« ノーアスの月をどう生かすか? | トップページ | 占いは手段にすぎないのだと思う。 »

怒りや悲しみをチャンスに変える!

12カ月講座→*のご案内のつもりで書き始めたのにだいぶ長くなりました。では、続きです。

ここまでのエントリーはこちらです。
なぜこうなってしまうのか知りたかった。恋とか仕事とか結婚とか。*
楽しくここちよく…どうやらそれだけでは人生は変わらない。*
独学で学ぶとき、強い覚悟だけでは足りないかもしれない。*

さて。継続してしっかり学ぶためには、強い覚悟といろいろな講座、特に3カ月とか1年とか定期的に通って学び合える仲間がいる環境が大切だと思います。

講座は、たくさんあります。各種スクールやカルチャーセミナー、お店や個人が主宰する講座など本当にたくさんあります。

単発の講座は、1回でぎゅっと濃縮された内容を学べますし、定期講座はさらに幅広く、深く、テーマを掘り下げていける。地方在住の方はちょっと厳しいですが、東京あるいは大阪近辺なら、より自分に合った講座、教えを受けたい先生の講座をどんどん受講することができます。

そんなわけで、先のエントリーにも書いたように、もう講座三昧だったわたしですが、途中で「これはもしかしたらまずいことになる恐れがある…」と思いました…。

ある講座に参加したときのこと。

後ろの方で携帯の着信音が鳴りました。すぐやみましたが、そのあとも2~3回。そうして、講師の先生の話が一段落したとき、ほとんど講座を聞いていなかった(と思われる)その携帯の方がすかさず手を挙げて「私のホロスコープは~~~なんですが、この場合どうしたらいいんですか?」と、講座とあまり関係ない個人的な質問が長々と続きました。

当時のわたしは前のめりになって必死に学んでいたので、講座とは全然関係のない質問で時間を私物化する人にかなりイライラしました。

しかし、このとき、これはちょっとまずいなと気づいたのです。

ああいう人はどこにでもいるから「仕方ない」と諦めて、質問が終わるまでイライラしながらノートを見ているのってどうなんだろう……? 
せっかく自分を知りたくて占いの勉強を始めて、大切な学びの時間なのに、怒りをかかえて肝臓をいためることはないですよね(アーユルヴェーダのノートを思い出しながら怒りの道すじをたどる)(笑) 

他の参加者の時間を奪って長々と個人的な質問を続ける人も、内面にかかえているものがあるからこそそういう行動に出たのかもしれません。

唐突で迷惑な行動。でも、それは、明日は自分がやってしまうかもしれない。何よりも、この頃にはプロの占い師になろうと思っていたので、たくさんの方の内面をたどる仕事をしようとしているのだから、こういうときは、人を観察するよいチャンス!……イラついている場合じゃないわ(笑)

それで「こんな質問をする人のチャートはどの部分がどうなっているんだろう?」と観察してみようと思いました。
わたしはもともと怒りや悲しみを原動力にして生きてきたので、イライラするのは得意だったのですが(笑)その後は同じようなことがあってもイライラはほとんどなくなりました。



そして、この観察メソッドは、本業の仕事や私生活にも応用できることがわかって、わたしの人生からストレスが大幅に減りました(しかし、もともと、常にとんがらないとやっていけない仕事をしてきたので、そこは一長一短ありますが)

*よろこびや楽しみによって力を発揮できる人と、怒りや悲しみによって力を発揮できる人がいます。また、他者によって助けられる人生と、みずから努力してつくっていく人生があります。一時流行したポジティブシンキングや引き寄せの法則は前者ですし、いつの時代にもいる苦難の末に成功をかちとるのは後者です。これらはホロスコープからわりあい簡単に読み解けます。

そして、もうひとつ。実り多い講座に通いながら、これはみんなが陥りやすい落とし穴かも……と思ったことがありました。
(続く)

*なんだか自分の勉強中(修業時代)の回想っぽくなってきましたが、あと1回ぐらいで終わりますので、よろしければおつきあいください。

*****

☆★☆4月のスケジュールは、今週中にアップする予定です!

もうちょっとだけお待ちくださいませ。4月は水曜日が5回あって、4回目の22日は「水曜トナカイ占い師育成12カ月講座」、5回目の29日は祝日なので……いろいろと調整中です、うふふ^^

|

« ノーアスの月をどう生かすか? | トップページ | 占いは手段にすぎないのだと思う。 »

占い師育成講座」カテゴリの記事

運命を変えるスキル」カテゴリの記事