« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2月のスケジュール!

↓↓↓向真希のホロっとスコープ。最新記事はこのすぐ下から↓ ↓ ↓

*****

→すべてのお問い合わせはお名前(ご本名)と携帯番号を明記の上、メールでお願いします。mukaimaki★gmail.com(★を@マークにかえて送信してください)
(HNのみでのご連絡やご連絡先の記載がない場合、またキャリアメールでのご連絡にはお返事できかねる場合があります。どうぞご協力をお願いいたします)

*****

<コンサルテーション(鑑定)@ウラナイトナカイ>

heart042月1日 8日 15日 終了いたしました、ありがとうございました!

2月22日(水)は、基本読み練習講座(下記参照)と 水曜トナカイ12か月講座(満席)です!

*延長に限り17時まで鑑定可能ですが、その場合は途中でお席を移動していただくことがあります。
*上記のお時間はめやすです。ご予約確定時に30分程度前後することがあります。どうかご了承ください。
*ご予約優先ですが、前々日までにご予約がない枠は当日突然鑑定枠になります!

★毎週水曜日夜にこのブログまたはtwitterで当日枠のお時間をお知らせしています。→向真希のtwitter* ブログに書いていない星のエッセンスなども呟いています。ぜひフォローしておいてくださいね!

★さらに当日空きがある場合、お店かわたしの携帯に直接お電話いただくことも可能です。→ウラナイトナカイ03-3220-9477(鑑定中は出られないためできるだけ前もってメールでお願いします)

ウラナイトナカイでのコンサルテーション料
・総合鑑定(西洋占星術+タロット+人相術)50分10800円 
・総合鑑定+開運のマーケティング提案80分16200円 100分21600円 
・当日突然おためし総合鑑定1件15分以内3240円
*延長10分ごとに2160円。
(いずれも税込。前もってお振込みいただくか、当日現金でお支払いをお願いいたします)

<スカイプまたはお電話でのコンサルテーション>

遠方の方、海外の方、育児や介護などのご事情がある方に限り、スカイプまたはお電話でのコンサルテーションを承っております(お電話は2回目以降の場合のみ)。緊急度などを加味して随時お受けしておりますのでご希望の日時を複数書いてお問い合せください。原則として昼間の時間帯。ウラナイトナカイでの鑑定時にも受け付けます。コンサルテーション料はウラナイトナカイでの料金に準じます(テーマによってはお受けできない場合もあります。前もって指定の銀行口座へお振り込みいただき、ご予約確定となります。以上をご了承くださいませ)

*現在、個人の方のカフェ鑑定は承っておりません。ウラナイトナカイでの水曜鑑定にどうしてもおこしになれない方はスカイプをご利用ください(対面鑑定との違い=人相術やオーラリーディングなどができないためホロスコープとタロットのみになります)

【各鑑定のお申し込み方法】
以下1~8をコピペしてすべてご記入の上お申し込みください

1)お名前(ご本名) 2)性別 3)ご連絡先メールアドレスと携帯番号 4)ご希望の日時と時間枠を必ず第3希望までお書きください(第1希望のみの方と、第3希望まで書かれた方の場合、第3希望まで書いてくださった方が優先となります)
(以下については当日でもかまいませんが、8はあらかじめメモして整理してこられることをおすすめします)
5)生年月日と生まれた時間 6)生まれた場所 7)現在のお住まい 8)ご相談の内容を簡潔にまとめてください(大体50分で1件か、密接に関連する2件程度がめやすです。初回鑑定の場合は、なぜその問題が起こるのかご自身への理解を深めるステップが必要ですので、80分以上でご予約ください。また、仕事と恋愛など分野がまったくちがう2件以上のご相談も80分以上でご予約をお願いします)

*お生まれの時間は母子手帳、ご親族などからお聞きになってなるべく正確にお調べください。
*「大切なお願い」→* と 「料金のお支払いについて」→* を必ずお読みのうえお申し込みくださいますようお願いいたします!
→鑑定のお申し込みはメールで→mukaimaki★gmail.com (★を@マークにかえて送信してください)

<向真希の講座!>

heart01ホロスコープ基本読み練習講座 
2月22日(水)11時~13時

場所=トナカイニノカイ(トナカイの2階) 定員=8名  残席4
料金=4320円(税込・当日お釣りの必要ないようにお持ちください)

初心者から中級、デビュー直前の方までどなたでもご参加いただける基本のホロスコープ読みの基本講座です。読みの手順は最初に簡単にご説明します。順番に、じっくり、丁寧に読んでいきましょう。少人数でアットホームな雰囲気なので恥ずかしくありませんよ。

