« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

時間は「使う」ものではなく「過ぎる」もの。

えーと、私は山羊土星世代でございます。それも乙女冥王星、蠍海王星との小三角世代。

同級生かその前後あたりを見まわすと政治家の秘書とか、大きな会社の参謀的な立場とか、夫をしっかり牛耳って出世させた妻とか…まあ、そんな感じでしょうか。
東洋占術の大石眞行先生や手相の及川遼先生もたしかこの世代です(大御所の先生方と、年齢だけは遜色ない私は業界最高齢の新人あがり…) 

このあたりの世代は、今年が終わるとすぐ、2回目の土星回帰をむかえます。

日本だけでなく世界的にぐらぐらしている今の状況に、楔を打ち込むのが山羊土星です。冥王星によって思いきり揺れて壊れて解体し、再生に向い始めるこの社会を、現実的な側面から固めていきます。

山羊座の支配星である土星は、それぞれの人生の最終着地点を示す星であり、この社会と時間を管理する星です。

土星の言うことを聞いていれば、人生は何とかなる。
でも、土星先生の課題は甘くないです。
ときには過酷すぎて逃げたくなる(特に若いときは) 
しかし、若いときから逃げなかった人ほど、早めに人生の課題を達成して、この社会で「成功者」とかそれに類する呼ばれ方の肩書きを得ているようです。

土星を使いこなすコツのひとつ。それは時間管理だと思います。

私たちは毎日の時間管理を見直すのは、よくやりますよね。
だって、私たちの毎日は本当に忙しくて、年々時間が足りなくなっていくような気がします。
朝の出勤時間、仕事を始める時間。
子どもを送っていく、あるいは登校させる。
食事の時間はもとより、ちょっとした休憩時間も決めている方もいるでしょう。
なかなか時間の使い方が上手にならないなあ…とがっかりしたり。

私は独立したのが早かったので、何もかも一人でやらなければならず……どうしたって眠る時間を削るしかなくて、二十代の半分ぐらいは徹夜していたような気がします。すぐ近くに見えた東京タワーが朝日に輝く光景は今も鮮明に思い出せます。
いきおい本屋で時間術とかそのたぐいの本を見つけると、必ず買いました。
少しでも時間をうまく「使い」たくて、優先順位をつける方法を覚えたのはこの頃でした。

三十代半ばから子育てが始まるともっと時間が足りなくなって、優先順位なんかあってなきがごとし。明日の締め切りと、体育着にゼッケンをつけるのとで、どっちも優先!…子どもの運動会へ一日行くために、前夜徹夜するのも(こればっか…)保育園から小学校までずっと続きました。

徹夜という最終手段があったから、仕事をし、子どもを育てて、どうにか家庭を維持してこられたわけなので、この世に夜がなかったら、私はとっくに破綻していたと思います。

でも、もうすぐ2回目の土星回帰をひかえて、最近こんなふうに思うようになりました。

時間は「使う」ものではなく、「過ぎていく」ものだと思うのです。
過ぎていく時間をじゅうぶんに味わうことが、生きているということなのでしょう。

時間が足りない、やるべきことができない…と悩むのは、過ぎていく時間をちゃんと味わっていないからなのかもしれません。

 

Fb_img_1493442331095

(先週の桜です。今年は桜がわりと長持ちしましたね。明るい昼間の桜、闇に浮かぶ夜の桜、水辺の風と桜、緑のなかの桜。今年はあちこちで桜を楽しむことができました。)

|

思い描いた理想が現実になる。牡牛座の新月。

2017年4月26日21時15分、月は牡牛座で新月をむかえます。
新月のサビアンシンボルは牡牛座7度「サマリアの女」です。
聖書を読むと出てきますね。
サマリアの女は異教徒であり、当時、差別される側にいました。

どのサインも1度~5度は、そのサインの特徴をむじゃきに打ち出します。
いいかえれば、温室でぬくぬく主張しているようなもの。
6度以降は外の世界へ飛び出して厳しい環境を体験していくのです。

6度で外界へ飛び出て、7度で落差を体感します。
牡牛座はもともと生まれのよさ、豊かな資質をあらわすので、外界で体験する落差は「差別――身体的なことや民族の違い、貧富の差などで人が区別されることを実感するのです。

この資質の落差のギャップ感は、のんびり屋さんの牡牛座に緊張感を与えます。

7度あたりに天体を持っている方は、「頑張ってカタチにしよう!」「お金を儲けよう!」と意欲満々な場合も多くなります。
また、今回の新月のようにトランシットで何らかのイベントがあったり、天体が通過するときは、誰しも「サマリアの女」を体感して、奮起するチャンスとして使えるわけです。

今回の新月図は、思い描いた理想を必ずカタチにしようという意欲に満ちています。
しかも新月は人生の歓びをあらわす5ハウスで起こっているので、個人の夢をばっちり現実化したいという人にはチャンス! 
心底から「好き!」と思えることが必ず実を結ぶように、取り組んでみてください。

ここでちょっと注意したいのは「好き!と思えること」と、「楽でたのしいやり方」は違うというところ。

好き!…と思えることをカタチにしていくには、こまわりを効かせながら必死にノルマを果たすようながむしゃらなやり方がよさそうです。
また、いつもの新月よりも「出遅れ感」を感じるかもしれません。素直に行動に移せないような気がするとか……。

でも、あなたが育んできた独自の発想が行動開始を助けてくれます。
自分らしく、明るく。落差を飛び越え、ジャンプするつもりで。
頑張って行きましょう!

|

恋を失ったとき。あえて傷口を見る療法。

先日、短期的な健康運を見る方法を少し書きました。あえて書かなかったのですが、個人的にはあのとき月回帰も重なっていました。初級読みの基本のつもりで書いたので火星にフォーカスしたわけですが、何か起こるときは、複合的にいろいろな要素が重なっています。

たとえば、恋人から突然別れを告げられたとき(こちらの心も痛くなるようなこんなご相談もよくあります)原因はひとつだけではないですよね。
相手が何と言っていようとも、小さなほころびが静かに徐々に地層のように重なっていって、ある日何らかの出来事がトリガーになって「別れ」の言葉になる。仕事もそうですし、勉強や人間関係、すべてがそうだと思います。原因はひとつではない。

ということは――対応の仕方もひとつだけではなく、いろいろあっていいわけですね。

たとえば今回のような高熱の場合、私は西洋医学の対症療法でひとまず落ち着かせてから、自分に合ったやり方でじっくり対応していくことが多いです。
食生活はもちろん、生活の時間を見直したり、瞑想とか鍼灸とかアロマとか…もちろん占いも含めて、自分に合ったやり方をいろいろためしながら探していく。
エビデンスのある科学で対応した上で、科学の枠からはみ出ることにはいろんな方法でやってみるのがよいように思います。

そして突然の別れや失恋のときは、たいてい「次の出会い」が特効薬になりますね。若いときは特に。

けれども、対症療法としてそれは有効ですが、突然別れを告げられてしまった原因がわからないままでは、根本的な対策にはなっていないことになります。
自分に合ったやり方を見出さないまま、同じような失恋をくりかえしてしまうこともあります。苦しくてもつらくても、どこかの段階で(できればなるべく早く)失った恋をふりかえってみる時間を持つことをおすすめします。

こちらもご参考までに。→恋を失ったときは*



本日はトナカイでの鑑定日でした。
ブログを読んで初めていらしてくださった方ばかり。
このところ私はなかなかブログの更新ができない環境にあるのですが、過去に長い間毎日更新したことが今日の出会いにつながったのだと思うと、時間の持つ力を感じました。
お目にかかれたみなさま、お一人おひとりが素敵な生き方を創っていかれますように!

 

|

短期的な健康運をなにげなく見る方法(後編)

タイトルのとおり、今日は後編です。
ていうか、昨日のは前編というより単に「前置き」でしたが。

☆ホロスコープで健康運を見る場合<基本読み>

・不調のトリガーとなりやすいトランシットの火星をチェックします。ネイタルの火星も。

・肉体といえばアセンダントと月。もちろんアセンのルーラーも見ます。

・さらに、身体の健康=6ハウス、心の健康=12ハウス。当然カスプのルーラーも見ていきます。

l基本読み段階なら大体この3つぐらいかな。
ご自身のホロスコープをお持ちの方は、ちょっと見てみてくださいね(お持ちでない方も、astro.comなど「無料ホロスコープ作成」サイトで簡単につくれますので、つくってみてね)

