« 火星の逆行は、実はまだ、続いているのです。その意味は… | トップページ | 木星の幸せを実感できたら大人だよ。 »

環境になじむ努力から何が生まれるのでしょう?牡羊座の満月。

2018年9月25日午前11時52分、月は牡羊座で満月をむかえました。

満月のサビアンシンボルは牡羊座2度「グループを楽しませるコメディアン」です。
12サインの一番初めの牡羊座1度で、晴れやかに牡羊座宣言をします。
続く2度ではそれに対するリアクションとして、でも、何をやったらいいかわからないのでとりあえず周囲の真似をしてみるわけですね。
ちょうど生まれたばかりの赤ちゃんが、周囲の真似をするように。見よう見まねでいろいろなことをするので、周囲は和み、笑顔になります。
つまり、牡羊座2度は、周囲の真似をしながらその環境に入っていく姿をあらわしています。
出生のホロスコープにこの度数を持つ人は置かれた環境になじむ才能があり、また努力してなじみながら、みずからの生きる場を確保していきます。


今回の満月は、秋分に続く満月です。
春分で蒔いた種が、夏至で大きく育ち、秋分で刈り取ります。
この満月には山羊座の土星がぴったりTスクエア。
刈り取った成果が社会にフィットしているか、どれだけ役に立つかが問われています。

もともと、2008年に冥王星が山羊座に入ってから、私たちは、一人ひとりがいかにこの社会をつくりかえることができるか、この社会の役に立つかを考えてきました。
個人としての自分の人生が、ダイナミックに破壊され、再構築しつつあるこの社会のなかでどれだけのことができるのか。
「社会のなかの自分」という視点をもって、あなたの夢について考えてみるのもよいと思います。

それは特別なことでもないし、面倒なことでもありません。
たとえば恋愛は人生のお楽しみです。
人生の根幹ではなく、枝葉の部分。結婚は仕事と同じく、人生の根幹を成すもの。
とすれば、結婚は一時の恋愛感情や気分の盛り上がりではなく、二人で一緒にこの社会に貢献しましょうという志を同じくするひととの関係ということになります。




冥王星は2023年に水瓶座へ移動していきます。
あと、4年ちょっとしかないんですね。
これまでの既得権益や形骸化したシステムに頼っているひとたちにとっては恐ろしく過酷な時代が始まります。
一方、ともに未来を構築するために行動するひとたちには、自由で伸びやかな明るい時代の始まりでもあります。
私たちはもう「この社会のなかで自分の位置付け」を考えることから逃げることはできないのでしょう。


42252222_2099298176787642_700983716

|

« 火星の逆行は、実はまだ、続いているのです。その意味は… | トップページ | 木星の幸せを実感できたら大人だよ。 »

月(ムーン・バイオリズム)」カテゴリの記事