女座と山羊座なのでやはり乾いた性質を持っていること。乾きにはうるおいが必要なので、お茶が好き。…ってウソですから!(そんなロジックはありません(^_^;…いや、えーと…なくはないのですが、ビューティー占星術の分野なのでここでは省略)

このお茶会のテーマは、ずばり、「みんなでお茶を飲む」! 

好きな飲み物をもって集まって、ちょっと甘い物でも食べながら、祝日(昭和の日)の午後をまったり過ごしましょうというのがテーマです。占星術やタロットの質問にも多少はお答えすると思いますし、トナカイ裏話なんかも飛び出すかもしれませんが、基本はお茶会。いつもみっちり講座やレッスンをやっているので、たまにはのんびりお喋りでもしてみましょう。どこかお出かけの途中でふらりと立ち寄っていただければ幸いです。

お茶(飲み物)はご用意しますが、各自お好きなものをお持ちいただいてもかまいません。お菓子も少しご用意する予定ですが、こちらも各自少しずつお持ちいただければ幸いです。講座中や鑑定中の飲食は原則としてご遠慮いただいているのですが(これも理由があるのですが、ここでは省略。気になる方は当日訊いてください^^) この日は無礼講ですので(笑)

ということで、なんだか、すでにお茶を飲んでくつろいでいる感じのお知らせになってしまいました。おついでのある方、ちょっとお時間ありそうな方はどうぞお気軽におこしください。晴れるといいですね~^^

|

「すべては何とかなるから大丈夫。だって日は過ぎていくものだから。」

春分を迎えて、空気感が変わったのを感じ取っていらっしゃる方も多いことと思います。こんなこともときどき書いていますが、どうか体調をととのえながら新しい年を楽しんで行きましょう!→お彼岸はご先祖様のお節介→*。



わたしは今回、亡くなった父の初彼岸だったのでしばらく山奥の実家に一人で滞在してきました。「まさか本当に一人で滞在するなんて…!」と親戚全員が心配するような山奥(笑) でもって遠州地方(浜松近辺)はお葬式よりも初盆の方が大変といわれる土地なので、お彼岸の次に来る8月のお盆の計画と相談と心配をしているような状態なのですが…。

タイトルは、父のいとこにあたる方の言葉です。正確には遠州弁なので意訳してみました^^
お彼岸の細かいこともたくさん教えてもらって、次は初盆が…どうしましょう~…とあたふた相談するわたしに、

「心配せんでもいいだよ。日は過ぎていくだで。四十九日だって何とかなったら? お彼岸も何とかなったじゃん。初盆だって何とかなるだよ。」 (原語(笑)だと大体こんな感じ。遠州地方の方でないとニュアンスがわかりにくいかも…)


時間は誰にでも平等に経過していくもの…と、わたしもいつもお話していますが、78歳の言葉で語られると、それは現実に落とし込まれた哲学のようで、本当に土星そのものでした。実際には71歳からは天王星期ですが、だからこそ、過ぎた土星期について味わい深く語れるのだろうと思います。

木星期に入ってしばらくすると、太陽期火星期をふりかえれるのも同じですね(火星期はふりかえっているひまはないので太陽期について語ることはあまりないかも)

わたしたちは過去から学ぶことがたくさんあるのだと思います。そうして、もし、あなたが未来を知りたいなら、自分にとって未来である時間がすでに過去になっている人たちの言葉に耳を傾けるのもひとつの方法だと思います。

さて。占星術は時間とともにあって、時間の可能性を自分の可能性に置きかえて未来を切りひらいていく道具です。
ご先祖様のお節介の季節に、わたしは、自分や家族や親戚がどんな時期にいるかを読み、それによって今後を決めたり、調整したり……運命は決して決められているものではないことを実感しながら、まして家運によって個人の人生が左右されることなどないのだと、そんなことも思いながら、ご先祖の一人になった亡き父と話してきたのでした。

*****

☆★☆明日は中野トナカイです!

終日ご予約いただいております。ありがとうございます!
4月のコンサルテーション枠はまだまだお好きな日程でご予約いただけますので、ご検討中の方はお早めにどうぞ。
また、いよいよ22日から12カ月連続講座開始です。どんな現場でもどんな場合にもちゃんとやっていけるプロをめざす方はぜひ。→詳細とお申し込みお問い合わせはこちらから・*

|

「なりたい自分」を無意識に刻み込む。魚座の新月。

2015年3月20日18時36分、月は魚座30度で新月を迎えます。
サビアンシンボルは「巨大な石の顔」です。

12サイン(星座)の最後の最後、頑丈で壊れにくい硬い石にここまで進化してきた人間の意志が刻まれます。

今回の12サインのサイクルでの進化は次のサイクルに入る前に、石に刻まれて無意識の底へ沈み、霊的な永遠となって生き続けるのです。
このあとはすぐに牡羊座1度=春分点です。ですから、硬くなって形に残しておかないとまずいわけですね。

この新月では、自分の心の奥深くに何があるのか探ってみてください。

今回の新月は、すぐあとに春分をひかえていて(この春分もまた印象的な配置…) 想念を形にしやすいときです。なりたい自分をイメージすると、その通りになる…というあの感じは、ある意味実現しやすくなります。

もちろん、ちょっと夢見るとかお願い事を書いてみるぐらいでなく、ぜひ、あなたがここまでやってきたことや道すじを意識しまくって、その上で無意識の領域に落とし込んでください。微細な部分までも具体的にした強烈なイメージトレーニングとか、お願い事なら1万回ぐらい書いてみるとか。

無意識に刻みつけることで、意図しなくてもナチュラルに、なるようになります。(ヒントとしてはこのあたりも→新月の願いを叶える方法*

*****

☆★☆水曜トナカイ「12カ月で占い師になる!」講座、引き続きお申し込み受付中です!

