« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

何かひとつ具体的に成し遂げてみましょう。乙女座の満月。

2019年2月20日午前0時53分、月は乙女座で満月をむかえます。

新月のサビアンシンボルは乙女座1度「男の頭」です。

乙女座は、現実感覚をあらわす土の柔軟宮です。
物事を外観から細やかに観察して、しっかり見きわめていきます。
この度数に天体や感受点を持っていると、漫画家やイラスtポレーター、彫刻家など物の細部まで見て特徴をつかむひとが多いようです。

今回は太陽が魚座に入ったばかりの満月です。
目的は魚座の太陽にあって、気持ちは乙女座の月。
または公的な面は魚座に、私的な面は乙女座に。
そして満月は太陽と月の180度(オポジション)ですから、太陽と月をひとつにしようとする力が働いています。

前回の新月を覚えていますか?
夢に近づいていく日が始まりました。水瓶座の新月。*

このときメモした夢のなかからひとつを選ぶ。
もしくは夢のための具体的な行動をひとつ選んで、取り組んで行きましょう。


乙女座というサインは、細やかな観察力を発揮してひとつひとつの仕事と取り組むには最適です。
きわめて実務力が高いサインなので、具体的な行動が苦手でなかなか動けない方は、この満月を契機に動いてみるチャンスです。

ちょうど牡羊座最終度数の天王星と牡牛座に入ったばかりの火星がこの満月を調停しています。
具体的な行動のきっかけには、今までやったことのない何か新しいこと(牡羊天王星)を、あなたが五感を満たしながら(牡牛火星)動いてみるのがよさそうです。

あ、それから。今回の満月はスーパームーンですね。
今夜の0時53分をすぎると欠けていく月になります。
満月に何か願いをとなえる場合は日付が変わる前に。でも、満月の誓いなら明後日ぐらいまで大丈夫です。
(新月の願いとちがって光にみちた満月になってなお「願い」は受動的。一方、「誓い」は能動的、と考えてみてくださいね)

そして、恋活・婚活について。悪くはないのですが、えーと……
「恋愛」は今の時期だとたぶん女性の側がいきなりちゃぶだい返しをしてしまったりして、なかなか難しいかもしれません。この満月の誓いは仕事や人生で生かしてみてください。
ということは「結婚」を念頭においているなら、チャンスです。
(人生の彩りである恋愛と、人生の柱となる結婚は明らかに違うことを実感する時期にもあるでしょう)


12705726_1102048219845981_126729954

|

占い師の適性とは?

占い師は本来「ちくわ」になって、読んだものを読んだ通り、下りてきた言葉をその通り、伝えるのが仕事…なわけです。

ですが、そのまま伝えてしまうには身も蓋もない事実だったりもすることもあり、その場合はご相談者の方を慮って言葉を和らげたり、今ではなく未来にフォーカスしてお伝えしたり…ということになるわけですね。

ここで、つまり、手加減を加えたり別の言葉を探すのは、生身の人間がやっていること。
これを私は「占い師のフィルター」と呼んでいます。

曇ったフィルターを通れば、真実からは離れていくでしょうし、歪んだフィルターを通れば見当違いの絶望あるいは希望をもたらしてしまうこともあるでしょう。
フィルターをいかに透明に保つか。
これが占い師の修養なのですが、その前に一人のひととしてどう生きているかが大きいように思います。

「占い師に向いていますか?」というご相談を受けることがたびたびあります。

その場合、具体的な職業適性もそうなのですが、
一定の年齢であれば、真剣に仕事をして生きてきたか、苦しみを深く、歓びを大切に味わってきたか。
このあたりをまず、お顔(人相術)を見てから、ホロスコープで探っていきます。

何らかの分野でプロフェッショナルとして仕事をしている方は誰でも、占い師に向いているといっていいと思います。
日常の微細な感情を丁寧に紡いできた方も、占い師の資質じゅうぶんといえるでしょう。

しかし、たとえば自分の苦しみを他者のせいにしているひとが占い師になってしまうと、ご相談者さんに応えるつもりで自分の苦しみを解決しようとすることがあり、それは占い師にとってもご相談者にとっても良い結果をもたらしません。
でも、これも別に悪いことではなくて、若いうちはありがちなことだったりもします。
ある程度年齢を重ねてからのほうが占い師に向いている、というのはそういうことでもありますね。

占い師になりたくて、今やっている仕事や日常をおろそかにしているとするならば、残念ながらあなたは占い師に「向いていない」と思いますし、日々を丁寧に大切に味わいながら生きているなら「向いている」と思います。

あ、それから。やはり言葉をあつかう仕事ですので、言語感覚が稚拙だと厳しいかもしれません。占い以外の本をどれだけ読んできたか。これも大事です(でも言語感覚を補う魅力や能力などがあればそれもよいと思います)

36088345_1958944887489639_551867235

|

夢に近づいていく日が始まりました。水瓶座の新月。

ここ数日、なんとなく肩の力が抜けてきた感覚があったかもしれません。山羊座の日食→* そして 獅子座の月食→* という今後半年の方向性を見きわめる重要な期間、星まわりもそれなりにインパクトがありました。
今回は通常の新月です。ちょっとリラックスして、平常モードを取り戻す感じの新月ですね。山羊座に冥王星と土星がいる今、「平常モード」をいかに淡々と安定させて継続できるかが、人生の鍵を握っています。
ここからの2週間は、あなたの平常モードについて考え、実践し、体感してみてくださいね。

さて。

2019年2月5日午前6時3分、月は水瓶座で新月をむかえました。
新月のサビアンシンボルは水瓶座16度「机の前に座る偉大なビジネスマン」です。

牡羊座から始まったサインの進化は10番目の山羊座が集大成であり、山羊座は私たちのつくるこの世界です。
そうして体をもった私たちを超えて、心や魂で共鳴する世界へと入っていくのが水瓶座です。

このビジネスマンは、山羊座までの進化の過程の上に立って水瓶座世界を進んできました。
15度でいったん頂点をきわめ、16度からは反対側のサインである獅子座の要素が侵入してきて、水瓶座としてさらに成長していきます。

ビジネスマンはこれまで今まで成長しながら手に入れてきた広い視野を、ここで自分のために使い始めます。

なぜ「ビジネスマン」なのか? 

それは霊的な成長のさなかにあって下界へおりてきて、広く大きくダイナミックな視点を私たちのこの世界のために使おうとするからです。
体をもったこの世界に、霊的な視点を役立てる役割を「ビジネスマン」が象徴しているわけですね。

日食と月食の流れからほっと一息ついて、さあ、あなたはどんな夢を描いていますか?
前回の月食のとき、「手書き」をおすすめしましたね。もう一度ノートを見てみてください。
まだ書いていない方はその手でしっかりメモしておくことをおすすめします。



夢を叶えるヒントをひとつ。

半年から1年ほどたってから見直してみると、「手書き」で書いたことは半分以上叶っています。一方、スマホやパソコンで保存してあるメモは、4分の1以下…というのは私の場合ですが。(還暦前になって3回目の結婚をしたのも、その年の初めにメモにあることを書いたのが「結婚」という形になったのだと思います。これはもしかしたらいつか「婚活講座」でお話しますね…

両方試してみてご自身が計画を達成しやすいほうを選びましょう。
なお、巷で言われているような「完了形で書く」のはそれほど問題ではないようです。
願望をだらだら書くのではなく、必ず実現する夢=計画を書くわけですから、当然「~~したい」ではなく「~~する」と書きますよね。それで十分だと思います!

50820924_2293099370740854_834312512

 

|

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »