« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

初心者とプロが肩を並べて学べる講座。

昨日は南阿佐谷トナカイでの講座日でした。午前中は基本読み練習講座、午後は水曜トナカイ12か月講座。昼間はちょっと寒さがやわらいでいたのかな。お集まりいただいたみなさまの熱気でトナカイノニカイは一日中ぽかぽかでした!

基本読み練習講座は「自分でホロスコープが読めるようになりたい」人たちのために毎月行っています。

毎回、2回目以降の参加者のなかからサンプル提供していただいて、2時間みっちり読んで行きます。Yさんいわく「ためになる雑談」をまじえながら進みます(笑)

2回目以降の参加者さんに限定しているのは、他の参加者さんの質問に的確に「答える力」を養うためです。答える力をつけると、自分に対する問いに感情的にならずドラマをつくったりもしないで、客観的に自分を見るトレーニングにもなります。

そしてもちろん、答えが的確だと、質問する人たちは「質問力」をつけるトレーニングになります。
質問が曖昧だと、読みも曖昧になります。曖昧なことはふわっと楽しいことでもあるので(いくつになってもガールズトーク!)限りなく雑談に流れたり、サンプルさんの自分語りになったりしがちなのですが、2回目以降の方だときっちりお勉強になります。

今回はKさんがサンプルになってくださいました。最初こそちょっとテーマがぼやけているように見えましたが、ちょっとお話をうかがってみたらどうしてどうして……さらに、みなさんがいろいろな質問をしながら掘り下げていくと丁寧にわかりやすく答えてくださって、土星期について真摯に考えていらっしゃることがわかりました。みなさんの学びも一段と深まったことと思います。Kさん、ありがとうございました!

基本読み講座は、2月と3月も第4水曜日に行います(4月以降も毎月淡々と行っていく予定ですが、曜日と時間の変更の可能性大です)

10天体、12のハウス、12のサインの意味がざっくりとでもわかっていれば初めての方もご参加いただけます。まだ全然読めなくても、他の参加者さんの読みを聞いて感動したり感心したり、それに「私は読めないわ!」と焦って恥ずかしくなっているだけでも(だからこそ)インスパイアされて学べる部分がたくさんあります。
あるプロの参加者さんが「まったくの初心者とプロが肩を並べて学んで、それぞれにたくさん得るものがある講座」といってくださいました(ありがとうございます!)

だいたい5~6回参加されると、どんなホロスコープを見ても一通りは読めるようになって、さらに上をめざして個人レッスンに来られたり、大御所先生たちの講座へとステップアップしていかれます。2年ぐらいたってから「復習のために」とまた参加される方もいらっしゃいます。

次回は2月24日(水)11~13時。受講料は4320円です。お申し込みはメールで。mukaimaki★gmail.com(★を@にかえて送信してください)

*****

☆★☆次回鑑定@ウラナイトナカイは2月3日(水)です!

まだまだ、だいたいお好きな時間をご予約いただけます。前日ぐらいまでにご予約のなかった時間は当日枠になります。最近直前になってご予約いただくことが増えてきました。なので、まだ大丈夫です。が、直前に埋まってしまって「ひえーっ!」というメールも毎週いただいているため(汗)可能な限り、お早めにご予約いただければと思います。

ムーンバイオリズム(月の暦。いわゆる旧暦)では、来週2月3日は「12月25日」です。毎年「クリスマスからお正月があっという間に過ぎる!」というのも当たり前で、ふだん私たちが使っているカレンダーは太陽暦(グレゴリオ暦)といって、太陽の動きを基本にしています。太陽は意志です。自然にそうなる、ありのままの自分とは違います。やりたくなくてもやる、行きたくなくても行く。それが太陽の意志。ですから、無意識と連動した身体のリズムは、まだまだ師走にあって、そろそろ大晦日というあたり。新しい年の計画を立てるには、2月の前半はちょうどいい時期です。あなただけの今年の作戦会議をしましょう。ぜひ、いらしてくださいませ!
→お申し込みはメールで。mukaimaki★gmail.com(★を@にかえて送信してください)

|

水瓶座は個性的か?