プロ志望の方、占いで食べていきたいと真剣に考えている方、売れっ子占い師をめざしたい方、そしてプロレベルの実力をつけながら本職や人生に占いを生かしたい方も、ご一緒に1年かけて学びましょう。お問い合わせ・お申し込みはこちらからどうぞ!→* 

|

4月のスケジュール!

↓↓↓向真希のホロっとスコープ。最新記事はこのすぐ下から↓ ↓ ↓

*****

*すべてのご連絡について。プロバイダアドレスまたはwebアドレスでお願いします。やむをえないとき以外キャリアメール(携帯メール)のご使用はお控えください。 →大切なお願い*

*すべてのお申し込み前に。こちらも必ずお読みください。 →料金のお支払いについて*

*お問い合わせのみの場合も必ず、お名前(ご本名)と携帯番号を必ずお書きいただけますようお願いいたします(HNやご連絡先のない場合やキャリアメールからのご連絡にはお返事できかねることもあります)

*****

<中野トナカイでのコンサルテーション&セミナー>

4月1日 8日 15日 終了いたしました、ありがとうございました!


4月22日(水) 
コンサルテーション枠は満席となりました、ありがとうございます!
14~17時 水曜トナカイ「12カ月で占い師になる!」講座→* 満席御礼!

4月29日(水)コンサルテーション枠は満席となりました、ありがとうございます! 
14時半~16時半 「星とタロットのお茶会」 →詳細* 満席御礼!
おためしタロットご希望の方は、お茶会後の16時半過ぎにおこしくださいませ^^

(*開始時間はめやすです。ご予約状況によって前後することがあります。)

★当日空きがある場合、お店かわたしの携帯に直接お電話でご予約いただくことも可能です。→中野トナカイの電話 03-3387-4355 (コンサルテーション中は出られないため、必ず前もってメールでお願いします)

★中野トナカイでのコンサルテーション料=60分10800円(以降10分ごとに2160円。ご予約時に90分ご希望の場合16200円(1080円割引)・120分をご希望の場合21600円(2160円割引)(いずれも税込。前もってお振込みいただくか、当日現金でお支払いをお願いしております)
(*中野トナカイ共通メニューのおためしタロットは10分間1000円(税込)です)

【コンサルテーションのお申し込み方法】

以下1~8をコピペしてすべてご記入の上お申し込みください。

1)お名前(ご本名) 2)性別 3)ご連絡先メールアドレスと携帯番号 4)ご希望の日時と時間(必ず複数お書きください) 5)生年月日と生まれた時間 6)生まれた場所 7)現在のお住まい 8)ご相談の内容(大体60分で1件か、関連する2件程度がめやすです。仕事と恋愛など分野がまったくちがう2件以上のご相談は90~120分でご予約ください。初回の方は90分以上でご予約ください。)

*お生まれの時間は母子手帳、ご親族などからお聞きになってなるべく正確にお調べください。
*このページの一番上にある「大切なお願い」と「料金のお支払いについて」も必ずお読みください。

お申し込みはメールで→mukaimaki★gmail.com
(★を@にかえて送信してください)

<向真希の講座!>

4月8日(水)10時半~12時半 ホロスコープ読み基本練習講座@中野トナカイ
この講座は終了いたしました、ありがとうございました!

今回で通算44回目になります。初心者から中級、デビュー直前の方までどなたでもご参加いただける基本のホロスコープ読みの基本講座です。読みの手順は最初に解説しますので、それにそって少人数でじっくり丁寧に読んでいきましょう。ネイタルチャート(出生図)を確実に読み解くことで三重円や相性読みにも応用できます。
*10天体・12ハウス・12サインの意味がざっくりとわかる方、自分で読もう!というやる気のある方なら、どなたでもご参加いただけます。プロデビュー前の基本ブラッシュアップ講座としてもご利用ください。

<西洋占星術 個人レッスンまたは10時間鑑定>→* 

中野トナカイ(水曜日)または隠れ家サロン(原則として土曜日)で継続して行っております。レベルと目的に合わせて、初心者から中級、プロレベルまで内容を組みかえていきますので、確実に実力をアップさせ、またご自身の人生への理解を深めることができます。2時間×隔週で5回を基本にスケジュールを組んでいきます。全く初めての初心者から、すでにプロの方やプロデビュー直前の方まで、マンツーマンでじっくり学びたい方におすすめです(今すぐお申し込みいただいた場合、2015年5~6月開始になります。)
*隠れ家サロンでのレッスンは7月末で終了いたします。サロンでのレッスンご希望の方はお早めにお問い合わせ・お申し込みをお願いします。

 

|

旅は運命を変える方法のひとつ、だろうか?

明日は通常コンサルテーション@中野トナカイです!