ネイタルチャート(出生図)を確実に読み解けるようになることで三重円や相性読みにも応用できます。 2回目以降参加の方にサンプルになっていただくため、質問する力、的確に答える力も自然に身につけられます。「ネイタルチャートをしっかりつかむ」ことで、適職や天職、恋愛、結婚、コミュニケーション関係などあらゆるテーマを読み解くことができるようになります。

*10天体・12ハウス・12サインの意味がざっくりとわかる方、自分で読もう!というやる気のある方なら、どなたでもご参加いただけます。
*個人差はありますが、だいたい5~6回参加すると、声をだして読む習慣がついて一通りのチャートは読めるようになります。プロデビュー前の基本ブラッシュアップ講座としてもご利用ください。すでにデビューされたプロの方たちも、毎回どなたか参加されて講座をリードしてくれます。未経験、経験の浅い方もひっぱられてわずか2時間でもぐんと力がつきます!

 

|

夢を現実化したいなら、感情や衝動はないほうがうまくいきます。水瓶座の新月。

今朝が新月でしたね。
ここ数日重かったと思います。頭の上に大きな石が乗っている、もしくは、からだ全体に大リーグボール養成ギブスをつけているような(分からない人の方が多いだろうなあ…歴史の勉強のつもりで検索してね。占い師志望の方は必須!) 
そんな感じでなんとなく苦しかったり、気圧のせいもあって頭痛や肩こりに悩んでいた方もいたでしょう。
でも、昨夜あたりからだんだんすっきりして、今日あたり気分がよくなっているはず。状況は変わらないのに根拠のない楽しさ(それが月!)

さて。2017年1月28日午前9時6分、月は水瓶座で新月をむかえました。新月のサビアンシンボルは、水瓶座9度「鷹に変化する旗」です。

ポールに高々と掲げられ、風にはためく旗は、私たちの理想や進みべき方向性を示しています。いってみれば、理想や思いをカタチであらわした記号のようなもの。
記号はそのままでは記号のままです。現実のなかで具体的に動かしていかなければなりません。理想の現実化を、みずからの意志と力で大空を飛び回る鷹が象徴しているのです。

掲げた目標は、壁に貼った標語みたいなもので、そのままでは何も変わりませんね。

目標を現実のものにするために、まず何からやっていけばいいか。この新月では目標設定とともに、具体化する方法を探ってみましょう。

「あれをやりたい!」と目先の衝動で動くのではなく、まず目標を設定し、淡々とコツコツとじりじりと目標に近づいていく。衝動や気分や感情を排除して。風の不動宮である水瓶座的な現実力を身につけることを、今回の新月はすすめています。

ちなみに次の満月は2月11日、獅子座でおこります。ここからの日々を淡々とコツコツと進めていけばいくほど、次の満月には感情と衝動の爆発が起こって、夢の実現をサポートしてくれます。

ブログ更新が2週間ぶり…になってしまいました。このブログを始めて以来です。毎日のぞいてくださっているみなさま、ありがとうございます。ご心配いただいた方たち、すみません。私は元気です。
このあいだに台北へ行ったり、帰国後すぐ徹夜仕事だったり、遠距離介護中の母と就活中の息子が同時にインフルエンザになったり……アクシデントてんこもり。土星期は木星期に続いてみのまわりのことで忙しいですね。
えーと、でも、ブログを更新できないときもTwitterはときどき更新していますので、どうぞフォローしておいてくださいね。実家はいまどき携帯電波もつながらない土地の出身なのでこちらも途切れたりはしますが(そんな山奥で役行者様や井伊家のご先祖様方とお話しながら育ちました。いま思えば占いの道に入ることは既定路線だったのね。このあたりの話もいつか詳しくまとめたい…)向真希のTwitter*

Photo
(どこへ行っても市場と路地裏ばかり歩いています。これは朝市の魚屋さんかな…)


|

夢の実現に向けて加速してください。蟹座の満月。

はい、今年初めての満月がやってまいりました。ここ2~3日落ち着かなかった方、昨夜眠れなかった方(私もこれ)も多かったことと思います。通常の満月であれば眠っても眠っても眠くて眠りすぎる…ということになりがちなのですが、今回の満月は「いてもたってもいられない」症候群併発…(汗)


では、満月読みです。
2017年1月12日20時33分、月は蟹座で満月を迎えました。
満月のサビアンシンボルは蟹座23度「文学界の集まり」です。

そもそも感情をあらわす水の活動宮である蟹座のエネルギーは内側へ向かっています。
蟹座的な「みんな、一緒だね」をよろこび共同体。自分の生まれ育ち、慣れ親しんだ土地の人々。みずからの属する世界を無条件に肯定します。
対向サインである山羊座にみられるような自己総括や全体を俯瞰する建設的な批判の視点を持っていません。

