« 思いきってやってみましょう。射手座の満月。 | トップページ | 新しい習慣を始めてみましょう。山羊座の月食。 »

共感する力が新しい夢を叶えます。蟹座の新月。

2019年7月3日午前4時16分、月は蟹座で新月をむかえました。
新月のサビアンシンボルは蟹座11度「しかめつらをするピエロ」です。

このピエロは難しい顔をして、世間で「偉い」と言われている有名人の真似をして、世間の権威を茶化しています。
蟹座は物真似が得意なサインですが、11度から15度までは実験的な物真似に取り組みます。
有名人を風刺することによって、蟹座の物真似の力を精一杯主張しているのです。
水の活動宮であり、能動的に他者と共感する蟹座が、この度数あたりから「独自の共感力」を育んでいきます。

独自の共感力ーー誰かの(何かの)真似をしながらスキルをあげていくチャンスともいえますし、大切な人たちと同じ価値観を創りながら、そのつながりを確かなものにしていく時期ともいえます。

今回の新月は皆既日食です。
日食はいってみれば「特別な新月」です。
約半年かけて夢を叶えていくために、日食は非常に有効です。

前回の日食は1月6日でした→重い決断ほど軽く素早く。山羊座の日食。*

このときの一文をもう一度読んでみてくださいね。

>動きの早いこの時代には、大切な重い決断ほど、軽く素早く。
>違うなと思ったらさくっと方向転換して、また走る。
>そんなフットワークの軽さこそが、今年2回の活動宮での日食の意味でもあります。
>さあ、7月3日の蟹座の日食までにあなたは何を形にしていきますか?

あなたは1月の日食から半年で何を形にしてきましたか?

まだ道半ばの人もいるでしょうし、
気持ちばかり空回りして何も形にならなかった…という場合もあるでしょう
(しかし「空回り」もひとつの形なので、なぜそうなったのか原因を考えると次に生かせますよ、大丈夫。)

今回の蟹座での皆既日食では、気持ちを形にする工夫を始めてみましょう。

だるまに目を入れる、といいますが、今年は1月の日食でだるまをつるところから始めて、今回の日食でいよいよ目を入れるようなつもりで。

あなたの夢を叶えるために、ロールモデルを見つけて真似をしてみる。
愛する人たちと思いをひとつにするために工夫してみる。
あなた自身が「しかめつらのピエロ」になるなら、どんな行動をするか想像してみてくださいね。

そうして次の日食は12月26日、再び山羊座で華やかな金環日食です。
気持ちを形にしていく日々を、一日いちにち、大切に過ごしていきましょう。

20768231_1619604238090374_74162170903138

(ウラナイトナカイの閉店準備は月乙女のまつい店長のもと、着々と進んでいます。不要になるものはできるだけ持ち帰るイラナイトナカイ(笑)も開催され、南阿佐ヶ谷へ移転してからの全部を見てきたモンステラその他の植物たちは、私の家のバルコニーでパキラやカポック、それに田舎の家から持ってきたらいつの間にか芽が出て育ってしまった里芋の大きな葉っぱなどと一緒に空を見ています。)

 

 

 

|

« 思いきってやってみましょう。射手座の満月。 | トップページ | 新しい習慣を始めてみましょう。山羊座の月食。 »

月(ムーン・バイオリズム)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思いきってやってみましょう。射手座の満月。 | トップページ | 新しい習慣を始めてみましょう。山羊座の月食。 »