« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

【緊急のご連絡】メールの不具合と天王星など

ここしばらくの間に私からメールでお届けした鑑定書が届いていない方が複数いらっしゃったようです。
念のため、この2週間ほどの間にお送りした方たちには今日ご連絡させていただきましたが、
もしや…?とお思いの方は、お手数ですが、再度メールいただけますようお願いいたします。
また、鑑定お申し込みメールへのお返事など、その他の件でもお心当たりのある方はご連絡いただければ幸いです。



最近大切にしていた江戸時代の器や、母が丹精した梅干しの瓶、愛用していたグラス、そして居間の照明が突然割れまして…
いえ、形あるものが壊れるわけですから、私の不注意といえばそうなのですが。
それにしてもこんなに続けていろいろなものが壊れるのは60年以上生きてきて初めてかも…とホロスコープを見てみました。

細かいところは省きますが、牡牛座にいる天王星が私のネイタル天王星にスクエアをかけています。
壊して一新。わかりやすいといえばそうですが。私の場合、天王星は12ハウスにあって、不動宮グランドクロスの影のフィクサー的な存在なので、t天王星の刺激はだいたい仕事にでます。前回のスクエアはまだ大学生で進路を決めた頃。オポジションはインドでアーユルヴェーダを学び、入院して治療を受けたりして、この直後からエッセイ本を書き始めました。今回もおそらく仕事で出るんだろうなーと思いつつ。

で、ま、天王星ですから、インターネットとかメールの行き違いとかありそうですよね。
実際にはこのところgoogleに不具合と話題になっているのでその影響でしょうけれど(私がgoogleに影響を与えたわけではありません、笑)

というわけで、お心当たりのある方はどうぞご連絡ください。
そろそろ9月の鑑定スケジュールもアップしますね。
現在のところ、キャンセル待ちの方たちだけでも一日では無理そうなので、ちょっと調整中です。
もうしばらくお待ちくださいませ。

117321838_3475565892494190_3392977780454


 

|

特別な夏は、リセットの夏。社会も、人生も。獅子座の新月。

前回更新が蟹座の新月だったのですっかり新月読みブログになっていますが。
Twitterでは毎日星のエッセンスをつぶやいています。
牡羊座に入った火星についてTweetしたあたりからフォロワーさんが増えつつあり、いつの間にか3500人を超えました。
いま見たら3599人でした(惜しい)

たいていの方は思ったことを「気楽につぶやく」のでしょうけれど。
私はたった140文字なのに下書きして推敲して、数日寝かせたりしてからTweetしているので、いつも文字数制限ぎりぎり。
中身が重くて気軽にフォローしたりリプライしたり、しにくいかもしれないなと思いながら。
とにかく、私にとっては「エッセンス」なので。濃いです、濃縮です。

よろしければフォローしていただけるとうれしいです。
向真希のTwitter*

というわけで。今日は新月読みです。




2020年8月19日午前11時41分、まもなく月は獅子座で新月をむかえます。
新月のサビアンシンボルは獅子座27度「夜明け」です。

深い闇のなかで東の方向に光が見え始め、夜明けは訪れます。
私たちは夜が明けるたびに新しい一日を始めます。
それは太古から今に至るまで、そして「新しい日常」が定着する未来にあっても変わらない。

この度数は、太陽が昇っていく夜明けの力強さ、昨日までをリセットして新たな道へ踏み出すエネルギーをあらわしています。

どのサインも26度から29度は次のサインへの憧れが垣間見えて、ややもすれば弱気にも見えるわけですが、火の不動宮である獅子座は「生命への歓喜」にあふれています。
ここまで度数を進めてさらに、新たな力で人生を創造していこうとしています。

この度数に天体を持っているひとは、世のなかを変えていこう、人生を変えていこうというリセット願望を強く持っている場合が多いようです。

今回の新月のテーマは「リセット」です。

コロナは終わらない。ゼロにすることはできない。
収束も抑え込みも意味がないだろうと、みんながうすうす感じ始めていると思います。

であるならば、
これからの未来をどう創っていくのか。
今までとは違う日々のなかで、自分はどんな未来がほしいのか。
そのために何をすべきか。じっくり考えてみてください。
具体的な行動をひとつでもふたつでも試してみるのもいいですね。

次の新月は9月17日、乙女座での新月です。
これ以降は具体的な実践の日々が始まります。

「特別な夏」は、これからずっと続きます。
特別があたりまえになる日々に、あなたはあなた自身の未来を創っていくのです。

Fb_img_1500109409787

 

 

|

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »