« 夢にも賞味期限がある。 | トップページ | 向真希のホロっとスコープ開設から10年たちました »

あえて声に出してみる。蠍座の新月。

2017年11月18日20時41分、月は蠍座で新月をむかえます。
新月のサビアンシンボルは蠍座27度「行進している軍楽隊」です。

軍楽隊は自分たちの持っている文化を、騒がしく演奏しながら街中を行進していきます。

水の不動宮である蠍座には「自分は自分、人は人」という考え方はありません。
よいものは大切な人たちにもおすすめしたい! 
よいことはみんなもやるべき! 
自分が幸せなら他の人も幸せになってほしい!

…と声をあげて主張していくこの度数は、不動宮特有のブレない自信が、ときには押し付けがましさとして感じられるかもしれません。
この度数に天体を持っていると、マスコミ関係やライター、広報などの仕事をする場合も多いようです。
よいと思うものを他者にもすすめるのです。



新月をむかえる蠍座には現在、木星と金星があって、蠍座の支配星である冥王星、副支配星である火星は山羊座と天秤座でタイトなスクエア。
これでもかというほど蠍座が強調された新月です。

蠍座は一見冷静で、冷淡なほど理性的に見えます。
なぜなら、魂を傾けて愛せる相手、取り組めるテーマをじっと周囲を観察しながら探している、あるいはその相手やテーマが蠍座の思いに値するかどうかを見きわめているからです。
そうしてターゲットが決まったら、ひたすら一途に誠実に、心を傾け、愛を育て、新しい世界を構築していきます。

1か月前、天秤座の新月で広げた新しい世界のなかから、あなたが選び取った誰かを(何かを)軍楽隊のように高らかに宣言しましょう。

新たな視点をもって世界を広げる。天秤座の新月。*




今回の新月は木星蠍座入り後、最初の蠍座での新月で、意外に影響が大きいことに気づいていらっしゃる方も多いでしょう。
蠍座は水サインなので、敏感な方だとここ数日気分が落ち込んだり、どうにもやるせないような精神状態になったりしていたかもしれません。天秤座、山羊座、そして水瓶座、獅子座あたりに天体を持っていると、特に。

新月後、月が射手座に抜けると、今度は射手座にある水星と土星とともに、一転して火のサインらしく気分が高揚するかもしれません。
アップダウンにふりまわされないで、今やるべきことを確実にやっていくことが、新月の願いを叶えていく近道です。
そのためにも、今回の新月では願い事や叶えたい夢を、あえて「声に出す」ことをおすすめします。

12208793_1045375615513242_197798593

(朝夕の冷え込みと昼間の温かさ。この落差が紅葉の美しさを生むのだそうです。一見冷静で、内面に誰よりも熱く燃える水を秘めた蠍座の季節にふさわしく思えます)

|

« 夢にも賞味期限がある。 | トップページ | 向真希のホロっとスコープ開設から10年たちました »

月(ムーン・バイオリズム)」カテゴリの記事