雑記

自由業は自由だと思いますか?

ふだん、私の鑑定で最も多いテーマは「仕事」です。
内容は非常に幅広く、適職や天職はもちろん、転職やステップアップのご相談、起業や経営に関するテーマもとても多いです。少し前は年度が変わるので、人事のご相談も複数ありました。少しでも居心地よい職場をつくるために、オーナーや責任者は熟考を重ねているのですね。

では、たまには仕事のやり方のお話を少し。

私がコピーライターとして独立して、乃木坂(のちに南青山)に自分の事務所を開いてから、30年以上経ちました。
当時は20代の女性が一人で事務所を持つことはまだまだ少なかったので、最初は本当に大変でした。
それでもどうにかこうにか生計を立て、家族を養い、マンションを買ったりしてなんとかやって来ましたので、自由業及び自営業とかの歴史はわりと長い方だと思います。

起業したい--
独立して仕事をしたい。--


そんなご相談はもともと多かったのですが、ここ数年増えてきたのが「何をやるか決めていないけれどとにかく起業してみたい」…

よくよく訊いてみると、
「組織に縛られないで自由に好きなことをしたい」
「平日を含めて好きなときに休んで充電したい」…ということのようです。
~~したい、が仕事ではなく、自分の心地よさになっているあたり、動機は金星で、本来のテーマである太陽が見えていない。

こういう場合、鑑定ではそれぞれの方に応じてテーマをひもといて、いま最も重要な点からお伝えするのですが、ここでは一般的なことをひとつだけ。

自由業は、思っている以上に不自由です。



会社に勤めていれば、たとえば風邪をひいたらたいてい休める。親が死んだら休める。そしてお休みをとって旅行する場合もお給料はマイナスにはなりませんよね。
会社(の誰か)が代わってくれるからというより、つまり、そもそもその人が休んでも大丈夫なように組織がつくられているからです。

でも自由業や自営業だとそうはいきません。

40度を超える高熱でも仕事は期限までにやらなければならないし、親の死に目に会いたかったら会えるような仕事の段取りを日頃から組んでおかなければなりません。
私もそうでしたが、介護が始まったあたりから先を見据えて仕事の分野を変えたり、スケジュールの組み方を変えておかないと間に合わないのです。
プライベートな旅行のためのお休みは、その期間だけでなく1年ぐらい前から準備しても減収は避けられないし、その後も影響があると覚悟してください。

以前ちょっとご縁のあったある起業家がSNSで「平日に家族と海外旅行。会社員をやめると時間に縛られないからこんなこともできます」と語っていて、こんな誤解を招くような言い方をする人だったのかーとがっかりしたことがありました(いいね!している人たちのなかにわりと有望だと思っている若手が何人かいたので、それもまたがっかりでした)

会社員でなくなると、縛られないというのは幻想です。
むしろ会社が守ってくれない分荒波にさらされ、自分の身を自分で守らなければならず、ずっと不自由になる面が多いでしょう。

それでも、物理的に(経済的な意味も含めて)不自由になってもなお、「精神(こころ)の自由がほしい!」「どうしてやりたいことがある!」という方なら、自由業や自営業がどんなに大変でもやっていけると思います。

占い師もまた、自由業・自営業です。今月から始まる水曜トナカイ12か月占い師育成講座では、このあたりのお話もたくさんしていく予定です)

転職や起業には志が最も重要です。太陽が見えていない仕事はありえません。
あなたの人生にとって、その仕事はどんな意味を持つのか、
今生での使命に沿っているのか。


そして
現実に成功していくためには、タイミングも重要です。
イレクショナル占星術→*で最もよい時期をみていきましょう。

イレクショナルの具体的な方法*
占い師としての起業のタイミング*

なお、社長様方の経営相談はもちろん、個人の方の起業や独立のご相談も承っております(ビジネス鑑定は別途料金を設定していますが、トナカイへおこしいただければトナカイでの鑑定料と同じです)

*****

☆★☆明日は鑑定日@ウラナイトナカイです!

