« 海王星を考えることは、亡き人への供養なのかもしれない。 | トップページ | 久しぶりにヘリオセントリック講座に行ってきた。 »

この季節に思い出すことは何ですか?双子座の満月。

2015年11月26日午前7時44分、月は双子座で満月を迎えました。満月のサビアンシンボルは双子座4度「ヒイラギとヤドリギ」です。

双子座は好奇心を食べて生きています。新しい知識が何よりのご馳走。4度は安定させる度数なので、土の不動宮である牡牛座から風の柔軟宮である双子座へ飛び出して、思いきり動き回って得た知識を、ひとまず安定させ、現実と感情のなかに着地させるのがこの度数です。

ヒイラギとヤドリギは、幼い頃のクリスマスの記憶を呼び覚まし、郷愁を誘い、しみじみとした情感を感じさせてくれます。日本のクリスマスといえば、お菓子がいっぱい入った赤い靴下か、苺とクリームのクリスマスケーキでしょうか。古い思い出をたどり、実践することで、気持ちが満たされるのを実感してください。もうすぐクリスマスシーズンなので具体的に体感しやすそうです。

共通の記憶から呼び覚まされる共通の感情は、「決まりきったパターン」になりがちなので飽きられる面もありますが、ここぞというとき効果的に使われると、つい、うっかり乗せられてしまいますね。双子座的好奇心から生まれるある種の普遍性とでもいいましょうか。

今回の満月は6ハウスなのでまさに体感にふさわしく。一方、太陽は12ハウス側にあるので「満月の誓い」の目的は精神性に置いて、そのためにどう具体的に動くのか探ってみてください。
(ヒントは、蠍座の新月のとき見いだした2ハウス(自分の資質や才能)にあります)

|

« 海王星を考えることは、亡き人への供養なのかもしれない。 | トップページ | 久しぶりにヘリオセントリック講座に行ってきた。 »

月(ムーン・バイオリズム)」カテゴリの記事