« あなたが信じる道をまっすぐに。蠍座の満月。 | トップページ | 遊びをせんとや生まれけむ。双子座の新月。 »

「いつだってそれぞれにcrazy」

 

年に1回か2回アメリカと日本から集まる仲間がいます。
年齢も立場もさまざまで、偶然が重なりすぎてもはや「ミラクル」としか言えないような縁でつながった人たち。
15年か20年ぐらい前の私のブログを読んでくださっていた方はなんとなく「ああ、あのときの…」と気づかれるかもしれません(このブログの読者にそんな方がいらっしゃるなら、ですが)
今週、そんな仲間と夜の食事をしました。
年齢を重ねると、魂は(精神、といってもいいのですが)どんどん自由になります。
ちょうど木星期から土星期のあたりですね。

しかし、物理的には、それぞれ、いろいろな現実の事情をかかえるようになります。
病気とか、介護とか、相続とか。自分たちの死後を想定して断捨離をすすめているとか。
それもこれも、生身の身体をかかえているのだから、仕方のないこと。
けれども若くて元気で無謀で美しかった頃(金星期、太陽期、火星期まで)とくらべると、魂がほどけて自由になってきているからこそ、現実の不自由を笑いながら淡々と受けとめて、対応していけるのでしょう。
ある仲間が、家族のことでちょっとしたセンセーショナルな出来事を知らせてくれました。
仕事の都合で食事には間に合わなかったので、LINEで状況を報告してくれたなかに、こんな文章がありました。
 
--~~を認めたこと自体、crazyと言われるようなことなのはよくわかっていたけれど。
--でも同じようなことがあったら、また認めてしまうでしょう。
--やらない後悔よりやった後悔で60年近く生きてきたので。
ああ、もう本当にそうだよ!と山の手線のなかでXperiaを握りしめて、涙が出そうになって、必死にこらえました。
--私たちがやってきたこと、やっていること、これからやらかすことも、いつだって、きっとそれぞれにcrazyなのよ。だから、全部OK!!!
 
これが私からの返信です。
起こってしまった出来事すべて、そのままでOKです。
あとから意味づけしたり、解釈したり、物語をつくりあげなくてもよいのです。
 
誰かから(世間から)crazyと言われてしまうほどのことをどれだけやらかしてきたか。
私はホロスコープがハードアスペクト型なので、このあたりが人生の真骨頂であろうと感じています(これからも、きっとやらかすと思います)

「あちゃー…どうしよう」「やっちまった…」「まずい…」……
こんなふうに思ったときは、お守り代わりに唱えてみてください。

--人は誰だって、いつだってそれぞれにcrazy--


Dsc_0767
(かつてサイゴン動物園と呼ばれていたホーチミンの動物園は、ゾウさんエリアの向こう側が川で、その向こうに高層マンションが建っていました。あそこに住んだら毎日がゾウさんビュー^^)

|

« あなたが信じる道をまっすぐに。蠍座の満月。 | トップページ | 遊びをせんとや生まれけむ。双子座の新月。 »

雑記」カテゴリの記事