キャンセルが出ましたので、14時~16時半の間がずっと空いています。この間でしたら、ご希望のお時間をご予約いただけます。

鑑定のお申し込みはメールで。mukaimaki★gmail.com(★を@マークにかえて送信してください)

*4月から第4週目が講座なので、鑑定枠が減りました。確実にご予約枠を確保できますように、なるべく早めにご予約いただけますようお願いいたします!

29573380_1232745360194144_202489393

|

春分らしい(牡羊座っぽい)出来事!

昨日は水曜トナカイ恒例のお茶会でした。
今回は春分当日の「春分お茶会」! 


数日前まで参加者さんが数名だったので「今回は少人数でまったりお喋りしましょう」と話していたのですが、前日になって続々とお申込みが相次いで(牡羊座の臨場感そのも!) なんと、合計15名様。私たちを入れて17名で、にぎやかなお茶の時間になりました。

私からはホロスコープの春分図のポイントと、それぞれの人生にこの1年をどう位置づけ、どう生かすかをお伝えしました。
そして桜田先生のタロット一枚引き。全員(もちろん私も!)一枚ずつ引いて、すべてのカードを解釈しつつ、これからの1年を考えました。

全員のアセンダントと太陽と月をボードに書いて、さらに一枚引きのカードも書いたりして。参加者さんどうしで「アセンと月が逆ですね~、うふふ」みたいな。星とカードのクラスターが集まると始まる会話(笑)

参加してくださったみなさん、季節外れの大雪のなか、集まってくださってありがとうございました!(差し入れもたくさんありがとうございます)水トナ講座第二期のメンバーで浜松から新幹線で駆けつけてくれた安藤マグさん、準備を手伝ってくれた綾野こころさん、飛び入りで片付けを手伝ってくれた柳月子さん、お疲れ様でした!

(終了後の反省会で、毎回みなさまに差し入れをいただくのも申し訳ないので「次回はサンドイッチのケータリングにしようか?」という話に。ほんとはトナカイのメンバーでもあり、ケータリングのカレー屋さんでもあるまるごとmaruさんのカレーといきたいところですが、残念ながらトナカイでは無理かな。でも、とにかく。水曜トナカイある限りお茶会は続きます!)

*****

☆★☆水曜トナカイ12か月講座、満席です! 残席1になりました!

お茶会でもたくさんご質問などいただきまして、現在、残席1になっております。ご検討中の方は今夜のうちに、さくっと決断してお申込みください。迷っている方にはこのフレーズをお送りします。私の座右の銘ですが、「重い決断ほど軽く素早く」ヽ(^。^)ノ

11024651_914990655218406_48600662_2

(いつものことですが、お茶会の写真を撮り忘れました。東京の水辺に春が来ています)

|

土星山羊座時代とともに~2018年の計画など~

だいぶ出遅れましたが、2018年が始まりましたね。
暮れに山羊座入りした土星の影響が世界的にも散見されますし、個人レベルでもいろいろ影響が出ているようです。山羊座は活動宮なので早いですね、そして地のサインなので現実的な行動がものをいいます。

個人レベルでは「動きたいのになかなか動けない」こともあるかもしれません。
その場合は山羊座の前の射手座土星の段階で「何のために」「誰のために」という理念をしっかり固めることが足りなかったのかもしれないので、ここ2年をふりかえってみてくださいね。
さて。それでは、2018年の夢、あるいは計画などを少し。


【基本は鑑定!】
私は現場の占い師なので、何よりも鑑定です。世界にたったひとりのあなたが、誰とも違う素敵な人生を創っていかれるお手伝いができればといつも願っています(法人鑑定、ビジネス鑑定などは別途、事業計画の検討などとともに別料金でお受けしておりますが、トナカイへいらしていただければその限りではありません)


【水曜トナカイ12か月プロ育成講座・第三期】
第一期と第二期の生徒さんたちのあまりの違いに、桜田ケイ先生と相当悩み考えましたが、ご希望の多い講座でもあり、またプロレベルの占い師を育成することは現在の占い業界にとって非常に強く求められることでもあり、カリキュラム変更などますます内容強化して4月開始の予定です。


【個人レッスンまたは10時間鑑定】

昨年晩秋の頃から、学びの場として最適なパワースポットといわれる新宿御苑前あたりで個人レッスンを開始しました。初心者からプロまで、その方に合わせて行う10時間レッスンです。
こちらは今年の春までの限定で、すでにご予約締切となっていますが、今年も引き続き細く長く行っていく予定です。ご希望によっては、自分セラピーのための10時間鑑定としてお使いいただくこともできます。節分頃にはお知らせしますね。


【日曜講座またはグループレッスン】

中級程度の方たち向けの確実な実力アップのために、テーマを決めて少人数で行います。隔月ぐらいで、4回連続とか。山羊土星時代にふさわしく実用的な内容てんこもりになる予定。こちらも春頃開始予定です。


【本気の恋愛および婚活講座!】

ビューティー占星術Part3にあたる講座です。実は2017年の積み残しというか、課題です。おもにアラフォー、アラフィフの方たち向け。3回連続で、男性講師の候補もお願い済みだったのですが、私の私的環境がととのわず、延期になっていました。こちらはまだ開講未定です…


【年齢期に合わせた鑑定の組み立て方講座】

現場鑑定のプロ、または現在志望の方向けの講座を山羊土星の今年から始めたいと思います。
生徒さんたちからよくご質問いただくのですが、「鑑定が当たらない」場合、ポイントはいろいろありますが、「お客様ご自身を見ないで、ホロスコープだけを見て、セオリー通りに読んでいる場合」が多いようです。たとえばお客様の年齢域に合わせて読むだけで、読みの精度はぐんと高まります。
私自身、研修のつもりで毎月いろいろな方の鑑定を受けることにしているのですが、土星回帰2回目をむかえ、年齢に合わせて読みを変えないといけないことを実感するようになりました。
こちらもまだ開講未定ですが、もしかしたら「占い師やセラピストの開業準備講座」にするかもしれません。25歳で南青山に事務所を持って以来、個人事業主として33年やってきて(内10年が占い師兼業です) これから活躍して行かれる方たちにお伝えできることは、早めにお伝えしていこうと考えています。
 



最後に。ちょっとお詫びです。昨年は公私の事情により、ブログの更新がだいぶ少なくなってしまいましたが、今年は以前のように毎日更新…は無理としても、もう少し頻回に更新できるようにしていきたいと思います。Twitter→* で星のエッセンスをつぶやくことも続けますが、やはり私の基本はブログだと思っているので。
今年もどうぞ気長にお付き合いくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
遅ればせながら、みなさま、佳き一年を。
*****


☆★☆明日は鑑定@トナカイです!

通常鑑定はどのお時間もご予約いただけます。
明日限定で「2018年の年運占い」30分5000円もお受けいたします。

→ご予約はメールで。mukaimaki★gmail.com(★を@マークにかえて送信してください)
または、明日午前11時以降、お店か私の携帯に直接お電話ください!

Fb_img_1515500631592
(穏やかなよいお正月でしたね。かもめが気持ちよさそうに飛んでいました)

|

向真希のホロっとスコープ開設から10年たちました

2007年11月19日、このブログをつくりました。

勉強を始めたときから、いずれはプロになろうと決めていたので、ブログ開設も「必ず稼げる」ようになることを目的にしたのを覚えています。イレクショナル(最適な時期、お日柄選び)はまつい先生にお願いしました(当時はトナカイの「ト」の字もなく、まつい先生は代々木のお店で週に一度鑑定をしておられました)

私のホロスコープはどちらかといえば「自分で頑張る」系です。
一方、ブログ開設のホロスコープ=占い師・向真希のホロスコープはアセンダント天秤座で金星合、水のグラトラもあったりして、どちらかといえば「引き寄せ」系です。
共通するのはMC火星合、金星火星スクエア。そして土星が効いているあたりでしょうか。

細かいところでは、ブログのアセンに私のドラゴンヘッドが合だったり、ICに水星が合とか。あと、太陽に私の木星が合だったり。「仕事として稼ぐ」にはわりとよい組み合わせになっています。
こんなふうに、出生のホロスコープ以外の「自分のホロスコープ」を持つと、いろいろ見えてくるものがあります。

あなたがもし、新しい可能性を発見して新しい世界へ飛び込みたいとき。
それをいつにするか。イレクショナル占星術で、見きわめるのもよいと思います。

結婚してパートナーとともに生き始める自分。
仕事を始めるときの社会人として自分。
別の土地や国に住み始めたときの自分。

……イレクショナルして時期を選ぶために必要なのは、どんな自分になりたいか、どんなふうに発展させていきたいか、目的を確認すること。
そして出生のホロスコープにはない可能性を見いだすことで、ご自身の人生を思いがけない方向に伸ばしていくこともできると思います。


なお、イレクショナル占星術には、まずネイタルチャートをきっちり読めていることはもちろん、その方がどの天体をどう使いこなしているかを見きわめることが大切です。

(たとえば私はもともと金星火星のスクエアを仕事で使い慣れているため、わざとそこを選びました。私の月にブログの土星がスクエアなので教科書通りなら「仕事が私生活を圧迫する」わけですが、もともと月に冥王星スクエアなのでこれも慣れている…というか、むしろ冥王星が心に開けた穴をふさいてくれています。しかし、いずれも通常ならあまりおすすめできないかな…) 

何か大切なイベントをひかえている方は、できるだけ早めにご相談ください。
星は平等に時間を重ねていきます。
できるだけ早めに時期を選んで、準備をしていくと、場合によっては多少前倒しに、あるいは遅れぎみになる事情ができても、臨機応変に対応していけるでしょう。


Makiblg


(このブログのホロスコープはこんな感じです)

|

遠い日を思う夏の午後

子どもの頃、家は大きくて闇が濃く(ときどき天井の薄暗がりがミシッ、ミシッと鳴った)
時間はとてつもなく長く(イジメられっ子だったので月曜日は地球最後の日のようだった)
学校から帰る山道は自分でつくった寸劇を上演しながら歩き、一人ミュージカルで歌ったり踊ったりしながら歩き、いいかげん飽きてうつむいて黙って歩き(それでも家に着かないくらい遠かった)
夏は蛇が出るのに脅えて、冬は寒いのがイヤで(一年中うんざりしていた)

--現在の大河ドラマの舞台となっているあたりからさらに歩いて1時間ほど分け入った山奥で、私はこんなふうに育ちました。

今となっては子ども時代は、学校でイジメられていたことすら懐かしく(この時代に水星を鍛え、スクエアの使い方を覚えました。だから今がうまくいっていないひと、未来は大丈夫だよ!)土星期に入るとむしろ鮮やかに思い出されるようになりました。

土星期は、過去をふりかえれるほど年齢を重ねているということなのでしょう。

この間トナカイで「役にも立たぬ年寄りがうろうろ、モタモタしていてすみません」と口走って、まつい店長から「そういうのやめい!」と一喝されましたが、いえ、「うろうろ、モタモタ」は最初から変わっていないのでトシをとったせいではありませぬ(笑)

みなさま、ふだん通りの日常を淡々と、少しだけ丁寧に重ねてください。
それはいつか「素敵な夏」として思い起こせるようになると思います。


Fb_img_1500109190576

(築150年ほどになる実家にいると、ご先祖様の気配を感じます。子どもの頃は怖かったのですが、自分もあちらへ還る日がだいぶ近づいてきた今は、懐かしく温かく気配を感じます。前にも書いていると思いますが、仏間でタロットを展開すると当たりすぎてちょっと笑えます。)

|

何を求めて行きますか?占い鑑定。

「占い鑑定に何を求めるか?」は、もちろん人それぞれ違うわけですが。

話を聞いてもらって共感してもらってなんだか癒やされた~…って、それなら、鑑定ではなくてもいいわけです。

感じのいいママがいるカフェとか飲み屋とかで話せばいいし、職場の先輩や同僚、学生時代の親友に切々と語ればきっと励ましてもらえるし(鑑定料を払う必要もありません)

では、なぜ、わざわざ占いの場へ足を運んで、鑑定料を払って……
占い鑑定に何を求めるのでしょう? 鑑定で何が得られるのでしょう? 

