« 5月のスケジュール!(+6月も) | トップページ | 習慣にしたら金運が上がりました。ほんとうに »

恋愛がうまくいかないのは、恋愛のことだけ考えているからかもしれない。

春とともに恋愛のご相談がふえています。たいていはなかなかうまくいかない恋について…ということが多いわけですが、ヒントになりそうなお話を少し。昨日のtweetより。

もう少し解説しておきます。

女性天体である月(素顔のナチュラルな自分)や金星(恋するときの自分)が、遠い天体とハードアスペクトだと「ありのままの私を受け入れてほしいの」なんてとても言えないことが多いですよね。

ありのままの自分なんて嫌い、自分でも嫌いなのに彼が好きになってくれるわけないわ、誰かに愛される自分が想像できない……みたいなところへ陥ってみたり。

そうすると、若いとき(金星期の25歳まで)ぐらいまでは、必死に自分の女らしさを探したりつくったりしてみて、しかし、どうにもならずに絶望したりね。余談ですが、月や金星が奇数サイン(男性サイン)だと葛藤はさらに強くなります。

そこでおすすめしたいのは、金星や月をいったん棚にあげておくこと。
なるべく早く、太陽を自分のものにしましょう。この世界を、私たちがつくりあげているこの社会の一員として、第一線で仕事をする。あるいはそのためのスキルをばっちり磨く。

月も金星も個人天体です。私たちの人生は、私生活だけでは成立しません。
少し前の時代なら個人天体だけで円満な主婦として生涯を終える方たちもいました(「土星は怖い星!」と言われていた時代です) 
しかし、天王星まで使いこなしていく時代に生きる私たちはまず太陽あってこそ、私生活もさらに充実して輝いていけるはず!

太陽だけに集中して私生活を犠牲にするのではありません。月や金星を傷ついて寂しい状態のまま放置したら、太陽も輝きを失うでしょう。

社会における自分の足場ができると、自分を客観的にみられるようになります。そのなかで、素顔の自分がわかって、自分が楽しいと思えること、恋愛も含めたお楽しみ事についても、一歩深めて今までとはちがう姿勢で取り組めるようになるでしょう。

金星ってね、本来、楽しいことしかしないんです。楽しくないことを歯をくいしばって我慢してやろうとしたらそれはもう金星ではなくなります(逆説的にそれを好む金星もいます)

ですから恋愛がうまくいかない、楽しくない…と思ったら、楽しいと思える方向へ進むための工夫をすればよいのです。そのための近道は太陽を輝かせること。太陽と金星はごく近くにいるので、太陽の光を受け取って金星も輝きます。月もまた太陽の光を受けることでゆたかに満たされます。

具体的には、この社会を構成する一員としての自覚をもって仕事を懸命に頑張ることで、酸いも甘いも噛み分け、多少の理不尽は飲み込めるぐらい大人になる。そうすると、恋愛でもストライクゾーンが広がるので出会いのチャンスが自動的にふえるんです。恋愛が人生のすべてではなくなると余裕ができるので、お相手の、あなたを見る目も変わってきます。
仕事がうまくいっている人ほど、私生活も充実しているというのは、昔から変わらないシンプルな事実なんですね。


*****

☆★☆明日は鑑定日@ウラナイトナカイです!

鑑定はご予約満席となっております、ありがとうございます!
夜は、ホロスコープ読み基本練習講座です。ご参加の方は、18時50分以降にいらしてください。お店手前を左に曲がった特別出入り口(勝手口ともいう)からご案内いたします。

5月以降の鑑定ご希望の方は、トップエントリーからどうぞ。5月4日(水)のみ夜も鑑定も入ります。現在18時からの枠のみ、ご予約いただけます。
→鑑定のお申し込みはメールで。mukaimaki★gmail.com(★を@マークにかえて送信してください)

|

« 5月のスケジュール!(+6月も) | トップページ | 習慣にしたら金運が上がりました。ほんとうに »

恋愛」カテゴリの記事