全枠ご予約いただき、満席となっておりますが、おためしタロットご希望の方は、16時半におこしくださいませ(17時終了です)

先日30分のみご希望の方がいらしたので、当日突然枠のみ30分コンサルテーションもメニューに入れようか検討中です。2回目以降の方や中級以上までしっかり学んでいらっしゃる方でしたら、情報量としては十分かと。ご希望の方は当日枠に余裕のある日におこしください(約30分7560円(税込)になります)

☆☆☆

ちょっとだけ雑記です。珍しくぶっつけ本番で書いてみます。ほんとにただの雑記。

先ほどテレビでバンコクの様子が映し出されていました。

屋台のカオマンガイやセンミーナムの値段が、なんとなく、わたしが覚えているよりも10~20バーツ高くなっていて、タイの物価が上がっているんだなあと…。見覚えのある風景も少しずつ変わっていたので「昔はこんなだったのよ~」と息子に教えたら、すかさず「昔のことを懐かしそうに語る年寄り」と言われ、「ごもっとも」「しかも国内じゃなくバンコクの路地裏」……(笑)

かつて強い円を背景に世界中を旅したバックパッカーたちが、いまは40~50代60代ぐらいでしょうか。海外で事件が起こったとき、メディアやweb(webもメディアの一種ではありますが)の情報だけに左右されないで、自分が実際にふれあった土地や国や人たちを思い、日常食を思い出しながら、多くのことを考えるようになっているのは、悪いことではないと思います。旅を経験した人たちは時間の経過とともに、あたかも生まれ育った地を懐かしむように、異国の風景を懐かしみながら年齢を重ねていくのでしょう。

長い間、いろいろな国を旅行して人生は変わったのかといえば、わたしの場合は変わらなかったし、多くの人がそうだろうと思います。たかが旅で人生は変わらない。たかが結婚、たかが仕事、たかが子育て……何でも同じですね。それらは結果でしかない。旅や結婚や仕事や子育てや……その他多くのことは、変わったからこそ結果としてあらわれているだけだと思います。

さて。土星期のわたしからメッセージがあるとすれば…以前にも書きましたが、30代までに、できれば太陽期までにできるだけ遠くへ行ってみてください

いまは土星が海外をあらわす射手座にいます。土星は必ず物事を現実的な形にしてくれる星です。未来が見えなくて夢に押しつぶされそうになったなら、思いきって遠くへ行ってしまうことも解決方法のひとつです。

そして、土星射手座時代の間にもう一度、いまは土星期前後になった50代の海外旅行ブーム(に近い流行)が訪れるかもしれないと楽しく夢想したりもしています^^

ご参考までにこのあたりも。→30代のうちに。旅立ちのすすめ。*

|

占いは手段にすぎないのだと思う。

えーと、再び続きです。

他者へのイライラから「観察メソッド」を習得したわたしは(というと、あたかも独自に開発したかのようですが、内面への旅を続けていたとき何度か似たようなヒントをもらっていて、この時期に現実のなかで具体的に実践できるようになったのでした。この話もどこかに書いてありますが、見つからないのでリンクはれなくてすみません。)、これでいろいろな講座の中身をあますところなく吸収できる!と思ったのですが……。

あるとき、ある先輩占い師さんからこんな話を聞きました。

2~3年通えばプロの占い師になれるカリキュラムの定期講座に通ったそうですが、「実際には半分以上の人たちがホロスコープを読めるようにはならなかった」「読めない部分を他の手段で補おうとするので結局いつまでもちゃんと読めない」……この方は、すでにプロとして活躍しながら基礎をやり直そうと通っていたそうですが、周囲の方たちを見ていて「とりあえず講座に通えば占い師になれるわけじゃないのにね」と教えてくれました。

これは、ちょっと(いえ、かなり)衝撃でした。

とりあえず講座に参加すれば…。とりあえずスクールに通えば…。とりあえず言われたことだけやっておけば…。でも、それではダメなのです!

占い師になって何をしたいのか。目的はここです。
そして、目標はまず占い師になること。そして、勉強はそこに至るまでに過程にすぎない。
講座も、ただその一環であるだけなのに、教えてくれる先生がいる環境に入ると、無意識に受け身になって、通うこと参加することを目的にすりかえてしまう。

仕事でも同じですね。

あなたの仕事の目的は何でしょう?
その仕事で社会に貢献したいから。自分の好きなことを続けたいから。お金がほしいから。夢のために貯金したいから。目立ちたいから。……人それぞれ目的がありますね。

仕事はそのための手段にすぎない、「会社員」とか「自営業」とかは、環境や立場にすぎない。自営業やフリーランスだと、自分で仕事をつくってお金を得なければなりませんが、毎月一定の収入が得られる立場にいると、つい、受け身になって、ちょっと疲れた火が続くといつの間にかとりあえず「給料を得ること」を目的にすりかえてしまう面があるのは否めません。

この先輩占い師さんの話で、わたしは「占い師になることは目標にすぎない。どんな仕事も手段にすぎない」ことを再確認することができました。

そうして、もしかすると、いままでやってきた仕事も、これからやろうとしている仕事も、それほど変わらないのかもしれない。だいぶ年齢を重ねてから勉強を始めたわたしでしたが、この頃になってようやく占い師としての自分のスタイルについて漠然と考え始めたように思います。

ということで、この4月から水曜トナカイ「占い師育成講座」が始まります。

実は、最初はね、プロ養成講座、みたいなタイトルだったのですが、桜田ケイ先生の「『占い師』ってプロでなくてもいいですよね」という一言で、プロを削除。
(月双子のわたしが、ああかな、こうかな、ちょっと違うな…とだらだらと何回にも渡って書き続けてきたことを、たった一言で言いきるケイ先生は月牡羊…)

そして、養成を 育成 に変えてみました。一定の技能を身につけてもらうのが養成講座だとしたら、技能の、その先にあるものをより深くお伝えしながら、生き方としての「占い師」になってもらいたい……。いわば占い師としての自分を育てる講座 として位置づけてほしい。そんなふうに考えたからです。

プロであるかどうかは、手段にすぎない。占いを通じて、自分を知る。深く掘り下げる。このことがもたらすものは、はかりしれないほど大きいと思います。

こちら→*にも書いているように、この講座では占いのその先にあるテーマ(自分ブランディングの秘訣、webの効果的な使い方、接客とコミュニケーションの基本など)も幅広くカバーしています。この12カ月は、占い師としてのスキルを身につけるだけでなく、きっとあなたのこれからの一生のすべての役に立つと思います!

