« 未来を探索してみましょう。射手座の満月。 | トップページ | 「子ども・若者白書」に見る冥王星射手座世代。 »

すべて水星逆行のせい、ではありません。

日本年金機構の情報流出、呆れた方も多いと思います。知れば知るほどありえないですよねえ…。ニュースを見ていてこんなにリテラシーの低い人たちが運営しているのかと愕然としました。

中国での船の転覆事故や、那覇空港で離陸機と着陸機に自衛隊のヘリがからんであわや衝突事故とか……このところ、なんだか騒然としているような気がしますね。

ホロスコープで星を見ていると「水星逆行のせいか!」などと思いたくなりますが、それってどうなんでしょう? 水星って毎回そんなに大きな事故や事件を引き起こすんでしたっけ? 

公転周期が早くて年に3回も逆行している水星です。時代や世界を震撼させるほどの出来事は、軽くて早い水星が逆行するだけでは起こり得ないですよね。

影響がこれだけ大きな出来事は……やはり、トランスサタニアンに注目してみましょう。

まず、長らく続いている天王星冥王星のスクエアが前提です。
これまでの歴史がつくりあげてきた社会のシステムを徹底的に壊して新たに構築する冥王星は、山羊座の中盤にいます。これまでの山羊座がつくりあげてきた土星による社会システムを絶賛破壊中。そして先駆者たる牡羊座はあの手この手で社会の改革を打ち出し、ダメだしされたり討ち死にしたりしながら、次々に新たなアイデアを掲げて、次の時代の社会構築に貢献していきます。スクエアの真骨頂。

さて。年金機構の情報流出はウイルスメールから始まっています。
ウイルスといえば、海王星ですね。メールは、まさに水星があらわします。

海王星は魚座にあって現在10度付近を順行中です。双子座で逆行している水星とは90度。最初のウイルスメールを職員が開いてしまったのが5月8日といわれています。水星海王星がぴったりスクエアのときでした。このことが表に出たのは、おそらく職員が2ちゃんに書き込んだのが、28日。逆行を始めた水星が火星と合。海王星とも依然としてオーブ1度以内のスクエア。実際発表されたのは、6月1日でした。

このあと、水星は双子座5度まで逆行して、12日に順行に転じます。ということは、再び魚座10度の海王星とスクエアに近づいていきますね。23日あたりタイトなスクエアになるので、この前後に再び流出や職員の不始末などが発見されるのかな……。

(もと社会保険庁が、冥王星山羊座時代に入ってから新たに再出発したのが日本年金機構です。まさに古い山羊座が壊されて新たな山羊座構築の流れだったわけですが、冥王星はまだまだ山羊座の初期にいたので壊し方が足りなかったのでしょう…。政権交代の流れも同じで、自民党はまだ壊れきれなかったので政権奪還できたのでしょう。このあと、冥王星が水瓶座に入る2023年まで、日本も世界もまだまだ揺れていきます。むしろ揺れなければならない。)

星の逆行が見せかけであるように、一見、水星逆行によってもたらされたように見える出来事は、実は背後に大きな力が働いています。(私たち自身の一生もまた、大きな力によって動かされているにすぎないのかもしれません)。

しみじみ感じるのは、どんな場合も、変わるということは痛いということです。痛みを伴わない変革はない。社会システムはもちろん、会社もそうですし、仕事のプロジェクトもそうです。私たちが個人の人生を変えようとするときもそうですね。

どんな場合であっても、変わるということは苦しく、つらく、痛い。
できれば避けて通りたいと思ってしまうのは誰しも同じだと思います。

それでも、もう、変えなければならないときに来ている。
私たち一人ひとりが、このことを意識せざるを得ないところに来ている。

珍しくテレビでもニュースを追いかけながら(どんな扱い方をするのかでテレビの現在のターゲットがわかるので) そんなことを考えていました。

***

昨日は、射手座満月の日にふさわしく、中野トナカイでのレッスン&コンサルテーションの日でした。

占星術を学ぶことは、自分を知ること。新たに学び始めた生徒さんとの対話のなかで、私自身も再びこのことを実感しました。10時間でどこまで行けるか。頑張っていきましょう!

そして、午後のコンサルテーションには、やはり満月にふさわしく、これまでの人生を検証して、未来に向かって生かしていく方法を探る方たちが来てくださいました。世界にたった一人の、大切なホロスコープを私に読み解かせてくださって、ありがとうございました。どうぞお一人おひとりが、素敵な人生を創っていかれますように! 

|

« 未来を探索してみましょう。射手座の満月。 | トップページ | 「子ども・若者白書」に見る冥王星射手座世代。 »

占星術」カテゴリの記事