ちなみに。今回、私が高熱を出したのは3月28日あたりからでした。

その前の春分点のとき、t火星は牡牛座にあったわけですが、この頃、私のアセンおよびn冥王星と、n海王星、n土星とアスペクトを形成して、このあたりから微熱と喉の違和感が始まっていました。発熱直前の27日、月が牡羊座に入って、新月直前に火星をルーラーに持つ牡羊座が活性化したわけですね。

t火星は牡牛座中盤まできて、神経をあらわすn水星(ノーアス)にトライン(トラインとはいえこの場合影響あります。増強されるみたいな意味合いで)
水星はまた、n月のサインのルーラーでもあります。

そして高熱のあと、気管支炎になったわけですが、牡牛座は喉をあらわします。
そしてこのとき、まさに火星回帰が迫っていたのでした……。
(火星回帰の使い方についてはまたいつか書きましょう。火星を使えると社会運と恋愛運がものすごく上がります!)

前編に書いたナイロビでの高熱のときは……今回調べて、うわ-!と驚きました。
t火星がアセン通過。ということは、n冥王星を上書きして私のn月に90度。これだけで十分だわ。あの苦しかった日々はこんな初級レベルのお話だったのね…。

もう少し細かく見ると、t海王星がn水星に合(私の水星はノーアスなのでタイトなアスペクトの影響を受けやすい) t土星がn太陽に合(人生のテーマをかためるという意味です。本を書こう本を書こうとうわごとのように思っていたのはこういうことだった) 他にもいくつかありますが、以下略。

えーと。過去にもちょっと書いていました。火星で健康運を見る練習*
これは2010年に声が出なくなったとき書いたエントリーです(声が出ない原因は不明でしたが、この時期はスピリチュアル系で声の出なくなった人が数人いたと、のちに、いけだ笑み先生から聞きました)

火星は「ちょっと小さな冥王星」みたいなところがあって、大きな出来事のトリガーになります。バージョンアップのチャンスを狙っているならべんりに使えます。

そのかわり、冥王星の破壊力みたいな部分が体調に出る場合が多い…ともいえます。
うーん、でも、まあ、考え方にもよりますが、体調に出るとわかりやすいというか、特に高熱のあとはわりとすっきりするといえばそうですし。

短期的な健康運を見たい場合は、火星チェック。これだけ覚えておいてくださいね。

 

Dsc_2707_3
(火星なので火をあつかう台所の写真(笑) 最近気に入っているミネラルウォーターのボトルとお酒の瓶を並べています。)

 

|

短期的な健康運をなにげなく見る方法(前編)

みなさま、お久しぶりです。Twitterでフォローしてくださっている方はご存じかと思いますが、先々週39,8度の熱が出ました→* その話を少し。ついでに、ホロスコープで健康運を見る方法を簡単にお伝えしたいと思います。
(トナカイを急遽休ませていただいたのはそういう理由だったのでした。前日の連絡だったのに、ミズマチ先生がこころよく代打入店してくださいました。体感重視の牡牛座仲間、ありがたいことでございます)



数年に一度、私はこのくらいの高熱が出ます。
2年ちょっと前、父の四十九日のあと→* はインフルエンザだったので例外としても、風邪にしては珍しいくらいの高熱。そうすると、あれですね、生命の危険を脳が察知するのか、ふだんと違う風景が見えたりします。
今回は最近行ったばかりの浅草寺の仲見世が、なぜか大好きなカトマンズにつながっていて、ダルバルスクエアあたりが重なって見えました。すぐ近くにクマリの王宮があるよなどと言いながら、浅草寺へ一緒に行った友だちと手をつないでゆらゆら歩いている夢でした。妙にリアル。

そして、現実とそうでないことの境目が曖昧になるくらいまでいくと、大事なことだけ残ればあとはもうどうでもよくなります。

たとえば最初の離婚を決めたのは、40度近い熱が出たときでした(このときはパソコン通信全盛期だったので、熱が下がってからネットで決意表明した)この結婚は、4年間最大限の努力をしてもことごとく裏目に出て失敗を実感していたので、この高熱が下がるとすぐ、身のまわりのものだけ持って下北沢のアパートへ引っ越しました。