すでにお申し込みいただいている方たちは、すでにプロの方、プロ志望の方、初心者の方、「自分を知る」ために…という方たちなど、多彩なメンバーです。ぜひ、あなたもご一緒に、水曜トナカイで学んでいきませんか?

お申し込み・お問い合わせはこちらからどうぞ。*

|

怒りや悲しみをチャンスに変える!

12カ月講座→*のご案内のつもりで書き始めたのにだいぶ長くなりました。では、続きです。

ここまでのエントリーはこちらです。
なぜこうなってしまうのか知りたかった。恋とか仕事とか結婚とか。*
楽しくここちよく…どうやらそれだけでは人生は変わらない。*
独学で学ぶとき、強い覚悟だけでは足りないかもしれない。*

さて。継続してしっかり学ぶためには、強い覚悟といろいろな講座、特に3カ月とか1年とか定期的に通って学び合える仲間がいる環境が大切だと思います。

講座は、たくさんあります。各種スクールやカルチャーセミナー、お店や個人が主宰する講座など本当にたくさんあります。

単発の講座は、1回でぎゅっと濃縮された内容を学べますし、定期講座はさらに幅広く、深く、テーマを掘り下げていける。地方在住の方はちょっと厳しいですが、東京あるいは大阪近辺なら、より自分に合った講座、教えを受けたい先生の講座をどんどん受講することができます。

そんなわけで、先のエントリーにも書いたように、もう講座三昧だったわたしですが、途中で「これはもしかしたらまずいことになる恐れがある…」と思いました…。

ある講座に参加したときのこと。

後ろの方で携帯の着信音が鳴りました。すぐやみましたが、そのあとも2~3回。そうして、講師の先生の話が一段落したとき、ほとんど講座を聞いていなかった(と思われる)その携帯の方がすかさず手を挙げて「私のホロスコープは~~~なんですが、この場合どうしたらいいんですか?」と、講座とあまり関係ない個人的な質問が長々と続きました。

当時のわたしは前のめりになって必死に学んでいたので、講座とは全然関係のない質問で時間を私物化する人にかなりイライラしました。

しかし、このとき、これはちょっとまずいなと気づいたのです。

ああいう人はどこにでもいるから「仕方ない」と諦めて、質問が終わるまでイライラしながらノートを見ているのってどうなんだろう……? 
せっかく自分を知りたくて占いの勉強を始めて、大切な学びの時間なのに、怒りをかかえて肝臓をいためることはないですよね(アーユルヴェーダのノートを思い出しながら怒りの道すじをたどる)(笑) 

他の参加者の時間を奪って長々と個人的な質問を続ける人も、内面にかかえているものがあるからこそそういう行動に出たのかもしれません。

唐突で迷惑な行動。でも、それは、明日は自分がやってしまうかもしれない。何よりも、この頃にはプロの占い師になろうと思っていたので、たくさんの方の内面をたどる仕事をしようとしているのだから、こういうときは、人を観察するよいチャンス!……イラついている場合じゃないわ(笑)

それで「こんな質問をする人のチャートはどの部分がどうなっているんだろう?」と観察してみようと思いました。
わたしはもともと怒りや悲しみを原動力にして生きてきたので、イライラするのは得意だったのですが(笑)その後は同じようなことがあってもイライラはほとんどなくなりました。



そして、この観察メソッドは、本業の仕事や私生活にも応用できることがわかって、わたしの人生からストレスが大幅に減りました(しかし、もともと、常にとんがらないとやっていけない仕事をしてきたので、そこは一長一短ありますが)

*よろこびや楽しみによって力を発揮できる人と、怒りや悲しみによって力を発揮できる人がいます。また、他者によって助けられる人生と、みずから努力してつくっていく人生があります。一時流行したポジティブシンキングや引き寄せの法則は前者ですし、いつの時代にもいる苦難の末に成功をかちとるのは後者です。これらはホロスコープからわりあい簡単に読み解けます。

そして、もうひとつ。実り多い講座に通いながら、これはみんなが陥りやすい落とし穴かも……と思ったことがありました。
(続く)

*なんだか自分の勉強中(修業時代)の回想っぽくなってきましたが、あと1回ぐらいで終わりますので、よろしければおつきあいください。

*****

☆★☆4月のスケジュールは、今週中にアップする予定です!

もうちょっとだけお待ちくださいませ。4月は水曜日が5回あって、4回目の22日は「水曜トナカイ占い師育成12カ月講座」、5回目の29日は祝日なので……いろいろと調整中です、うふふ^^

|

ノーアスの月をどう生かすか?

昨日は中野トナカイの水曜日。午前中は月に1度のホロスコープ基本読み練習講座で、勉強中のみなさんが集まって初級読みの練習! 