ところが、どのサインもそうですが、30度のうち16度以降になると、対向サインの性質が侵入してきます。蟹座の16度以降は、山羊座の視点を帯びて、本来の蟹座がバージョンアップし、それが最高潮になるのがこのあたりの度数です(21~23度はどのサインも、そのサインのエネルギーの絶頂期といえる度数なのです)

文学会の集まりでは、蟹座の集団がつくった町をよりよくする話し合いがもたれています。自分たちの集団を分析し、文化を比較して、よりよきものをつくりあげようとするのです。

今回の満月では、前回山羊座の新月→*で立てたあなたの目標(人生のなかでの位置付け、この世界のなかでも自分の位置付け)を再び確認しながら、具体的にどう動いていくか考えてみてください。

満月の太陽はすぐ近くに冥王星が、そして満月は当然、太陽と月の180度なのですが、牡羊座の天王星、天秤座の木星ときれいなグランドクロスができています。休みなくアクティブに動き続ける活動宮のグランドクロス! (このところ落ち着かなかったり、眠れなかったりの原因はこれですね)

ご参考までに。
その場反応で即断・即決・即行動!活動宮のグランドクロス*
グランドクロスの意味はこのあたり。*



えーと、それでこういうときはね、一言でいえば「踊らにゃ損々!」です。
活動宮なので動機や理由は後付けでよいのです。とにかくやみくもに走って、走りながら考えて、そのつど軌道修正してください。

仕事や人生設計はこのまま突っ走りましょう。
活動宮の現実対応力はなかなか素晴らしいものがありますので、気軽に動いてみることで見えてくるもの、えられるものはたくさんあると思いますよ。
恋愛関係も、実はちょっとチャンスめいております。そろそろバレンタインを意識している方は男女ともに早めに動いてみてくださいね。

*****

☆★☆星のエネルギーを味方につけたいなら、ホロスコープ読み基本講座へどうぞ!

自分でホロスコープを読み解くことができるのは、あたかも新しい外国語をマスターできたかのように、新しい世界が広がります。あなたの人生を豊かなものにするためにインプットされる情報量も飛躍的に増えます。

毎月、コツコツ行っている基本読み講座は、10天体、12ハウス、12サインの意味がざっくりわかっていればご参加いただけます。大体5~6回参加していただくと、一通りチャートが読めるようになっていかれます。初心者からプロデビュー直前の方までがご一緒に学べるのは基本講座ならではの醍醐味。今回で65回目を数えます!

●1月25日(水)11~13時@トナカイノニカイ
●料金=4320円(当日お持ちください)

→お申し込みはメールで。お名前とご連絡先を書いて……
mukaimaki★gmail.comh(★を@マークにかえて送信してください)

|

変化と奇蹟。新しい年が始まりました!

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

冥王星山羊座時代も後半も入って、ますます変化が加速しています。
今年は「今まで通り」を捨てましょう。「自分流」とか「慣れたやり方」なども。手を離すのは誰にとっても怖いことですが、思いきって手を離して飛び込むことで新しい流れに乗りやすくなります。

そして、新しい流れを受け入れた人たちにとって、今年はどうやら「奇蹟」と呼ばれるような現象が日常的に見つかるような年になると思います。
小さなミラクルはそこかしこで毎日起こっています。
それらを見逃さないで、大切に積み重ねていくことが、新しい時代のエネルギーになっていくでしょう。

冥王星が水瓶座に入るのは2023年です。自由で伸びやかで楽しい時代が来ます。
しかし、今後もなお「今まで通り」にこだわり、「自分流」を手放せず、「慣れたやり方」でしか物事を行わない人たちにとっては、恐ろしく過酷な時代になっていくでしょう。

特に、昨年から今年、天秤座にいる木星の恩恵を受けている(と実感している)人たちは、一時的な恵みにあぐらをかかないで(いっそ、それらを捨てる覚悟で)さらなる高みをめざして、飛びましょう。着地点は2023年です。

佳い年にしていきましょう、ご一緒に。
あなたも、私も、みんな、この同じ時代に生きる大切な仲間です。

こちらでのご挨拶が遅れましたが、すでに昨日(1月4日)ウラナイトナカイで2017年の初鑑定を行いました。
お目にかかれたみなさまお一人おひとりが、願いをみずから叶えて、素敵な生き方を創っていかれますように!

今年も向真希は「生きる現場の占い師」でありたいと思います。鑑定は毎週水曜日@ウラナイトナカイです。お申し込みはこのブログのトップページをごらんの上、メールで。→mukaimaki★gmail.com(★を@マークにかえて送信してください)



 

|

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »