« 人はみな孤独。だから「一緒」が欲しくなる。 | トップページ | 「何もかもうまくいかない!」という場合。 »

あなたの才能を確かめてみましょう、自信を持って。牡牛座の満月。

2016年11月14日22時51分、月は牡牛座で満月をむかえます。
もうすぐですね。今夜の満月は約70年ぶりに月が地球に接近するエクストラスーパームーン…なのですが、東京地方はあいにくの曇り空(でも、雲の向こうには大きな月が!) 

これだけ近づくと当然、影響は大きいですね。
昨夜眠りすぎたとか、今日はどうも調子が出なかったとか、女性は特に月の影響を受けやすいので、無理に太陽のリズムに合わせようとしないで、ゆるやかにチューニングしていきましょう。

とはいえ、そうもいかないのが、現代に働く私たちのつらいところ……体と心を多少犠牲にして結果を出していくのも人生です(私は30代までずーっとこれでした) あるいは月に象徴される自然のリズムに合わせて生活できるように仕事を調整していくのもいいですね(私は40代後半で占星術を知ってからこちらにシフトしました)



さて。満月読みです。

満月のサビアンシンボルは牡牛座23度「宝石店」です。
この宝石店には磨き抜かれた宝石がたくさん並んでいます。土の不動宮であり、形あるものこそ価値あるものとする牡牛座にとって、この度数こそがある意味最高値といえます。

どのサインも21度で飛んで、22度で着地して、23度で自在にそのサインの特質を発揮できるようになります。五感のサインである牡牛座は、安全で具体的な成果を出せるのがこの度数。たとえば仕事で一定の成果を常に出し続けるプロフェッショナルのイメージです。

あなたが持っている資質、才能、魅力を確認してみましょう。

自信をもってこの世界にアピールしていける才能を、あなたは必ず持っています。
20代ならダイヤの原石のように、これから磨いていける才能を。30代ならきっとすでに発見していると思います。40代ならある程度完成され、最後の成果を得ようとしていることでしょう。50代以降はその成果を使って、この世界にどう貢献できるか具体的な計画を立てていきましょう。

ひとつ気をつけておきたいこと--牡牛座は大地に根ざした現実的なサインです。才能に「ないものねだり」をしないように。私たちが自分の才能という可能性について考えるとき、どうしても可能性→妄想になりやすいのです。持っていないから欲しくなるのは、少女のときのお人形と同じ。今、持っているものを確認して、冷静に見きわめましょう。

それからもうひとつ。
この満月からの2週間はモノの整理には最適です。お家の片付けをしたい方は、師走の大掃除を待たずに今月中に。モノにまつわる忘れたい思い出(別れた恋人の写真とか。データも「モノ」の一種)もざっくり整理してしまいましょう。整理したあとには、新しい経験がたくさん待っています!

 

|

« 人はみな孤独。だから「一緒」が欲しくなる。 | トップページ | 「何もかもうまくいかない!」という場合。 »

月(ムーン・バイオリズム)」カテゴリの記事