« 山羊座土星時代の準備はできましたか? | トップページ | あえて声に出してみる。蠍座の新月。 »

夢にも賞味期限がある。

心の底から望んでいる夢が叶えられたらこんなにうれしいことはないはず…と言いながら、夢をくりかえし唱えるだけで叶える努力をしていない人、意外に多いようです。

「ああなるといいなー」と願いながら、その夢を描いている状態が楽しい…これ、誰でも思い当たると思います。

夢をノートに書き出すことで満たされたり、イメージ化するために写真やイラストを切り抜いてコラージュをつくったり(こういう手作業は本当に楽しいですよね) 
もともと夢は現実にしてしまうより、描いている時間のほうが楽しいものなのかもしれません。




長い間の夢であればあるほど、現実になってがっかりしたくない。思ったほどうれしくなかったらどうしよう。…そんな思いをうっすら感じたりもしますよね。

これは、あれですね、大好きな人とのデートのとき、前日ぐらいからなぜか行きたくないような変な気持ちになったり、どうかすると当日、待ち合わせ場所に着く前に帰りたくなってしまうのと似ているかも。
あまりにも好きすぎて、会う前に気持ち悪くなったりとか。若い頃は大なり小なりみんなそうかもしれませんね(私は相当年齢を重ねてからもありました)

つまり、心から叶えたい夢であればあるほど、現実になるのが怖い。
だったら、実現するための計画を立てたり、ましてそのとおり努力するなんてことをしなければいいわけです。
でも、やっぱり夢は夢なので、努力できない自分を責めてみたりして、自分でも何がどうなってるのかわからなくなっていく。



結論=夢はどんどん叶えても大丈夫です。あなたの夢が現実になったら、次の夢がわいてきます。それも叶ったら、また次の夢……と、人生はたくさんの夢で満ちています。それらの何十分の一、何百分の一を叶えるうちに、今回の人生は終わっていくのです。

それから、長い間、叶えたい大切な夢を心の奥底にしまっている場合。
思いきって、取り出して、ふっとホコリをふきはらって、もう一度眺めてみましょう。


ダイヤモンドが石ころに変わるなんていうことはないでしょうけれど(そのくらい大切な夢だったのだから) 美しい真珠だったはずなのに、しまっておいた間にかつての輝きを失っているかもしれません。
一緒にしまっておいた別の夢の傷がついているかもしれません。
それとも、その傷が味わいになって、別の形で叶えたい夢に変化しているかもしれませんね。


夢にも賞味期限があります。

少女の頃欲しくて仕方なかったお人形が、大人になってみるとそれほど可愛く思えないように、どうしても叶えたい!と思っているとき、一日でも早く夢を現実にする方向へ動きましょう。
計画を立てて、実現する努力をしていきましょう。

暮れには土星が山羊座へ入ります。
山羊座は現実のなかでアクティブに動いていくサイン、土星は物事を形にしてくれる星。
長い間あなたの描いていた夢たちが、現実の世界で生き生きと輝き、動き出すのを楽しみましょう!


*****



10273450_848206541896818_6418519279

(夜の灯りが優しく感じられる季節ですね。新しい手帳と温かいココアがほしくなります。)

|

« 山羊座土星時代の準備はできましたか? | トップページ | あえて声に出してみる。蠍座の新月。 »

運命を変えるスキル」カテゴリの記事