>水瓶座には、「個性的」と「普遍的」とパッと見、矛盾するような性質があって、 それは、それぞれが「個性的」であるという価値観を「普遍的」にしたい、ということでしょうか?

こんなご質問をいただきました(ちょっと書きかえましたが、だいたいこんな感じ)
一言でいえば「個性的」であることは、「普遍的」であることの結果のひとつにすぎない、というのがお答えです。

12サインの理解はどこまでも果てしなく、プロになってもたびたび考えることがあります。とてもいい質問なので、もう少しくわしくこちらで答えてみましょう。



牡羊座から始まって山羊座に至るサインのすべてが含まれる私たちの社会は、たくさんの「常識」という名の共通概念の上に成り立っています。平和に穏やかにここちよく社会生活を営むお約束といってもいいでしょう。

平和に穏やかにここちよく過ごすためのお約束は、やがてマンネリ化し、あたりまえになり、面倒になり、いつしか多くのお約束が形骸化していく。
どんなものでも安定させるために動き回り、最もよいところを探し当てて、ひとたび安定したとたん腐敗が始まるというのがこの世の法則です。
ですから、それも当然というか、仕方ないことではあるのです。

山羊座30度のサビアンシンボル「秘密会議」はこの世をはるかに見渡す力をもった男たちの会議です。
この社会をどう運営するか。ここまで来てしまって、多くの大切なお約束が形骸化して、みんな倦んでいる。それでも社会を継続するのだというシニカルな笑いにみちた会議です。



そして、山羊座がかためた土の世界(牡羊座から始まったここまでの火と、風と、水のすべてによってできている強力な土のかたまり!)は、水瓶座という強力な風が吹き渡ることによって見事に解体され、塵芥となってバラバラに散っていきます。

風サインは決して一カ所にとどまらず、散らす性質を持っています。
水瓶座は風の不動宮です。常に一定の力を持って世界をまんべんなく吹き渡る風です。双子座のように好奇心のおもむくままに吹いたり、天秤座のように他者との関係をつなげるために吹いたりするわけではないのです。

常に世界を見渡しながら吹き渡る。その視点は、一見、山羊座と似ています。



しかし、山羊座はあくまでこの世界を集団を現実的に運営するために全体を見ます。
水瓶座はこの世界のなかで決して変わらない普遍の真理はあるのかを探るために全体を見ます。

山羊座が集団運営のために全体を見るとすれば、水瓶座は決して集団に属さないために(むしろ集団を壊すために)全体を見るのです。

人種も国籍も言語も性別も貧富の差も美醜も、それから、およそ考えられる差異のすべてに意義を唱え、すべての人が魂という存在として平等なのだと水瓶座は考えます。
集団にとらわれないとは究極のところそこへ行き着くのでしょう。



当然、水瓶座の価値感は牡羊座から山羊座までの人々、つまりこれまでの社会からは、なかなか受け入れられません。

変わり者、変人、突飛で浮いている……実際、つい最近までこれらが水瓶座世界への評価だったのです。

わたくしごとですが、以前、水瓶世界を生きた祖父について呟いたことがあります。明治生まれの祖父は、静岡県の山奥から横須賀へ出て若き日を海軍で過ごし、その後長野で製糸工場をつくったり、東京でヴァイオリンの流しをやったり、郷里である浜松へもどって証券会社をつくって、倒産したあとはようやく故郷の山へ帰って村長になり、革新的な政治をめざし……体調を崩した土星期からはようやく山羊世界にもどって先祖伝来の山林田畑を守って一生を終えました。

水瓶座の普遍性は、10番目のサインである山羊座までに完成された社会の常識をハミ出て、上を行く世界です。ちょっと前までの時代は、私の祖父のように(一目置かれたといえば聞こえはいいのですが)要するに、かなり「変な人」扱いされていたわけです。



今となっては水瓶座には、個性的、オリジナリティ、自由や未来イメージ、革新的、博愛、フレンドリーなど、時代にふさわしい言葉がたくさんあてはめられています。

これらはすべて普遍的であることのひとつの結果にすぎない。普遍の真理をめざす水瓶座がどんなふうに見えるか。他者からの評価の一面にすぎないのだと思います。

「個性的」という便利な言葉が一般的になったのは70年代終わり頃だったと思います。冥王星獅子世代が土星獅子の時期に当時の平凡出版=現マガジンハウスが「ファッション」を大々的に発信してそのなかで出てきました。信じられないかもしれませんが、このあたりまで「ファッション」という言葉すら一般的ではなかったのです。 )

ですから、水瓶座に限らず、12サインすべてが、その本質をあらわす、その時代にふさわしい言葉をこれからもどんどん新しくあたえられていくことでしょう。

占星術を学ぶ身としては、常に時代と併走することを忘れてはならないと自戒しています。日々是精進。


→このあたりもサイン理解のご参考に。 水瓶座の孤独。→*
→水瓶座とごっちゃになりやすい山羊座についてはこのあたり。 山羊座の美徳。→*

*****

さて。明日は「水曜トナカイ12か月講座」の日です。

今月で第10回目。いよいよ総仕上げに入りました。9名の受講生がそれぞれ「占い師」(プロだけが「占い師」とは限らない)をめざしてラストスパートです。上記のご質問も受講生の月水瓶さんからいただきました!

水曜トナカイ12か月講座のブログ。*

*****

☆★☆明日のトナカイは、なぎやきょうこさんが在席です!

ベテランのタロット占い師さんで、数年前に「今後は占星術もあつかいたい」と私の隠れ家サロンへレッスンや講座に長年コツコツ通ってくださった実力派です。現在セッションには、タロットと占星術とキネシオロジーも取り入れているそうです。キネシは使えますよね~(私も一時期凝っていて、導入を検討していたのです)トナカイでの鑑定は初めてなのでぜひ!……といいたいところですが、明日の鑑定はすでに全枠ご予約満席だそうです、さすが! 都内のあちこちで行っているようですから、ご興味ある方はぜひ!(そういえば、なぎや先生も月水瓶です!今日のエントリーは全水瓶さんたちに捧げます!自分の金星水瓶も含めて・笑)

なぎやきょうこブログ「ホントのジブン」の見つけ方 


☆★☆2月のスケジュールをアップしています!

コンサルテーション(鑑定)もセミナー(講座)もまだまだゆっくりご予約いただけます。旧暦でいえば、2月こそ新しい年の始まり。そして3月には占星術のお正月ともいえる春分をむかえます。このあたりで、本格的に次の時代の準備を始めましょう。 来期のビジネス相談もそろそろ本格的になっていますが、トナカイでのコンサルテーションに限り通常料金で承っております。初めての方はぜひ水曜日のトナカイへおこしくださいませ。
→お申し込みはメールで。mukaimaki★gmail.com(★を@にかえて送信してください)

|

一番素敵なのは、生きること。獅子座の満月。

2016年1月24日、月は獅子座で満月をむかえました。今年最初の満月のサビアンシンボルは、獅子座4度「正装した男と角を刈られた鹿」です。

この男は鹿を仕留めて誇らしげにみんなの前に立っています。勇気と力だけではなく、社会的な地位もあることを正装して示しているようです。どのサイン(いわゆる12星座)も3度で限りなく動き続けて、4度で安定した動きを見せつけます。

この度数に天体を持っていると、獅子サインのドラマチックな側面を見せることにためらいがありません。明るく楽しく、にぎやか。生まれてきたよかった!という命のよろこびを安定した状態で発揮しています。

この満月は、ふだんと同じあなたの日常にたくさんのよろこびが隠れていることを教えてくれています。一見平凡な営みのなかにこそ、生き生きとした創造性が秘められています。たとえば好きなことを仕事にしたいと思いながらなかなか思うにまかせぬという人は、「好き」を「仕事」にするのではなく、「仕事」を「好き」になることから始めてみましょう。