本を書こうと決めたのは、ナイロビで高熱が出たとき→* 。このときはたぶん40度をこえていたと思います。日本から遠く離れた異国で床に伏すのは心細く、私は「ホームシック」みたいなことにはあまり縁がないのですが、このときは日本が恋しかった。いくらか湿気をふくんだ明るい陽射しや、針葉樹林を歩くとき感じる、落ち葉が大地へ還って行くときの湿った香り。高原のような乾いた涼しい8月のナイロビにあって、日本のにおいが恋しかったのでしょう。

そして新刊の本のインクのにおいもまた、なぜか懐かしく感じました。コピーライターとして生計を立てて、クライアントの要望で本を書いたことはあったものの、自分の本はまだ書いたことがありませんでした。日本の湿気が新しい本の紙になじんでいくのを想像しながら、他のことはもうどうでもいい。本を書こう。と、そんなことばかり思っていたような気がします。

入院したナイロビ病院で隣のベッドのご婦人となけなしのスワヒリ語で教科書のような会話をかわしました。「こんにちは」「こんにちは」「ごきげんいかが?」「とてもいいです。あなたはいかが?」「とてもいいです」…みたいな会話。ふたりとも病人で起き上がれないのに「とても元気」もないものですが、これ以上の言葉を知らなかったのでした。あれも現実の会話だったのか、夢だったのか曖昧ですが、夢ならもっと達者に喋っていたはずなので、おそらく現実です。

…と、このように体調に関してふだんと違うことが起きたときは、すかさずホロスコープを見てみましょう。
何回か同じことがあった場合、たとえば私の様に「40度近い熱」とか、その時期の星まわりをチェックすることで健康運をあるていど予測することができます。
同時に、体調不良を新しいチャレンジにつなげるとか、心のデトックスとして心機一転とか、「ころんでもただでは起きない」=病気になったら治る前より元気になるヒントが見つかります。

***

えーと。久しぶりのブログなのでまだ前段なのに長いわ-。本編は後日にしましょう。次回でさくっと終わらせる予定ですが、私のことですので、もうちょっと長くなるかもしれません。月双子の話は寄り道多くてやたら長くてすみませぬが、目的を見失わない太陽土星水星山羊ですのでご安心ください(笑)(続く)

*せっかくなので、勉強中の方に宿題です。山羊水星はよぶんなことは言わない。要点だけびしっと伝える。劇がかることなく、言葉は簡潔。…なはずなのに、なぜ私の話はいつも長いのか!?

Dsc_2702

 

|

5月のスケジュール!

↓↓↓向真希のホロっとスコープ。最新記事はこのすぐ下から↓ ↓ ↓

*****

<お願い>すべてのお問い合わせはお名前(ご本名)と携帯番号を明記の上、メールでお願いします。mukaimaki★gmail.com(★を@マークにかえて送信してください) (HNのみでのご連絡やご連絡先の記載がない場合、お返事できかねることがあります。どうぞご協力をお願いいたします)

*****

<コンサルテーション(鑑定)@ウラナイトナカイ>

heart045月3日 10日 17日 終了いたしました、ありがとうございました!

heart015月31日(水)12時半~ 14時~ 

5月24日(水)は、基本読み練習講座(下記参照)と 水曜トナカイ12か月講座(満席です!

*延長に限り17時まで鑑定可能ですが、その場合は途中でお席を移動していただくことがあります。
*上記のお時間はめやすです。ご予約確定時に30分程度前後することがあります。どうかご了承ください。
*ご予約優先ですが、前々日までにご予約がない枠は当日突然鑑定枠になります!

★毎週水曜日深夜までにこのブログまたはtwitterで当日枠のお時間をお知らせしています。→向真希のtwitter* ブログに書いていない星のエッセンスなども呟いています。ぜひフォローしておいてくださいね!