わたしの読み講座は、2回目以降参加の方からサンプルになっていただいて、みんなで寄ってたかって^^ずんずん読んでいきます。

なぜ2回目以降か?」というと、サンプルさんの答え方も講座の一部だからです。ホロスコープのご本人へのヒアリングによって、教科書や本で読んだ内容に肉付けして読んで行くトレーニングができるわけですが、このとき、質問に的確に答えることも大事なんですね。

たとえ、教科書に書かれていて古くから多くの先達が言ってきたことでも、いま目の前にいるご本人とは合っていないこともあります。このあたりを丁寧に検証しながら読んでいく。言葉をおろそかにしない(自戒も込めて…)

コンサルテーション(鑑定)とちがってみんなで共有する学びの場なので、読んで行く参加者のみなさんは感謝とともに、リスペクトを忘れないで丁寧に読んでいかれます。サンプルさんはそれに応えて、あるていど覚悟をもって内面をさらけだしてくれます(実は、この姿勢は、どんどん勉強が進んで、もしかしたらプロになったときとても役に立ちます)。

さて。昨日の読み講座でちょっとお伝えしきれなかったなと思うことがありました。

天体が他の天体とメジャーアスペクトをもっていない場合「ノーアスペクト」といいます。昨日サンプルになってくださった方は、月が奇数ハウスにあってノーアスでした。

奇数ハウスはわりととんがった場所で、表にさらけだされた現場です。ここにひとりぼっちの月があるので、なんとなく自信が持てなかったり傷つきやすかったり、常にどこか不安定だったり、自分でも自分がこころもとない感じがしたり……。ホロスコープで他の部分がどんなに円満であっても。月は素顔の自分なので、他が円満であればあるほど「ほんとのわたしは違うのに……」と思いたくなるでしょう。

「ノーアスの月を癒やすにはどうすればいいか?」とのご質問があったので、「月がいわゆる『癒やし』を求めているとは限らない」ことをお話したうえで「サインとハウスに対応した安らげる行動やくつろげる場所へ……」と、さくっとお話しましたが、たとえば、安らぎ=のんびりではなく、より厳しくきりりと管理されると安らげる場合もあれば、きちんとメイクしてしゃきっと仕事をしているのがくつろげる場合もありますね。時間がなかったこともありますが、このあたりをもう少しきちんとお伝えすべきでしたm(__)m

月のサインとルーラーの状態、ハウスとルーラーの状態、そして講座の最初にお話したように、面倒でも全体を丁寧に見ながら、ご本人へのヒアリングとホロスコープ全体のバランスで見きわめていきましょう。

ご参考までに。→このあたり*で詳しく書いていました。(松村潔先生のご著書からの引用含む)

サンプルになってくださったAさんは、なかなか微妙なことやちょっと複雑なことも、言葉を選びながら根気よく誠実に話してくださったので、みなさんの学びもより深まったことと思います。Aさん、ありがとうございました!

そして。

午後のコンサルテーションにおこしくださった方々、世界にたったひとりのあなたのホロスコープをわたしに読み解かせてくださってありがとうございました。どうぞお一人おひとりが素敵な人生を創って行かれますように。心から祈っています!


*****

☆★☆3月のコンサルテーションは残り1枠となっております!

4月のスケジュールがなかなか決まらなくてすみません。すでにフライングでお申し込みいただいておりますが、毎週水曜日の午後は決定です(22日除く)

4月22日は、いよいよ水曜トナカイ12カ月講座スタートです。あと1名様のみお申し込みいただけます。ご検討中の方はちょっとだけお急ぎくださいませ!

|

独学で占いを学ぶとき、強い覚悟だけでは足りないかもしれない。

では、これ→*と、それから このエントリー→*の続きです。

ここまでを簡単にまとめましょう。
西洋占星術を選んだのは、あやしくなかったからであり(笑)

そして、まったくやったことのない分野でありながら、勉強を進めるうちに、長年コピーライターとして関わってきた広告業界の世界観(アイデアと知性と努力を武器に多くの人の心をつかむ)と、実はとても近いものがあることもわかってきました。

その他にもユング心理学のベースがあったとか、お寺と縁続きで仏教を少しかじったとか、マクロビオティックを実践してきたとか、アジア各国を長く旅して多くのものを見てきたとか、アーユルヴェーダによって多くのことを得たとか……もちろん、結婚したり子どもを生み、育てたり、縁もゆかりもない土地で家庭を持ち、いちから人間関係を築いててきた……などの多くのことが、いま思えばすべて理由になっています。

西洋占星術は、この世にこの身体をもって生まれてきた、その可能性をとことん広げていく視点で人を見ます。個人ではどうしようもない時代や世間のなかでもどうにかして活路を見出していける。それが西洋占星術なのであれば、どうにもへんてこりんでどこかがおかしい…と思っていた自分の「これまでの人生のすべて」が生かせると、当時のわたしはなんとなく、無意識に思ったようです。

さて。そんなわけで真剣に勉強を始めたわけですが、のっけから、えー、なに、これー、……よく知られている12星座の星占いとは、まったくの別物であると知ると、相当とっつきにくくて難しい……。一人では本読んで、ネットであちこち読んでいてもだめだと思い(ネットはほとんど使えないことをあとから知る)いくつかの講座に通うことになりました。

初心者講座は、これは何度も書いていますが、下北沢にあった子育てNPOが主宰してくれた格安講座(講師はまついなつき現トナカイ店長!)。ですが、これは例外中の例外で、その後は週に3回ぐらいあちこちの講座に通っていたので合計すると「うわあ!」と叫びたくなるような金額……。→キャメレオン竹田ちゃんの大きなお目々がさらに大きく。*
1年で7ケタの大台に乗って、当然仕事時間は大幅に削減され、税理士さんにつっこまれたという伝説をつくりつつ……わたしの勉強は進んでいきました。

ここで大切だと思ったのは、わたしはそこそこの年齢でもあり、強い覚悟で仕事(プロジェクト)と取り組んだ経験が何度もありました。
それでも、その強い覚悟が崩れそうなくらい小難しい勉強、わかりにくい内容に直面したとき……講座があってこそ、たくさんの講座に通っていたからこそ、乗り越えることができたと思っています。

→やる気がないときはもちろん、やる気があるときも、意志の力に頼りすぎないことが大事だと思う。*

わたし、わりと目が悪いので、どの講座も可能な限り一番前に座って、じーっと講師の先生の目を見つめながら、手元は常に動かしてメモをとります。先生の説明がわかりにくいとき、首をかしげると……ほら、一番前って目立つので、先生がわかりやすく言いかえてくれたり、例題を話してくれたりします。

そして、休憩時間には周辺に座った方たちと、疑問や質問、驚きや近況報告などで忙しくおしゃべり。わたしは長い間「最高齢の新人」だったので、みんなにいろんなことを教えてもらって過ごしました。

「お茶、飲みましょう♡」みたいな誘い方をする人は少なくて、「さっきのあれはどういう意味なんでしょう?」と真剣に話しながら駅へ向かい、結論が出なくて駅の近くのお店に入ってさらに話し合う……みたいなことが多かったような。

そのうち、数人でホロスコープ読みの練習クラブをつくって月に1回ぐらい集まったりもしました(一通り読めるようになったら、あっさり解散。あくまで学びの仲間であって仲良しクラブではないので)

特に印象深いのは、2007年から2008年にかけて,当時の松村潔先生の事務所で12カ月にわたって行われた「サビアン占星術講座」。当時Yさんが主宰となって、牡羊座から魚座までの12サインを毎月1回×12カ月、朝から夜までまる一日かけてサインごとにサビアン30度をとことん掘り下げる講座でした。

いま思えば、わたしはまだまだ初心者同然。プロが半分ぐらいいて残りも相当勉強していた方ばかりという非常に場違いな空間へ飛び込んでしまったわけで……たしか質問できるようになったのは天秤座ぐらいから(笑)

すでにプロとして活躍している方たちのリアルな話にインスパイアされるものは多く、いろいろな意味で実り多い1年でした(ちなみに、現在トナカイにいる芳華美々子さん、創業メンバーだった河合めいさん、のちにタロー・デ・パリを教えてくれた蓮見天翔さんも、このときの仲間です)。

つまり、強い覚悟=意志の力だけではくじけそうなとき、高いところにいる大御所や大先輩の講座、ちょっとした楽しいおしゃべりや志を同じくする仲間との切磋琢磨など、環境に助けてもらうことでわたしたちは困難な勉強であっても継続できるのだと思います。

というわけで、月に1度×12回の講座に参加して本当によかった……。
しかし、この助けてくれる環境=講座には、実はちょっとした落とし穴もあることに、わたしは気づきました……。(さらに続く)


*長くてすみません! 本来、水曜トナカイ12カ月講座のお誘いのために書き始めたのですが、すでに残席1(3月10日現在) ですが、どうしてももう少し書いておきたいのでどうぞおつきあいくださいませm(__)m

*****

☆★☆水曜トナカイ12カ月占い師育成講座、始まります!

詳細とお申し込み先はこちらからどうぞ!→*

☆★☆明日は中野トナカイです!

午前のホロスコープ読み基本講座、午後のコンサルテーションともに全枠満席です、ありがとうございます!(おためしタロットご希望の方は、17時ちょうどにいらしていただければ1名様のみお受けいたします)

|

楽しくここちよく…どうやら、それでは人生は変わらない。

公私ともにいろいろな事情が重なりまして(事情といえば、浮き世の義理しがらみを連想しますが、木星期のしがらみ発生加減といったら…というより木星期以後といいかえておきます)…ま、そんなわけでお待たせしてしまいましたが、
このエントリー→なぜこうなってしまうのか知りたかった。恋とか仕事とか結婚とか。*の続きです。


そんなわけで、とにかく占いの勉強を始めようとしたとき、わたしは、この世にたくさんある占術のなかから、西洋占星術を選んで、いきなり学び始めました。本当にいきなり、唐突に。

いまふりかえってみると、人生をぐいっと方向転換したくて、まず、まったく縁のなかった世界に飛び込んだのかもしれません

ちょうど、わたしのホロスコープでは30年に1回の新月を迎え、内面にリセットをかけて、すべてのテーマを新たに設定する時期でした。また、土星がアセンダントに近づいていて、これも自分リセットのチャンスですね。*年齢にもよりますが、土星って強い味方です。土星が来て「厳しい~」と思っている方は、別のところをチェックしてみましょう。


どんな勉強もそうなのですが、大人になって何かを学ぶときは、集中が大事です。

わかりやすくいえば、お金か、時間か、あるいはその他の何かでもいいのですが、自分がいま大切にしていることに向けているエネルギーのほとんどすべてを勉強に向ける。

趣味でのんびりやっていくならその必要はありませんが、「プロになろう」「これで食べていこう」と志したら、それまでの生活を変える覚悟が必要です。

そして、仮にプロにはならなくても、たとえば占いを学んで自分の内面を深いところから知って理解したい、ここまでの人生を方向転換する道具として使いたいと思う方は、やはり、同じだと思います。

これは書いたことあるかなあ……講座では何回かお話していますが、ホリスティック医学の専門家からこんなことを言われたことがあります。

「ここちよく、楽しく、知らないうちに元気になれる~なんて甘い! 血反吐を吐く覚悟でないと、身体はそう簡単には変わらないから!」

血反吐を吐く、というのはあくまで比喩ではあったのですが。
多くの病いは持って生まれたものから罹りやすいとか、それだけではなく日々の習慣による場合もありますね。まだそうではないけれど、未病といわれる不定愁訴をたくさんかかえている場合も多いでしょう。

日々の習慣。身体や心がなじんだ習慣は、「癖」ともいえます。良い癖もあれば、悪い癖もあります。そして悪い癖の大半は、慣れると(一時的には)美味しかったりここちよかったりする……。
たとえば甘いジュースばかり飲んでいてはダメだなと思いながら、つい、その甘さが美味しくてここちよくて飲んでしまい、気がついたときは虫歯だらけとか、ダイエットが必要とか……。

こうした「生き方の癖」を変えるには、やはり、それなりの覚悟が必要なわけですね。

さて。それでは、覚悟さえすれば、学びはうまくいくのでしょうか? わたしは早くもここでつまずきそうになったのです……。(続く)

*****

☆★☆水曜トナカイ12カ月占い師育成講座、始まります!

詳細とお申し込み先はこちらから。→*(残席もこちらでごらんください。3月9日現在残席1

|

魂の成長のために必要な努力とは?乙女座の満月。

今朝、2015年3月6日午前3時5分、月は乙女座で満月を迎えました。

満月のサビアンシンボルは、乙女座15度「装飾されたハンカチーフ」です。
子どもの頃、美しいレースのハンカチは使うのがもったいなくてしまっておいた記憶を持っている方も多いでしょう。上品で清楚な美しさ。
12サイン、360度のうちで、この乙女座15度が最も上品で、完成された美しさを持っているといってもいいでしょう。しかし、上品ということは、生き生きとした生命力や情熱的なエネルギーには欠けるということでもあります。

この満月は魚座が象徴する内面への探求をきわめ尽くしたひとつの完成形です。

満月はわたしたちに問うています。
あなたは魂の成長のためにどんな努力をしてきましたか?
ここちよさ、気楽さ、楽しさなど気分に流されないでやるべきことをやる。そんなストイックな努力を続けてきたでしょうか?

ここからの2週間は「整理」をしてみてください。

引き出しの整理、洋服の整理、仕事の整理、人間関係の整理……現実的なことをコツコツと嫌がらないで少しずつ整理していく。それこそがあなたの魂の成長につながるはずです。

そうして、ここで現実を整理しておくことが、2週間後に迎える魚座の新月と、続いて春分点のスタートから「なりたい自分」になっていく準備をととのえる作業だと思ってください。

|

とりあえずのご報告。水曜トナカイ12カ月講座。

このエントリー→*  の続きを昨日アップしたはずなのになぜか消えていました…というか、わたしが何かをどこかでどうかしてどうかなったに違いない…しかもいつになく下書きを保存してなかったので、後日書き直します。すみませんm(__)m

えーと、とりあえずのご報告です。

今日、桜田ケイ先生と水曜トナカイ「12カ月占い師育成講座」の打ち合わせをしてきました。お申し込みの方たちのメールを拝読して、かなりの初心者さんからプロレベル(実際にプロ)の方までいらっしゃるので講座内容を少しずつ修正。月牡羊と月双子の2時間は通常の4時間に匹敵する内容で、全然関係ないイベントのネタまで飛び出しまして、充実のMTGでした。

現在、残席1となっております(満席になりましたら、キャンセル待ちとしてお受けいたします)

|

なぜ、こうなってしまうのか知りたかった。恋とか仕事とか結婚とか。

タイトル、そのまんまです。わたしが占いを学び始めた理由の一番大きな理由。

何度も書いていることですが、ちょっと(ときには、だいぶ)どこかが変で、そんなつもりはないのに常識を外れたことに遭遇する。集団から微妙にはみ出してしまう。かといって、はみ出ないで集団の一員でいると息苦しくなる。

安らぎと孤独は両立しないのかと絶望しながら、どうにかこうにか大人になって、恋をしたり仕事をしたり結婚したり離婚したり子どもを育てたり。

この間、天海玉紀さんから「真希さんの趣味って何ですか?楽しいことやりましょうよ!」と言われたのですが、いわゆる趣味や娯楽とはほぼ縁がなくて。しいていえば、生きていることが趣味だ!(笑)

こんないびつなはみ出し者の自分なので、なんとか社会と折り合いながら生きるには相当いろいろと工夫が必要で、結局は、その工夫を継続という形で楽しんではいるわけなので。苦楽でいえば苦が圧倒的に多いけれどそれも含めて人生の醍醐味、と。(多かった、と過去形にしていないのはまだまだ続いていくからです。ぜいぜい。)

さて。

とりあえず、そんな日々を長年過ごしていますが、今から10年ちょっと前。絶対にありえないと思っていた出来事に翻弄されながら、人並み(以上に)頑張っているはずなのに、次から次へと限界超えた出来事が続く。いくら何でもこれはおかしいんじゃないかと思ったわけですね。

具体的には何度も書いたり話したりしているので省略しますが、過去のエントリーから一部引用します。

***

誰もがそれぞれにいろいろな事情をかかえて生きています。
思うにまかせぬ日常。
遠くなってしまった夢。
未来が見えない。
多かれ少なかれ、誰もがそんな気持ちを持っていると思います。

でも、私たちは諦めてはいけないと思うのです。

この人生をあるがままに受け入れることと、諦めてしまうことは、
似ているように見えてもまったく違います。

諦めることは、誰かに自分の人生を預けてしまうことです。
受け入れることは、このカラダをもって生きるこの人生を
自分自身が引き受けていくことです。

ああ、そうだったんだ。
経済的にも精神的にも身体的にも追いつめられて、
あの過酷な状況のなかで、私は私の人生を諦めたくないと思ったんだ。
今日、わたしは(略)このことを痛感しました。

***

*はい、ここも勉強中の方でしたら、こういうテキストを読んで、「人生」なんていう言葉が使えるようになるのは、木星期(46~55歳)に入ったあたりかな…と見当つきますね。わたしは当時、まだ火星期(36~45歳)でした。

幸せになりたい。そう願わない人はいないですよね。
それなのに、「自分だけなぜこんなことになってしまうのか?」
――もしかしたら、自分を知ることでそれがわかるかもしれない。

けれど、一定レベルを保てない「霊感」や幸不幸を規定してしまう偏った視点、あるいは一生が決定しているかのような宿命論などからは距離をおこうと思いました。これらがどれだけの悪さをするか、亡くなった夫の介護中によくわかっていたからです。
同時に「分析」や「批評」もいらないと思いました。分析の次に何が生まれるのか。個人(のつくりあげた体系による)感想や批評ではなく普遍の真理がほしい。

そうして、わたしは数多ある手法のなかから占いを選びました。

勉強を始めた頃、友人知人家族ふくめ知ってる人たちほぼ全員が驚いて面白かった^^
つまり、そのくらい「占い」とはほとんど縁のない人生を過ごしてきていたのです……。(続く)

*****

☆★☆水曜トナカイ「占い師」になる12カ月講座!

ということで、この講座を企画した理由などの前に、なぜ、わたしは「占い師」になったんだろう…とそのあたりから書き始めたらあまりに長くなりそうなので続きます。すみません。

講座の詳細とお申し込みはこちらです* 

|

水曜トナカイ「12カ月で占い師になる!」講座のご案内

お待たせいたしました!
いよいよ水曜トナカイの占い師育成12カ月講座がスタートします^^

*****

この講座は満席となりました、ありがとうございます!
(現在、キャンセル待ちをお受けしております)

<占い師育成講座の概要>

2015年4月から毎月第4水曜日に開講。

●命術(西洋占星術)と卜術(タロット)を軸に、相術やその他の占術の知識、プロモーション方法(ブログの書き方やイベント企画)、コミュニケーション術(接客の仕方、外見やスタイルの演出法など、12カ月で占い師に必要なすべてを学べる講座です。

最終目標は「占い師」デビュー!(中野トナカイを含む現場で通用する占い師になっていただきます!)

*****


<通常の講座とはここが違います!>

・通常の占い講座では学べないようなテーマも多種多様にご用意しています。

・「苦手」を克服しつつ、「得意」をさらに伸ばしていきましょう。

・講座と講座の間の1か月には、課題や自主練習教材でみっちり復習。

・ともに学ぶ仲間は、よきライバルです。互いに高めあいながら成長していきましょう。

・12カ月をともにする仲間たちで情報交換しあえる場をご用意します。もちろん講師の2人も参加! 現代の占い師には必須のwebコミュニケーションのトレーニングにもなります。

・受講される方にはブログやSNSをしっかり活用していただきます。世界に向けて情報発信しつつ、占い師への道を駆け上りましょう!

*****

<スケジュールとカリキュラム>(一部変更の場合があります)

*講座は毎週第4水曜日14時~17時を予定しています。

4月 占いとは何か?・命術卜術の基礎
5月 ブログやSNS活用の意味と方法・命術卜術の基礎2
6月 占い師と占い好きの違い・命術卜術の基礎3
7月 接客の基本とターゲティング・命術卜術の基礎4
8月 他の占術にふれてみる(仮)
9月 書き言葉と話し言葉はどう違うか?・命術卜術の応用1
10月占い師と他の仕事との共通点と違い・命術卜術の応用2
11月占い師としての個性を探る・命術卜術の応用3
12月場に合わせた占いの仕方・命術卜術の応用4
1月 他の占術にふれてみる(仮)
2月 最終試験をクリアするために・まとめ1
3月 「占い師」としての総仕上げ・まとめ

*****

<こんな方におすすめします>

・「占い師」になりたい方(プロ、アマを問いません)

・すでにプロまたはセミプロで、さらに充実した活動をしていきたい方。

・自分を知るために、また現実の問題に対するソリューションとして占いの勉強をさらに深めていきたい方。

*****

受講資格=西洋占星術、タロットともに初級程度まで学んでいる方。
(例=占星術は10天体、12ハウス、12サイン、メジャーアスペクトの意味が大体つかめている。タロットは大アルカナの流れと小アルカナの4種類のスートの意味がざっくりとつかめている。)
*ただし、やる気と努力でカバーする熱意のある方はご相談ください面談によりレベル判定、事前補講のうえ受講していただける場合もあります!)

募集人数=8名様

受講料=入会金5万円。前期66000円。後期66000円。(いずれも税込)
(入会金+前期分合わせて116000円を4月10日までにお振り込みください。お申し込み後に口座をお伝えします。後期分は8月頃お支払いいただきます。)

☆受講料の割引を設定しました☆
前・後期合わせて一括払いの場合、入会金と前後期の合計170000円になります(12000円割引)

*****

◇原則として12回全部を受講していただきます。やむをえないお休みの場合、ご希望があれば次回講座までに1時間ほど補講を行います(1回5000円。12カ月のうち2回まで。)

◇お申し込み後のキャンセルはできるだけご遠慮ください。前期のみ、後期のみの受講はできません。

**********

お申し込みはメールで。

お名前(ご本名)・携帯番号・生年月日、生まれた時間と場所・占いの勉強歴とこの講座で何を得たいか?を書いて →uranaiyasan★gmail.com (★を@マークにかえて送信してください)

(メールをいただいた段階で仮申し込みとしてお受けして、おりかえし事前アンケートと振り込み口座をお伝えします。受講料のお振り込み確認後にお申し込み確定となります。)

**********

|

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »