« 未来への道を歩き始める天秤座の満月。今回は皆既月食です。 | トップページ | 「靴」があなたのめざす未来をあらわしている。 »

「新月の願い」と「満月の誓い」の違い。

桜の季節の皆既月食、ほんとうに影響が大きくてまだぐるぐるしているとか、やっと正気にかえったとか、そんな声をいろいろ聞きました。春は心身ともに誰しも不安定な季節なので、無理のないようにゆっくり動いていきましょう、お互いに。

そして。ときどきご質問いただきます。
「新月の願いと満月の誓いはどう違うの?」――

「新月の願い」は一般的なので、みなさん、ご存じと思います。 「満月の誓い」は、ムーンバイオリズムをたどりながら、新月と対比してわたしが考えたフレーズなので全然一般的ではないと思います(笑)

新月は闇に包まれて、月の光は見えません。月は感情ですから、気持ちのありかが見えない状態ということになります。

新しいサイクルに入って新しい第一歩を踏み出すときに来てはいるけれど、気持ちはまだ頼りなく、未来が見えなくて手探りの状態。
ですから、新月の願いは、真っ暗な闇のなかでどれだけの夢を描けるか。これがひとつの鍵になります。

現実は暗くて見えないけれど、目を閉じても生き生きと色鮮やかに繰り広げられる夢が、きっと誰にもあるはず。これが「新月の願い」です。その夢に向かって、わたしたちは新しい時間を刻み始めます。

一方、満月は明るいですね。夜空を照らす満月のように、気持ちが満たされています。

新月から始まった夢への道が、ある程度の結果を見るわけです。新月では、ゆらゆらと不安をかかえながらも目を閉じて描いた夢は、満月ではその目をしっかり見開いて、月明かりのなかにここまでの努力の成果を見て、満たされた気持ちを得ます。

そうして、ここからまた徐々に新月の闇へ向う2週間で、夢をさらに具体的に現実にしていきます。現実的に、具体的に、夢の軌道修正をしていく。これが「満月の誓い」です。



約4週間で新月から満月、また新月へとめぐるサイクルでは追いつかない夢を叶えるには、半年に一度の日食や月食を上手に生かしてください。

このあたりでも書いていました。→新月の願い、満月の誓い。*

*****

☆★☆明後日4月8日は、中野トナカイの日です!

午前中のホロスコープ基本読み練習講座は満席となりました。
午後の鑑定(コンサルテーションタイム)はなぜか(!)すっきりと全枠空いております^^ ちょうどよい季節なので、今後半年から1年の計画を立てたい方はどうぞいらしてください。→お申し込みはメールで。mukaimaki★gmail.com(★を@マークにかえて送信してください)

|

« 未来への道を歩き始める天秤座の満月。今回は皆既月食です。 | トップページ | 「靴」があなたのめざす未来をあらわしている。 »

月(ムーン・バイオリズム)」カテゴリの記事