それは、あなたの親しい人たちが言いにくい現実やあなたが無意識に避けている課題を、明確に言語化して意識化できる。これだと思うのです。

意識化するのは、苦しいこともありますし、衝撃を受けることもあるでしょう。
けれども、そこを超えたいからこそ、無意識の自分がみずから選んで鑑定を受けに来られるのだと思います。

Fb_img_1497493689169

(私の実家は「井伊直虎」に出てくる、隠し里のある川名という山奥で、この季節になると、枇杷の木に上って色づいた実を次々にもいで食べていました。上京してから、東京では枇杷を「売っている!」と驚いたのを覚えています。)

|

夏至の嵐…

今日はトナカイでの鑑定日。昨日まで空きがあったのですが、今朝までに次々ご予約いただき、終日満席となりました。

ほぼ全員の方が「なにげないテーマでさりげなく」おこしになったのですが、どっこい鑑定を始めてみたら「根底から人生を考え直す時期」であったことが判明……。

外は嵐のような雨と風、小さな木造住宅であるトナカイにこもって、お一人おひとりのテーマをご一緒にみっちり掘り下げる一日となりました。

おりしも、今日は夏至です。春分で蒔いた種が、さらに成長していく夏の始まり。
雨風吹きすさぶ南阿佐ヶ谷へおこしくださったみなさま、世界にたった一人の大切なホロスコープを読み解かせていただき、ありがとうございました。
お一人おひとりが素敵な生き方を創っていかれますように。心から願っています!

Dsc_3086_2

(国分寺散歩で見つけた農家のお庭になる古いお蔵。最近、古い建造物に凝っています。山羊土星時代の先取り?ww)

|

大地とつながってキレイになる!~グランディング美容法~

このところ、星まわりのせいもあっていろいろ思い惑うことが多くなってまいりました。

少し前の水曜日も朝から考えることがあって、一人で考え続けたかったので電車に乗るのをやめることに。
雨なのに薄曇りのなかを(梅雨空のあやうい空気感も好き) 少し早めに家を出て、歩いて南阿佐谷のウラナイトナカイへ向かいました。
私の家から南阿佐谷までは神田川と善福寺川を渡るので、下って上ってまた下って上ってと地味ながら起伏に富んだ道です。

googleマップでは55分ぐらいで到着予定。
だいたい私は歩くのが速いので45分で行けるなと思っていましたが……
「あ!こんなところにこんな家が!」「塀の上にネコが!」といちいち反応しながら歩くので残り時間はどんどん少なくなり(早めに家を出てよかった)
結局1時間以上かかりました。
最後は小走り。ぜいぜい……楽しかったー!と汗をふいて、何食わぬ顔で開店準備にとりかかり、11時にはいつものようにお客様をおむかえしました。

占いはもちろん、スピリチュアルな分野に関心のある方たちは、それぞれに地球とつながるグランディングの方法をお持ちだと思います。

私の場合、料理と散歩がグランディングです。
瞑想あるいは集中といいかえてもいいかもしれません。

かつてインドでアーユルヴェーダの師匠に「眼を閉じていると、次から次へと面白いことを思いつくので瞑想ができません(夜も空想の世界で遊んで眠れなくなる)」と訴えたら「瞑想ができなければ、集中といいかえたらどうだろう?」と提案されました。

集中――それなら散歩しながらいつもやっている! ここでひとつ、頭のわっかが外れました(孫悟空か)
私の散歩は速歩に近いので、ものすごい集中力でぐいぐい歩いて行くのです。
頭のなかは別世界へ飛んでいるため、友人やご近所さんに会っても知らん顔になるのが申し訳ないところ(目が悪くてごめんなさいと言い訳することにしている) 
それなのに、ネコとか面白そうな家とか変なカフェなんかには機敏に反応します。

この歩き方は、20代の頃アジア旅行中に覚えました。
たらたらゆっくり歩いていると、たいていどこの国でも物売りやナンパがものすごい。
「私はね、用事があって急いでるから話しかけないで」というオーラを出しながら足早に歩くと、雑多な声かけを無視できて、無用なトラブルも回避できます。
そのかわり、ネコとか家とかカフェ(こればっか)には常に神経をはりめぐらせながら歩くわけですね。

ちなみに。トナカイにも散歩部があります。
部長はまついなつき店長、部員は水曜当番の向真希。はい、合計2名です。
いや、つまり、MTGと称して会うとき、素敵なお店でゆったり語り合うより相当なスピードでその辺の路地を歩き回りながら話し合うことになるだけですが(笑)



さて。みなさんもきっと、それぞれ大地とつながる方法をお持ちだと思います。

占星術やタロット、あるいはその他の占術も、占いは限りなく上へ上へと意識を上げて集合無意識にアクセスしていく作業なので、だからこそ沈み込むように大地と直接つながることが大事なんです。

「占いやスピ系とは関係ないもん」という方も、仕事や恋愛、結婚や離婚、人間関係やお金のことなど誰しも悩みはありますよね。

特に理由がなくても気持ちが落ち着かなくてざわつくときや、なぜか不安だったり哀しかったりするときは、母なる大地とつながると、なんとなく落ち着けると思います。
この身体で、この地球の上にしっかり立っている実感は、あなたのエネルギーをぎゅっと集めて高めて、活性化させてくれるでしょう。

あ、そうだ。散歩料理もちょっとね…という方は、スキンケアメイクがいいですよ~。
お肌ケアもまた、魂の乗り物である身体を実感し、大切にケアしながら、五感を確かめる作業。
ながらケアや上の空で行うのではなく、集中して、瞑想するようなつもりで両手でお顔をつつみこみながらケア……丁寧に愛おしいお顔を慈しみながらメイク……。
忙しく過酷な現代の日々を黙って耐えてくれているお肌が喜んでくれそうですよね。
グランディング美容法(©向真希)とでも言っておきましょうか。
楽しく五感を活性化させて、ついでにキレイになっちゃいましょう(^^)v

Dsc_2989_3

|

「いつだってそれぞれにcrazy」

 

年に1回か2回アメリカと日本から集まる仲間がいます。
年齢も立場もさまざまで、偶然が重なりすぎてもはや「ミラクル」としか言えないような縁でつながった人たち。
15年か20年ぐらい前の私のブログを読んでくださっていた方はなんとなく「ああ、あのときの…」と気づかれるかもしれません(このブログの読者にそんな方がいらっしゃるなら、ですが)
今週、そんな仲間と夜の食事をしました。
年齢を重ねると、魂は(精神、といってもいいのですが)どんどん自由になります。
ちょうど木星期から土星期のあたりですね。

しかし、物理的には、それぞれ、いろいろな現実の事情をかかえるようになります。
病気とか、介護とか、相続とか。自分たちの死後を想定して断捨離をすすめているとか。
それもこれも、生身の身体をかかえているのだから、仕方のないこと。
けれども若くて元気で無謀で美しかった頃(金星期、太陽期、火星期まで)とくらべると、魂がほどけて自由になってきているからこそ、現実の不自由を笑いながら淡々と受けとめて、対応していけるのでしょう。
ある仲間が、家族のことでちょっとしたセンセーショナルな出来事を知らせてくれました。
仕事の都合で食事には間に合わなかったので、LINEで状況を報告してくれたなかに、こんな文章がありました。
 
--~~を認めたこと自体、crazyと言われるようなことなのはよくわかっていたけれど。
--でも同じようなことがあったら、また認めてしまうでしょう。
--やらない後悔よりやった後悔で60年近く生きてきたので。
ああ、もう本当にそうだよ!と山の手線のなかでXperiaを握りしめて、涙が出そうになって、必死にこらえました。
--私たちがやってきたこと、やっていること、これからやらかすことも、いつだって、きっとそれぞれにcrazyなのよ。だから、全部OK!!!
 
これが私からの返信です。
起こってしまった出来事すべて、そのままでOKです。
あとから意味づけしたり、解釈したり、物語をつくりあげなくてもよいのです。
 
誰かから(世間から)crazyと言われてしまうほどのことをどれだけやらかしてきたか。
私はホロスコープがハードアスペクト型なので、このあたりが人生の真骨頂であろうと感じています(これからも、きっとやらかすと思います)

「あちゃー…どうしよう」「やっちまった…」「まずい…」……
こんなふうに思ったときは、お守り代わりに唱えてみてください。

--人は誰だって、いつだってそれぞれにcrazy--


Dsc_0767
(かつてサイゴン動物園と呼ばれていたホーチミンの動物園は、ゾウさんエリアの向こう側が川で、その向こうに高層マンションが建っていました。あそこに住んだら毎日がゾウさんビュー^^)

|

短期的な健康運をなにげなく見る方法(後編)

タイトルのとおり、今日は後編です。
ていうか、昨日のは前編というより単に「前置き」でしたが。

☆ホロスコープで健康運を見る場合<基本読み>

・不調のトリガーとなりやすいトランシットの火星をチェックします。ネイタルの火星も。

・肉体といえばアセンダントと月。もちろんアセンのルーラーも見ます。

・さらに、身体の健康=6ハウス、心の健康=12ハウス。当然カスプのルーラーも見ていきます。

l基本読み段階なら大体この3つぐらいかな。
ご自身のホロスコープをお持ちの方は、ちょっと見てみてくださいね(お持ちでない方も、astro.comなど「無料ホロスコープ作成」サイトで簡単につくれますので、つくってみてね)

ちなみに。今回、私が高熱を出したのは3月28日あたりからでした。

その前の春分点のとき、t火星は牡牛座にあったわけですが、この頃、私のアセンおよびn冥王星と、n海王星、n土星とアスペクトを形成して、このあたりから微熱と喉の違和感が始まっていました。発熱直前の27日、月が牡羊座に入って、新月直前に火星をルーラーに持つ牡羊座が活性化したわけですね。

t火星は牡牛座中盤まできて、神経をあらわすn水星(ノーアス)にトライン(トラインとはいえこの場合影響あります。増強されるみたいな意味合いで)
水星はまた、n月のサインのルーラーでもあります。

そして高熱のあと、気管支炎になったわけですが、牡牛座は喉をあらわします。
そしてこのとき、まさに火星回帰が迫っていたのでした……。
(火星回帰の使い方についてはまたいつか書きましょう。火星を使えると社会運と恋愛運がものすごく上がります!)

前編に書いたナイロビでの高熱のときは……今回調べて、うわ-!と驚きました。
t火星がアセン通過。ということは、n冥王星を上書きして私のn月に90度。これだけで十分だわ。あの苦しかった日々はこんな初級レベルのお話だったのね…。

もう少し細かく見ると、t海王星がn水星に合(私の水星はノーアスなのでタイトなアスペクトの影響を受けやすい) t土星がn太陽に合(人生のテーマをかためるという意味です。本を書こう本を書こうとうわごとのように思っていたのはこういうことだった) 他にもいくつかありますが、以下略。

えーと。過去にもちょっと書いていました。火星で健康運を見る練習*
これは2010年に声が出なくなったとき書いたエントリーです(声が出ない原因は不明でしたが、この時期はスピリチュアル系で声の出なくなった人が数人いたと、のちに、いけだ笑み先生から聞きました)

火星は「ちょっと小さな冥王星」みたいなところがあって、大きな出来事のトリガーになります。バージョンアップのチャンスを狙っているならべんりに使えます。

そのかわり、冥王星の破壊力みたいな部分が体調に出る場合が多い…ともいえます。
うーん、でも、まあ、考え方にもよりますが、体調に出るとわかりやすいというか、特に高熱のあとはわりとすっきりするといえばそうですし。

短期的な健康運を見たい場合は、火星チェック。これだけ覚えておいてくださいね。

 

Dsc_2707_3
(火星なので火をあつかう台所の写真(笑) 最近気に入っているミネラルウォーターのボトルとお酒の瓶を並べています。)

 

|

より以前の記事一覧