★さらに当日空きがある場合、お店かわたしの携帯に直接お電話いただくことも可能です。→ウラナイトナカイ03-3220-9477(鑑定中は出られないためできるだけ前もってメールでお願いします)

ウラナイトナカイでのコンサルテーション料
・総合鑑定(西洋占星術+タロット+人相術)50分10800円 
・総合鑑定+開運のマーケティング提案80分16200円 100分21600円 
・当日突然おためし総合鑑定1件15分以内3240円
*延長10分ごとに2160円。
(いずれも税込。前もってお振込みいただくか、当日現金でお支払いをお願いいたします)


<スカイプまたはお電話でのコンサルテーション>

遠方の方、海外の方、育児や介護などのご事情がある方に限り、スカイプまたはお電話でのコンサルテーションを承っております(お電話は2回目以降の場合のみ)。緊急度などを加味して随時お受けしておりますのでご希望の日時を複数書いてお問い合せください。原則として昼間の時間帯。ウラナイトナカイでの鑑定時にも受け付けます。コンサルテーション料はウラナイトナカイでの料金に準じます(テーマによってはお受けできない場合もあります。前もって指定の銀行口座へお振り込みいただき、ご予約確定となります。以上をご了承くださいませ)

*現在、個人の方のカフェ鑑定は承っておりません。ウラナイトナカイでの水曜鑑定にどうしてもおこしになれない方はスカイプをご利用ください(対面鑑定との違い=人相術やオーラリーディングなどができないためホロスコープとタロットのみになります)

【各鑑定のお申し込み方法】
以下1~8をコピペしてすべてご記入の上お申し込みください

1)お名前(ご本名) 2)性別 3)ご連絡先メールアドレスと携帯番号 4)ご希望の日時と時間枠を必ず第3希望までお書きください(第1希望のみの方と、第3希望まで書かれた方の場合、第3希望まで書いてくださった方が優先となります)
(以下については当日でもかまいませんが、8はあらかじめメモして整理してこられることをおすすめします)
5)生年月日と生まれた時間 6)生まれた場所 7)現在のお住まい 8)ご相談の内容を簡潔にまとめてください(大体50分で1件か、密接に関連する2件程度がめやすです。初回鑑定の場合は、なぜその問題が起こるのかご自身への理解を深めるステップが必要ですので、80分以上でご予約ください。また、仕事と恋愛など分野がまったくちがう2件以上のご相談も80分以上でご予約をお願いします)

*お生まれの時間は母子手帳、ご親族などからお聞きになってなるべく正確にお調べください。
「料金のお支払いについて」→* を必ずお読みのうえお申し込みくださいますようお願いいたします!

鑑定のお申し込みはメールで→mukaimaki★gmail.com (★を@マークにかえて送信してください)

<向真希の講座!>

heart04ホロスコープ基本読み練習講座(第69回)
5月24日(水)11時~13時

場所=トナカイニノカイ(トナカイの2階) 終了いたしました、ありがとうございました! 
料金=4320円(税込・当日お釣りの必要ないようにお持ちください)

トナカイ創業まもなく開始して以来、ほぼ同じ形式でずっと継続している基本読みの講座です。初心者から中級、デビュー直前の方までどなたでもご参加いただけます。ホロスコープ読みの基本手順は、最初にシートをお渡しして簡単にご説明します。順番に、じっくり、丁寧に読んでいきましょう。少人数でアットホームな雰囲気なので、初心者の方も恥ずかしくないですよ(^^)

ネイタルチャート(出生図)を確実に読み解けるようになることで三重円や相性読みにも応用できます(三重円が読めない方の大半はネイタルの読みが不十分です) 2回目以降参加の方にサンプルになっていただくため、質問する力、的確に答える力も自然に身につけられます。「ネイタルチャートをしっかりつかむ」ことで、適職や天職、恋愛、結婚、コミュニケーション関係などあらゆるテーマを読み解くことができるようになります。

*10天体・12ハウス・12サインの意味がざっくりとわかる方、そして意味はまだあやしい…としても「自分で読もう!」というやる気のある方なら、どなたでもご参加いただけます。

*個人差はありますが、だいたい5~6回参加すると、声をだして読む習慣がついて一通りのチャートは読めるようになります。プロデビュー前の基本ブラッシュアップ講座としてもご利用ください。すでにデビューされたプロの方たちも、毎回どなたか参加されて講座をリードしてくれます。未経験、経験の浅い方もひっぱられてわずか2時間でもぐんと力がつきます!

講座のお申し込みはメールで→mukaimaki★gmail.com (★を@マークにかえて送信してください)

 

|

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »