« 大地のエネルギーを感じながら光の季節へ。 | トップページ | みんなのなかのわたしを確認する。蟹座の満月。 »

ひとりきりのクリスマスイブ。お茶会御礼。

「あなたのクリスマスソングは?」と訊かれたときの答えで世代がわかりそうですね。私はひとりきりのクリスマスイブだったり恋人がサンタクロースだったりしたあたりですが、最近は子どもが育ったので別の意味でイブはひとりきりで、それはそれで気が楽です。

ここ数年は外でお酒を飲まないと決めたら、クリスマスだけでなく年末年始がほんとうに楽になりました。あと数年したら、近所の友だちでキッチンスタジオでも借りてのんびりイブを過ごすことになるのかもしれません。

どんな時代であっても、時間は平等に過ぎていき、私たちはゆっくり自分の歴史を味わっていく。平凡で何もなさそうな市井の一人ひとりが丁寧に大切に紡いでいく日常が、私は好きです。世界の人たちが特別な日と思うときだからこそ、ふだんのように過ごすのが好き。



きのうは、今年最後のトナカイでの鑑定日でした。
質問があるようなないような…という状態のときも、「~~について相談したい!」というときも、実は背後に隠れている問題は思いも寄らないことだったりしますね。正面から向き合うことは誰にとっても怖いこと。だから、私たちはたいてい本当の問題から目をそらすための工夫をしながら生きています(向き合わなくてもいいこともたくさんあるので、それでもいいのです)

しかし、どうしても向かい合わなくてはならないときが来たら、ここまでの道を解きほぐしながら、できるだけさらりと、問題を見つめることができたらいいですね。占い師はそのお手伝いをするために、宇宙からの使命をそのままお伝えするために自分の身体(知性も含めて)を媒体として提供するためにいるのだなといつも思います。きのうもまた、そんなことを感じていました。

きのうお目にかかれたみなさま、世界にたった一人のあなたのホロスコープを読み解かせてくださってありがとうございました。どうぞお一人おひとりが素敵な人生を創っていかれますように、心から願っています!



そして、夕方からは水曜トナカイのお茶会でした。
数日前の告知にもかかわらずたくさんの方にお集まりいただきましてありがとうございました!

たぶん多くても4人ぐらいかなと勝手に想像して、持参していただいたお菓子からホロスコープの金星読みをしたり、来年の運気を一人ひとり読んだりしようと思っていたのですが、次々にお客様がみえて(一人増えるごとに桜田ケイ先生がニカイの椅子をちょっとずつ下ろしてきて) 総勢16名でにぎやかなお茶の時間になりました。

で、私、最初のうちは腑抜けでした。「鑑定」って、上にも書きましたが、身体をつかう仕事なんです。といっても自分の身体を通してメッセージを伝えるだけなので、自分が疲れるというのとは微妙に違うのですが(全体的には鑑定で元気になっている→*) とはいえ、みっちり鑑定して喋りつくしたあとはわりと腑抜け状態で、いつもよりさらにぼーっとしています(一見ふだん通り喋っていますが、ノーアス水星が失礼のないように勝手に行動しているだけで肝心の魂は薄く外に出ている) きのうはみなさんが美味しいお菓子をいろいろお持ちくださいました。料理研究家のYさんはお手製の苺タルトを……腑抜けの私、さっそく一切れいただいたとたん、魂が身体にもどってきました(突然中身のある話をし始めて、近くにいらした方は驚かれたかもしれませぬ)

水曜トナカイカフェのお茶会におこしくださったみなさま、ありがとうございました!
来週はウラナイトナカイの「歳末イベント」です。お時間ある方、お近くへおこしの方はどうぞお立ち寄りくださいませ!


1450964126832
きのう、いらしてくださったアクセサリー作家のやまもとようこさんや、アダルトチルドレンセラピーの淳海みこさん(歳末イベント&1月6日にトナカイ入店が決まりました!)、おしゃれ占星術を考案中の紫冥子さんからお名刺をいただきました。ご活躍をお祈りしています!

|

« 大地のエネルギーを感じながら光の季節へ。 | トップページ | みんなのなかのわたしを確認する。蟹座の満月。 »

雑記」カテゴリの記事