« 2018年1月 | トップページ

2018年2月

ショックが大きいのは成長のチャンス。水瓶座の新月。

2018年2月16日午前6時45分、月は水瓶座で新月をむかえました。
新月のサビアンシンボルは水瓶座28度「のこぎりで切り倒された木」です。

なにやらドキッとするようなサビアンですが、そうなんです(でも安心してくださいね、大切な意味があるので)

この度数では、言ってみれば水瓶世界にしがみついて安住して依存していると次のステージへ行けないので、そこから離れて次へ行くためのショック療法のような体験をすることがよくあるようです。

では水瓶座世界とは何でしょう?

私たちの社会は山羊座で完成します。
集団のルールが決まって、国がととのい、安定して生活していける社会ができます。

ところが、ルールや国からはみ出して普遍の真理を求める人たちが水瓶座へと進化していきます。
形骸化したしきたりや決まりごとから自由になるわけですね。

しかし、普遍の真理といっても、それは人それぞれ違うらしい…と、風の不動宮である聡明な水瓶座は気づきます。

すべての魂は対等であるはずなのに、そうではないと考える人がひとりでもいれば、その真理は崩れ去ります。
これこそが、水瓶座の受ける「ショック」の正体なのです(ショックから立ち直って「人それぞれ」の本当の意味を諦念とともに受け入れていくのは次の魚座なので、このお話はいつかまた)

今回の新月は皆既日食です。
ついこの間の獅子座の満月は皆既月食→*でしたね。

太陽が水瓶座にいるこの期間は、誰にとっても影響が大きくなります。
何らかの衝撃的な体験をする方も少なくないと思います。

ただ、それは環境や外側から来るものよりも、内的な体験になることが多いでしょう。
他者からは見えないところで、あなたが衝撃を体験し、結果的に大きく成長していく過程に入っていくと考えてみてください。

月食、日食の影響は半年ほど続きます。
次回の日食は7月13日、月食は7月28日です。

さあ、ここからの半年であなたはどれだけ成長できるのでしょう? 

脱皮して生まれ変わっていくご自分をイメージしながら(どんな自分になりたいか、その自分はどんな幸せを手に入れるのか)あなたに訪れる「ショック」を楽しんでくださいね。

12208793_1045375615513242_197798593
(今年は本当に寒い冬になりましたね。あんなにうんざりしていた夏が妙に懐かしくなったり、美しい紅葉を引き立ててくれた秋の空が見たくなります。)

|

水曜トナカイ占い師育成12か月講座<第3期>のご案内!

お待たせいたしました! 

水曜トナカイの占い師育成講座、第3期のお知らせです。

★このお知らせ公開と同時にお申込み受付を開始しております!★

**********

<占い師育成講座の概要>

2018年4月から原則として毎月第4水曜日開講の予定です。

命術(西洋占星術)と卜術(タロット)を軸に、相術やその他の占術の知識、プロモーション方法(SNSの活用方法、ブログの書き方、イベント企画)、コミュニケーション術(接客の仕方、外見やスタイルの演出方法)などなど、12か月で「占い師」に必要なすべてを学べる講座です。

◎最終目標は「占い師」デビュー!
(ウラナイトナカイを含む「占いの現場」で通用する占い師になっていただきます!)

*****

<通常の講座とはここが違います!>

現場鑑定のプロである水曜トナカイの講師二人(命術・向真希、卜術・桜田ケイ)による講座です。

通常の占い講座では学べないようなテーマも多種多様にご用意しています。

「得意」を大きく伸ばすことを目標に、同時に「苦手」をしっかり克服していきましょう。

・講座と講座の間の1か月には、課題や自主練習などでみっちり復習。

ともに学ぶ仲間はよきライバルです。互いに高めあいながら成長していきましょう。

12か月をともにする仲間たちで情報交換しあえる場をご用意します。もちろん講師の2人も参加! 現代の占い師には必須のwebコミュニケーションのトレーニングにもなります。

・受講される方にはブログやSNSをしっかり活用していただきます。世界に向けて情報発信しつつ、占い師への道を駆け上りましょう!

*****

<スケジュールとカリキュラム>
(一部変更の場合があります)
*講座は毎月第4水曜日14時~17時を予定しています。

4月 占いとは何か?・命術卜術の基礎
5月 ブログやSNS活用の意味と方法・命術卜術の基礎2
6月 占い師と占い好きの違い・命術卜術の基礎3
7月 接客の基本とターゲティング・命術卜術の基礎4
8月 他の占術にふれてみる(相術など)
9月 書き言葉と話し言葉はどう違うか?・命術卜術の応用1
10月占い師と他の仕事との共通点と違い・命術卜術の応用2
11月占い師としての個性を探る・命術卜術の応用3
12月場に合わせた占いの仕方・命術卜術の応用4
1月 他の占術にふれてみる(相術など)
2月 最終試験をクリアするために・まとめ1
3月 「占い師」としての総仕上げ・まとめ2(お披露目イベント)

*****

<こんな方におすすめします>

・「占い師」になりたい方(プロ、アマを問いません)

・すでにプロまたはセミプロで、さらに充実した活動をしていきたい方。

・自分を知るために、また現実の問題に対するソリューションとして占いの勉強をさらに深めていきたい方。

*****

◆受講資格=西洋占星術、タロットともに初級程度またはそれ以上まで学んでいる方。
(例=占星術は10天体、12ハウス、12サイン、メジャーアスペクトの意味がつかめている。タロットは大アルカナの流れと小アルカナの4種類のスートの意味がざっくりとつかめている。)

*ただし、やる気と努力でカバーする熱意のある初心者の方もご相談ください(面談によりレベル判定、事前補講のうえ受講していただける場合もあります)

◆募集人数=8名様(4名様以上で開講)

◆受講料=入会金5万円。前期66000円。後期66000円。(いずれも税込)
(入会金+前期分合わせて116000円をお申し込み後にお伝えする口座に1週間以内にお振り込みください。最終期限は3月31日になります。後期分は8月頃お支払いいただきます。)

☆受講料の割引を設定しました☆
前・後期合わせて一括払いの場合、入会金と前後期の合計170000円になります(12000円割引)

*****

◇原則として12回全部を受講していただきます。やむをえないお休みの場合、ご希望があれば次回講座までに命卜合わせて1時間ほど補講を行います(1回5000円。12カ月のうち2回まで。)

◇お申し込み後のキャンセルはご遠慮ください。また、前期のみ、後期のみの受講はできません。

*****

◆お申し込みはメールで。

お名前(ご本名)・携帯番号・生年月日、生まれた時間と場所・占いの勉強歴とこの講座で何を得たいか?を書いて 
→uranaiyasan★gmail.com (★を@マークにかえて送信してください)

(メールをいただいた段階で仮申し込みとしてお受けして、2~3日中におりかえし事前アンケートと振り込み口座をお伝えします。1週間以内に受講料をお振り込みいただき、確認後受講確定となります。)

*****

◇ご注意◇

・占い師芸人やタレントになりたい方もご参加いただけます。占い師を名乗る上での基本スキルを身につけることができます。しかし、芸能をメインで活動されることをお考えの場合は、別途そちらのレッスンを探してください(特にデビューの場などはご紹介できません)

・同じく占いをひとつの手法として活用したいセラピスト志望の方もご参加いただけます。占い師を名乗る上での基本スキルを身につけることができます。しかし、講座の課題に占い以外の手法を用いることはできません。たとえばタロットはライダー版です。トートタロットやオラクルカードは使えません。また、講座期間中に占い以外のスキルで占い師を名乗ること、講座名やトナカイの名前を出すことはご遠慮ください。

毎月、課題を出します。提出は必ずしも義務ではありませんが、勉強への取り組み方の姿勢として最終評価及びイベントなど出演紹介時の評価に加えます。なお、講座全員のホロスコープ読み課題と最終課題は必ず提出していただきます。

※課題提出完了の場合は「水曜トナカイ講座修了」、提出できなかった場合は「水曜トナカイ講座に参加」となります。

*****

◇ご参考までに◇

なぜこうなってしまうのか知りたかった。恋とか仕事とか結婚とか。*

楽しく、ここちよく……どうやらそれでは人生は変わらない。*

独学で占いを学ぶとき、強い覚悟だけでは足りないのかもしれない。*

怒りや悲しみをチャンスに変えよう!*

占いは手段にすぎないのだと思う。*


第一期生はこんな方たちでした*

第二期生はこんな方たちでした*

水曜トナカイ講座の受講生によるブログ。講座中は毎日更新!*


*****

それではもう一度、お申込みについて。
新しい水トナ受講生のみなさまとお目にかかれるのを楽しみにしています!

◆お申し込みはメールで。

お名前(ご本名)・携帯番号・生年月日、生まれた時間と場所・占いの勉強歴とこの講座で何を得たいか?を書いて 
→uranaiyasan★gmail.com (★を@マークにかえて送信してください)

(メールをいただいた段階で仮申し込みとしてお受けして、2~3日中におりかえし事前アンケートと振り込み口座をお伝えします。1週間以内に受講料をお振り込みいただき、確認後受講確定となります。)

*****

10931436_887957974588341_3163834183
(寒い冬になりましたね。こんなに冷たい空気のなかで、ちゃんと蕾がふくらみ始めています。冬至から春分へ向かうこの季節に希望の蕾を育てながら、春分を過ぎて4月から、新しい道へと踏み出しましょう)

|

« 2018年1月 | トップページ