2014年7月にこの度数で新月がありました。→勇気とパワーにみちた獅子座の新月。*

このとき「ひけらかしの極致」と書いていますが、最後にこのブログのアクセス解析の結果を書いていて、なるほど、自分もひけらかして新月っぽいことやらかしてたわ!と今になって懐かしく思ったり。アクセス数はこの頃にはだいぶ安定して、今もたくさんの方に読んでいただいています。日本の占い人口は約2万人程度と言われているので、そのなかの1割ぐらいの方が読んでくださっていればうれしいなと思っています。みなさま、いつもありがとうございます。

|

今回の水星逆行は生き方の見直し。

昨日はウラナイトナカイでの鑑定日でした。

ご予約枠満席に加えて、当日枠にも当日突然みっちり鑑定のお客様、そして生後4か月ちゃんとご一緒にさっくりおためしのお客様と、終日満席となりました。

今の時期、逆行中の水星が冥王星に接近で合なので、いつもの逆行よりも魂への影響が大きいようです。今まで精魂込めて取り組んできたことに、あえて根底からの見直しを求めている方が多いように感じます。真摯に生きたいと願うながら、身近なスキルの洗い直しから始めようとするのは王道だと思います。昨日はそんなふうに、曇りのない目でまっすぐに未来を見すえている方たちとお目にかかることができました。

世界にたったひとりの大切なホロスコープを、あまたの占い師のなかから私を選んで、読み解かせてくださってありがとうございました。大切なことを話してくださったお一人おひとりに美しい春がきますように。どうか素敵な人生を創っていかれますように心から祈っています。

ホロスコープ基本読み練習講座  満席となりました! キャンセルが出ています!
1月27日(水)11~13時。講座料は4320円です。
参加ご希望の方はトップページとこのあたり→*を拾い読みしていただいたうえ、メールでお申し込みください。
→mukaimaki★gmail.com(★を@マークにかえて送信してください)

1453385118955
(太陽回帰と月回帰が重なった日にお花をいただきました。昨年から覚え書き用に使っている10年日記帳と同系色のブーケ。この日記が終わるまでは占い業を続けようと使い始めましたが、昨日はまたその思いを新たにすることができました。ありがとうございます!)

|

学ぶことで運命を変える。自分で。

12星座占いは、占星術におけるホロスコープのなかから「太陽」のみをピックアップした占いです。太陽がさししめすのはあなたのこの人生におけるテーマ。ですから、あなたがこの世でどんな方向へ向かって人生を発展させていけばいいのか、そのヒントを得るには役立ちます。

しかし、たとえば「ありのままの自分の姿を知りたい」「この恋はどうなっていくのか?」「相性がいいのはどんな人?」……などを知りたい場合は、別の天体を見ていきます。そして、天体だけでなく、すべてのテーマにおいてホロスコープの全体像を読み解くと、より精度は高まります。



雑誌やネットの占いしか知らない状態で、生まれて初めてホロスコープを正確に読み解いてもらったときの衝撃。日頃「占いって当たらないよね」と感じている人ほど、それは大きな転機になると思います。

しかも「ちょっと勉強したぐらいでは全然わからなかった!」という人ほど(つまり、シンプルに読み解くには難解なホロスコープの持ち主だということですね)…実は、いずれその人生に奥行き深い味わいを堪能できる可能性を秘めています。
占い師やヒーラーを天職として、魂の傷や苦悩をよろこびに変えながら成長していける可能性が高いと思います。

誰にもわかってもらえなかった自分を、誰でもなく、みずからひもといてほぐして理解してあげる勇気と覚悟があれば、同じように思い惑う他者のために必ず多くのことができることでしょう。



ただ「このままの自分でいいんだ」と思えるには、もう少しステップが必要になるでしょう(だから私は「ビューティー占星術」は土星を知る講座として位置付けていますし、「初級1日集中講座」には「自分を知る!」というフレーズを加えています) これだけはお伝えしておきたいと思います。一朝一夕に運命を変えることはできませんが、時間はどんなときにもあなたの味方です。


土星の苦手な人はキレイになれない!?*

私たちは土星でキレイになる!*

自分を知る!女としてまれにみる悪相とは?*


*****

☆★☆明日はウラナイトナカイです!

ご予約枠は満席です、ありがとうございます!
当日突然鑑定ご希望の方は、13時~13時半頃におこしください(13時45分終了です)
なお、2月のスケジュールは明日の鑑定後にアップいたしますのでしばらくお待ちくださいませ!

☆★☆ホロスコープ基本読み練習講座にキャンセルが出ました!

1月27日(水)11~13時です。1名様、キャンセルが出ました。参加ご希望の方はトップページをごらんのうえメールでお申し込みください。
→mukaimaki★gmail.com(★を@マークにかえて送信してください)

|

28日ごとにやってくるお誕生日とは?

先日の続きです。→年に一度のお誕生日に。太陽回帰図の読み方。*

毎年お誕生日の前後に、太陽があなたの生まれたその瞬間と同じ位置に帰ってくるその瞬間のホロスコープが「太陽回帰図(ソーラーリターンチャート)」です(前後、というのは、年によってお誕生日前日や翌日になることもあるからです)

そして、太陽が同じ位置に帰ってくるということは……そうです、その他の天体もまたもどってくる時期があります。たとえば土星回帰(サターンリターン)は有名なので耳にしたことのある方も多いでしょう。→土星回帰は2回目の思春期。*

お誕生日ということでいえば、太陽とともに月回帰(ルタリターン)に注目したいところです。あなたが生まれた瞬間に月が12サイン(星座)のうち、どのサインのどの度数にあったか。毎月1度、その瞬間はめぐってきます。

太陽回帰は一年間のテーマです。あなたの長い人生におけるその年だけの方向性ををあらわします。
一方、月回帰はあなたの気持ちのありかをあらわします。その時期をどんな気分で過ごしたいか、どんなふうにすれば満たされるか。

テーマや指標を読み解く太陽回帰図よりも、月回帰図(ルナリターンチャート)は感情や気分に直結しているので、より具体的に流れがわかります。

ご自分でホロスコープをつくれる方は、太陽回帰図とともに、毎月の月回帰図も婦院とアウトして12枚(または13枚)一緒にお持ちになるといいかもしれません。

毎年の新年の抱負や毎月の新月の願い事はみんな共通ですが、太陽回帰図と月回帰図から読みとれるテーマはあなただけのものです。今年はこんなことを頑張ろう!今月はこんんふうに過ごそう!と、あなた自身にフィットした生き方が読み解けると思います。

*****
☆★☆1月のご予約鑑定は満席となりました!2月のスケジュールは明日アップしますのでしばらくお待ちくださいませ!

来週20日(水)は、13時~13時45分頃が当日枠になります。当日突然鑑定をご希望の方はこのあたりをめがけて直接おこしくださいませ(もしくは、当日午前11時までにメールいただければお席を確保しておきます)(当日枠が満席となった場合、すぐtwitterでお知らせいたします。ブログで書かないことも呟いたりしていますので、ぜひフォローしておいてくださいね!→向真希のtwitter*

|

太陽回帰図(ソーラーリターンチャート)の読み方。

占星術に興味のある方なら、太陽回帰(ソーラーリターン)という言葉をお聞きになったことがあると思います。
1年かけて天を一周している太陽が、あなたが生まれたときとと同じ位置までもどってくるその瞬間のことです。
この瞬間のホロスコープを「太陽回帰図(ソーラーリターンチャート)」と呼んで、その年の流れがどうなるかを全体の配置で読み解くわけですね。

以前、私が自分の太陽回帰について読んだのが、たとえばこちら→バースデーセレモニー*

お誕生日だからといって、というより、だからこそ(!)ふだんと同じ日々を過ごすのだという金星水瓶のこだわり炸裂でした(私の金星は不動宮グランドクロスの一番下っ端なので「山羊座の総合商社」と呼ばれて山羊の皮を被って世間を泳いでいるように見えますが、実際には働いているのは水瓶座の金星。なので働き者の彼女の美意識を大事にしてあげたいわけです)

ということで、お誕生日もまたふだん通りに過ごしますが、太陽回帰図を読むのが唯一のセレモニー。数年前からはタロットのホロスコープスプレッドも合わせて展開し、太陽回帰図とともに手帳の扉に書き込んでいます。

上記のリンク先のエントリーは2009年なので、まだまだ「業界最高齢の新人」だった頃ですね(笑)サビアンシンボルを丁寧にたどりつつ、しかし、基本に忠実に読んでいるのがわかります。

鑑定のとき太陽回帰図を読むことも多いのですが、現在はもう少し踏み込んで個人にカスタマイズした上で読み解いています。

つまり、ご自身がホロスコープをどう使いこなして生きてこられたかを見ながら、読み解き方を工夫していきます。

たとえば、今年の私の太陽回帰図では、アセンダント(生まれ持ったオーラ)は蟹座です。同じサインでもその人がどんなふうに使いこなしているかで読み方をかげんします。
支配星の月は12ハウスにあります。これについても、その天体意識とどう向かい合っているか、そのハウスをどんな現場として使っているかなどを見ながら、読み方を変えていきます。

そして、これも大事なところなのですが、太陽回帰図はあくまで1年限定のホロスコープです。丁寧に読みすぎないこともまた秘訣かなと思うので、全体をつかまえながら力かげんを工夫してさらりと読み解く。

これはあれですね、マッサージと似ているかもしれません。やたら丁寧にマッサージすればいいかといえば、そうでもなくて、翌日もみかえしが来たりしますね。なので、かんどころをおさえながら絶妙の力かげんでほぐしていく。そういえば2009年当時こんなことを言ってくださった方も…。→東洋医学みたいな鑑定。*

太陽回帰図(ソーラーリターンチャート)が気になる方は、お誕生日前にお申し込みください。最近はご家族や大切な方のお誕生日に「向真希の鑑定50分」をプレゼントされる方がちらほらいらして、素敵なプレゼントのお手伝いができてうれしいです!

ところで、お誕生日は年に1度ですが、実は、私たちは毎月お誕生日をむかえているんです……(長くなったのでこの続きは明日か明後日に!)




昨日は鑑定日@ウラナイトナカイでした。当日枠にもお申し込みいただき、終日鑑定させていただきました。昨日はいつにもましてそれぞれに美しく、懸命に人生と取り組んでいらっしゃる方ばかりだったのが印象的で、山羊座の季節にふさわしい鑑定となりました。
そしてご希望をたくさんいただいたので、今年はもう一度ビューティー占星術を一段と進化させようと思いました。

昨日お目にかかれたみなさま、世界にたった一人の大切なホロスコープを私に読み解かせてくださってありがとうございました。どうぞお一人おひとりが素敵な人生を創っていかれますように!

*****

☆★☆来週の鑑定日は1月20日(水)です!

11時から14時の間、または15時半~16時半(80分ご予約の場合17時まで可)がご予約いただけます。

この日は私の生まれた日なのでちょうど鑑定中に太陽回帰をむかえます。だから何なのよ!といわれれば何でもありませんが、もともと夜の生まれなので鑑定中に太陽回帰って占い師冥利に尽きるなあと。たいしたことではありませんが、そういうことです。

→鑑定のお申し込みはメールで。mukaimaki★gmail.com(★を@にかえて送信してください)

|

「今年の抱負」を必ず叶える方法。

新年の抱負を日記やブログに書かれた方も多いでしょう。

2013年の記事ですが、こんなデータを見つけました。新しい年に夢を描いて抱負を語った人たちのうち、1月中に6割ぐらいが早くも挫折してしまうようです。→新年の抱負が願望で終わる理由。*

この記事にもいくつか書かれていますが、抱負は心に抱く思い(願い)なので、現実に叶えていくなら、数値におきかえられる「目標」と具体的な行動に結びつく「計画」が必要だと思います。



今年の抱負なら、たとえば、

「抱負=自分に自信をもちたい」
→「目標=ダイエットして3キロ減量する」
→「計画=毎日30分ジムで身体を動かしてから仕事に出かける」

「抱負=人生を分かち合えるパートナーがほしい」
→「目標=結婚する」
→「計画=結婚相談所に登録して毎月お見合いする。友人知人に本気のご紹介を頼む」

こんなぐあいに。

成果が出ない場合は、計画を修正した方がいいこともありますし、計画さえ果たせばいいという本末転倒(計画はノルマではなく目標を達成するための効果的な手段です)に陥っているのかもしれません。



また、このところお問い合わせが増えているのですが、「抱負=転職する」「目標=占い師になる」と掲げている方も多いようです。転職先としての占い師についてどうなのかはまたいつか書きたいと思いますが、そうすると計画はどんな内容になるでしょう?

「毎週1回、プロの講座に参加」
「毎日1枚以上ホロスコープを読む」
「集客のトレーニングのつもりでモニターを募集する」
「毎月一人以上は必ずお金をいただいて鑑定する」

……などなどいろいろありますね(これらは何年か前勉強を開始した頃の私の「計画」です。タロットならこのあたりも参考になるかもしれません→タロットもやったろっと。*



これは何度も書いていることですが、「新月の願い」「満月の誓い」にも必ず具体的なアクションプランを書き加えておいてください
(よくいわれているような「書くだけでいつのまにか叶う」というのは実は相当ハードルが高いです)→新月の願いの罠。*

|

誰も一人では生きられない。山羊座の新月。

1日半遅れました。新月読みをアップします。

その前に。

この新月で頭痛がひどいとか体調を崩しがちな方もいらっしゃると思います。敏感な方だと身体に出てしまってつらいですよね。

幼い頃から虚弱だと無意識にそんな自分に合った仕事を探したり、体調と相談しながら自分なりの生き方を見つけていくようです。

逆に、ある程度の年齢になってもなお「自分の道が見つからない!」と試行錯誤している方は、それができるほどに丈夫な身体や円満なこころを持って生まれてきたということ。その悩みもまた素晴らしいギフトのひとつと思ってください。

2016年1月10日午前10時30分、月は山羊座で新月をむかえました。グレゴリオ歴の新年、最初の新月です。
新月のサビアンシンボルは山羊座20度「歌っている隠れた合唱隊」です。


美しい歌声を響かせてはいるけれど、個人が目立とうとはしないし、目立たないように場の雰囲気を盛り上げています。

何かが起こっても、逆に起こらなくても、コツコツ真面目に取り組んで、集団のために貢献する度数です。目立ちたがることなく、スタンドプレーなどとは無縁。ここちよい合唱隊のハーモニーは、集団の力が調和的に機能している様子を見せてくれます。

あなたが今年の目標として掲げたことは、あなたを取り巻く環境のなかでどんな位置づけにあるのか、あなたが属している集団のなかであなた自身がどんな役割を担うのか、考えてみましょう。

|

今年の運勢をタロットで占ってみる方法。

誰しもそうだと思うのですが、自分が思っている自分と、周囲が評価してくれる自分とは、だいぶ違っていたりします。
外見に関しては、私のビューティー占星術→*でお読みいただけるとわかりやすいと思いますが、実は、内面もそうなんですよね。自分が一番自分を知らなかったりして(だから、いわゆる「適性検査」は自己評価なのでたいていはちょっとズレた結果になるのです)

暮れのお茶会のとき、自分が思っている自分と、客観的に見た自分を比較できる方法を桜田ケイ先生から教わりました。
客観的、といっても、タロットカードに訊くわけですが(なので「あやしい!」と思ったらここで終わりです。「あやしい!でも面白そう!」と思ったら続きをお読みください)



やり方は簡単です。タロット78枚を用意します。
ここでは「2015年がどんな年だったか?」そして「2016年はどんな年になるか?」を見てみましょう。


1)あなたの2015年は、カードでいえば、どんな年だったと思いますか?(そのカードをかきとめておいてください)
2)カードに訊いてみましょう。「私の2015年はどんな年でしたか?」(78枚から1枚をひきます)


3)あなたの2016年は、カードでいえば、どんな年になりそうですか?(そのカードをかきとめておいてください)
4)カードに訊いてみましょう。「私の2016年はどんな年になりそうですか?」 (78枚から1枚をひきます) 


1と3は、あなたが思うあなたです。2と4はタロットが教えてくれる客観的なあなたです。

お茶会に参加してくれたみんなも、それぞれにやってみて「えーっ?」とか「うわあ!」とか「そっかー…」とかいろいろな声が聞こえました。タロットが初めての方には、まわりの方が読んであげていました。




さて。私もやってみました。

1)あなたの2015年は、カードでいえば、どんな年だったと思いますか
カップ8(もしくはカップ5)(私的に血縁関係、8ハウスにからめとられた1年だった。)

2)カードに訊いてみましょう。「私の2015年はどんな年でしたか?」
カップA(カップは共通でしたが、けっこう楽しく何かを始めていた、と。遠距離介護を楽しむ方法を模索したり、共感をテーマにした仕事をしたり……。何があっても楽しく生きる5ハウス土星。)


