« 「好き」を仕事にする前に「嫌い」を仕事にしてみる。 | トップページ | 8月のスケジュール! »

新たな境地をめざしましょう。山羊座の満月。

2016年7月20日午前7時20分、月は山羊座で満月をむかえました。
満月のサビアンシンボルは山羊座28度「大きな養鶏場」です。

ちょっと想像してみましょう。この養鶏場は、山のてっぺんにあります。
山は山羊座がつくってきた社会です。そうして鶏の鳴き声はこの社会の重要な情報をあらわしています。

ひとつ前のサインである射手座の向上心と、山羊座の忍耐力があってこそ、鶏たちは山のてっぺんに登ることができるのです。
それができた鶏たちが、この社会を司るあれこれを話し合っているイメージです。
山のてっぺんにいると、高いところを吹く風を感じますね。
この風は、次のサインである水瓶座の風です。

山羊座の終盤である養鶏場では、水瓶座を感じつつ、高いところへ登れた鶏たちが大切な情報を交換しあっています。また、誰もが登れるわけではない高いところという意味では、霊的な情報もそこには含まれているようです。
前回の蟹座の新月→今、ここで、何をするか。* から取り組んできたことは、この満月で一応の完成を見ているはずです。

ここから新たな境地を切り拓いてさらなる高みをめざしてください。
この満月は、他の誰でもないあなた自身の「素敵な生き方プロジェクト」に忍耐強く、継続して
取り組むあなたを応援しています。

|

« 「好き」を仕事にする前に「嫌い」を仕事にしてみる。 | トップページ | 8月のスケジュール! »

月(ムーン・バイオリズム)」カテゴリの記事