« あなたの愛がためされる。蟹座の新月。 | トップページ | 中途半端な「オリジナリティ」を捨てる勇気を持ちましょう。 »

太陽の意志か、金星の願望か。

最近「ん?」と感じることがときどきあります。
うっすら疑問というか、ちょっと危険かも..と感じて遠くで警報が鳴るような感じ。

おそらく土星期回帰の2回目を超えたせいなのか、自分の価値観とこの世界の価値観の違いが見えてきたから、かもしれません。

その「ん?」「ちょっとアブナイ」のひとつに、自分を大切にする人が増えている、というのがあります。

自分を大切にする。素晴らしいことですよね。
ありのままの私、素顔の自分をそのまま愛して許して、受け入れて。
誰もがそう願うでしょう。

自分を大切に。自分が一番大事。自分が素直に良いと思うことをする。

たとえば、愛する夫と意見が違ったら道を分かつ覚悟がある。
大好きな恋人の提案であっても自分が良いと思えなかったらNOと言う。
子育て中であっても子ども至上主義にはならない。

素晴らしいことだと思います。
これらは太陽の決断だからです。

太陽は人生の指標。意志の力をもってやり遂げるテーマです。
覚悟がある。あえてNOと言う。他者に依存しない(子ども至上主義は子ども依存でもあるので)
だから「私は~~する」
そこには太陽のたゆまない努力と確固たる意志があります。

さて。では「ん?」と感じるのは……、

愛する夫と意見が違う→私のことわかってくれないの? 私をわかって!
恋人の提案が良いと思えない→愛していたら私の好きなようにしてくれるはず!
子育て中だって子どもよりまず自分が大事→子どもを連れて自分の好きなところへ遊びに行きたい。

ほんの少しの違いなのですが、わかりますよね?
先に書いたのと決定的に違うのは「私は~~する」ではなく、「私が~~したい」になっているところです。
そう、これらは太陽の意志ではなく、金星の願望なのです。

金星は人生における楽しいことすべて。
楽しくなかったら金星ではありません。

もともと、太陽と金星は公転周期の関係から一定の距離以上に離れることはなく、同じサインにあることも珍しくありません。
若いとき、1回目の土星回帰あたりまでは太陽と金星を混同している人も少なくないと思います。

「好きなことで食べていきたい」という昨今の風潮は悪いことではないのですが、これもまた多くの場合、金星の願望です。
そうすると「食べていく」ための楽しくないことを金星は投げてしまうので、結局「好きなことで食べていくのは難しい」→才能がないから。資金がないから。運が悪いから。…などいろいろな理由を見つけて諦めていくわけですね。

太陽の意志によるものであれば、才能がなくても、資金がなくても、運が悪くても(つまり、タイミングが悪くても)かなりの確率で「好きなことで食べて」行けるでしょう。

太陽と金星を間違える以外に、太陽と水星を間違える場合もあります。
これはまた次の機会に。
私たちは自分自身の太陽を見つけるまでに、多くの時間と経験を必要とするのですね…。


37042580_1991268107590650_608350367

|

« あなたの愛がためされる。蟹座の新月。 | トップページ | 中途半端な「オリジナリティ」を捨てる勇気を持ちましょう。 »

占星術」カテゴリの記事