3)あなたの2016年は、カードでいえば、どんな年になりそうですか?
9隠者 (土星期2年目なので本格的に孤独と向き合いながら一人で仕事をする。)

4)カードに訊いてみましょう。「私の2016年はどんな年になりそうですか?」
14節制(まだまだ一人きりにはなれず、他者と関わり、心を分け合いながら、交流していく1年になるのでしょう。1+4は5です。何のために節制するかといえば自己実現のためなので、やっぱり5ハウス追求の1年になりそうです。節制の水は魂と知性の交流でもあるので、これまでやってきたコピーライターとしての側面をさらに占いに生かしていく面もあるかもしれません。)


1452166819755





タロット勉強中のみなさんは、ぜひやってみてくださいね!カードの意味がわからない方は、絵柄から勝手にいろいろ想像してみるのも楽しいと思います。そしてもう少し丁寧にみたい…という方は、鑑定のときおたずねください。その場でさくっと見てみましょう!

*****

☆★☆来週の鑑定は1月13日(水)です!

2016年最初の鑑定日になります。今のところ、ほとんどお好きなお時間をご予約いただけます(前日までにご予約のない枠は、当日突然鑑定枠になります。おためし鑑定15分間てんこもり3240円もお受けいたします)

お申し込みはメールで。mukaimaki★gmail.com(★を@にかえて送信してください)




|

そういえば火事で全焼したこともあった。

新年早々、物騒なタイトルになりましたが、思い立って全国の占い講座をチェックしていたら福岡の書斎りーぶるさん→*での講座がいくつかあって……元トナカイの日下ゆにさんのご実家なのですが、日下さんは8年ぐらい前に「初級1日集中講座」に参加してくださって(その後ぐんぐん実力を伸ばして、あっという間にプロになられました)そのとき火事でお家が全焼しました~と、明るくさらりとコメントしてらして、「ええっ!」と驚く他の参加者さんたちのなかで、私も乃木坂のとき全焼したよ~と答える私。「後始末のときニオイがいやなのよね-」「そうなんですよー」などとまるでフリーマーケットか何かの片付けの話みたいな気楽な雰囲気でしたが(月火星と月冥王星の会話)現実は大変!……というようなことは、この世を生きていればいっぱいありますね。

私はその頃フリーランスになったばかりだったので多くの作品を失ったことは本当に痛かった。フリーのコピーライターは今までの作品を持って営業にまわるので。今とちがってアナログの作品ファイルの時代でしたから。どんなに大切にしているものでも焼けるときはあっという間。

でも、どんなことが起こっても、たいていのことは気楽に適当に、なにげないふりをしながら、だけど内実はぎりぎりの状態で頑張って、そうしてどうにかこうにか超えていく。そうすると、いつのまにか時間は過ぎていく。今年もそうやってどんどん過ぎていくのねと、まだ明けたばかりなのに、もう暮れていく時期のことまで考えるのが、これが年齢を重ねたということなのでしょう。

木星期の間、ずっと木星実感を書いてきたように、今年は土星実感を本格的に書き綴っていくことになると思います。どうぞ気長におつきあいください。

*****
☆★☆明日1月6日、向真希はお休みをいただきます、が……。

水曜トナカイ12か月講座で勉強中ながら、すでにプロデビューをはたした淳海みこさん→*が入店します!

暮れにばたばたと決まった淳海さんのトナカイ鑑定ですが、すでにご予約が入っているそうです。歳末イベントでもひっきりなしにお客様がみえて、淳海ワールドに魅せられた方も多いことでしょう。現在まだモニター価格で鑑定が受けられるようです。トナカイ周辺には少なきトートタロットの使い手なので、ぜひこの機会におためしくださいませ!

|

2016年が始まります。

2016年がどうか佳い年でありますように。

向真希の鑑定は1月13日(水)から始まります。
ひきつづき毎週水曜日の昼間です。
講座開始は、1月27日の基本読み練習講座と、水曜トナカイ12か月講座からです。

どなたにとっても、素敵な1年になるといいですね。
ホロスコープコンサルテーションがお役に立ちますようにと願いながら…。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


|

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »